全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

地元文化を後世へ受け継ぐために

東三河の文化を語る会が意見交換

 東三河の文化を語る会(豊田俊充会長)は14日、豊橋市民文化会館で「第22回講演会 シンポジウム 東三河の文化・伝統を受け継ぐために」(東愛知新聞社など後援)を開催。同市立豊城中学校の人形浄瑠璃部などによる事例報告やシンポジウムなどを通し、地元文化を後世に残すために何が必要かを皆で考えた。  同会は東三河の文化や歴史を深く学び交流を深める会。毎回テーマを設け、各分野専門の講師に話を聞いたり、学生らと意見交換などしている。今回は伝統文化の継承や調査に取り組む若い世代の活動に着目するとともに、次世代に伝える方法を探ろうと企画した。  冒頭、豊田会長が「最後までご覧いただき、23回に向け、皆さんからご意見やご指導をいただけたら」などとあいさつ。  第1部では事例発表として、豊城中学校人形浄瑠璃部が芝居「傾城阿波鳴門・巡礼歌の段」を上演したほか、東三河民話保存会・豊橋民話の会の小柳津糺さん、同保存会・ばったり堂の内浦有美代表が「豊橋の民話を語り継いで」のテーマでトークを行った後、薩摩琵琶奏者の村田青水さんが地元の民話「山の背比べ」を披露したほか、時習館高校SGH歴史部が「三河の花火を調べて」と題し、調査報告を行った。  第2部では、内浦代表をコーディネーターに、事例発表を行った人たちをパネラーとしてシンポジウムを開催。「東三河の文化・伝統を受け継ぐために必要なコトは? 次世代を担う若者へバトンを託す」と題し意見を交換した。この日は関心のある市民、関係者・出演者ら計約90人が参加。地元文化について真剣に考えていた。

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク