全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

一夜限りの花、水面に落ち、幻想的な雰囲気 観賞ツアーが最盛期 幸福の訪れ 西表島や石垣島 サガリバナが見ごろ 

淡いピンク色のサガリバナ

 【西表】夜に咲いて朝に散る一夜限りの花「サガリバナ」が、西表島や石垣島で見ごろを迎えている。花は、淡いピンクや白など色鮮やか。花火のように咲き、水辺に甘い香りを漂わせている。

 花言葉は「幸福が訪れる」。幸福を招き入れようと島内では期間限定の観賞ツアーも最盛期。14日明け方西表島後良(しいら)川では、上流に群生するサガリバナの観賞ツアーが行われた。

 約3㌔先のポイントを目指しカヌーを漕(こ)ぐ。夜空には天の川や流れ星など無数の星。水面に映るほど輝きを放っていた。

 上流に到着すると、独特の香りが立ち込め、陸側をライトで照らすと、かれんに咲き誇る花々。ツアー客らは、写真に収め、幻想的な光景を楽しんだ。

 東京から息子とツアーに参加した土蔵ゆうらさん(64)は「ものすごい星空とサガリバナの組み合わせがすごかった。ライトで照らした方がサガリバナの色鮮やかさが際立った」とうれしそう。

 ツアーガイドの前大敏夫さん(56)によると、西表島での見ごろは6月下旬から7月下旬の1カ月間。満月と新月に合わせて多く開花するという。

 サガリバナは東南アジア一帯の熱帯・亜熱帯に分布し、日本では南西諸島のマングローブや川沿いの湿地帯に自生する。樹高は約15㍍で、垂れ下がるように花を咲かせる。

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク