全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

中国へしょうゆ類本格輸出

 「マルノー山形」ブランドでみそ・しょうゆなどの製造・販売を手掛けるJA庄内みどりの子会社「みどりサービス」食品部(旧山形農工連、酒田市砂越)が、しょうゆ類を中国に本格輸出することになり13日、初出荷式が同社で行われた。東北地方の食品の中国輸出を手掛ける「東源物産」(本社・宮城県塩釜市、富士畑在東社長)と連携した輸出で、庄内地方では3件目となる。

 今回輸出したのは「本醸造うす塩しょうゆ」「本醸造無添加しょうゆ」「さしみ醤油(しょうゆ)」「本醸造めんつゆ」の4種。いずれもオリジナルの150ミリリットル入りで、計5200本。このうち「うす塩」は東源物産と共同開発し、甘味料不使用などのオリジナル商品、他の3種の中身は従来品。

 酒田港から輸出し、東源物産の現地法人である「東銀来食品有限公司」(本社・上海市)を通じ、中国全土にデパート約70店舗を展開する大手小売チェーン「Ole(オーレ)」を主な取引先に、上海の久光、高島屋両百貨店を含め小売り展開していく。

 この日の初出荷式では、みどりサービスの佐藤淳社長、同社会長の阿部茂昭・JA庄内みどり組合長、酒田市の丸山至市長、東源物産の二上達也副社長の4人が商品を段ボール箱に詰めるセレモニーを行った後、商品を積んだトラックを送り出した。

 同社はこれまで海外には、10年ほど前から台湾や香港、米国に焼き肉のたれや柿酢ドリンクなどを輸出し、しょうゆ類の本格輸出は初。今後は8月半ばごろまでに「卵かけしょうゆ」「焼き肉のたれ」「すき焼きのたれ」の3種も輸出予定。

 佐藤社長は「酒田港を使った船便は太平洋側より近く有利。中国市場で販路を広げたい」と抱負。東源物産の佐藤丈晴マーケティングマネジャーは「これまで東銀来ブランドが築いてきた安心・安全や高品質への信頼で、先行の大手とは差別化を図れる。様子を見て、年内にはもう1回輸出したい」とする。

 東源物産は2015年に中国遼寧省出身の富士畑社長が設立した。庄内関係の輸出は、酒田米菓(酒田市)のせんべい(昨年4月と10月)、米シスト庄内(庄内町)のかりんとう(同10月)に続き3件目となる。

 旧山形農工連は1939年創業の飽海郡産業組合協議会醤油工場を前身に48年、飽海農工連として設立。2016年4月にJA庄内みどりの自動車・燃料・葬祭事業を手掛けてきたみどりサービスに事業を全部譲渡し、同社食品部として再スタートしている。

梱包(こんぽう)セレモニーを行う(左から)二上副社長、佐藤社長、丸山市長、阿部組合長(上写真) 今回輸出したマルノー山形のしょうゆ類4種

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク