全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

奄美、きょうからシマ博夏 自然文化体験125プログラム

到着ロビーでシマ博をPRする関係者ら=13日、奄美市笠利町の奄美空港

 鹿児島県奄美群島で開催される体験交流イベント「あまみシマ博覧会2018夏」が14日、始まる。奄美の希少な動植物を観察したり唄や踊りを体験するなど、125の多彩なプログラムを用意。一部は英語に対応する。13日は群島各地の空港でオープニングセレモニーがあり、来島者へイベントをアピールした。9月2日まで。

シマ博は夏と冬合わせて17回目で、各島別のプログラム数は奄美大島76、喜界島17、徳之島13、沖永良部島9、与論島10。今年も海や森を舞台にした自然体験やその土地ならではの伝統文化に触れる郷土体験など、魅力的な内容がそろった。

 全プログラムを紹介するパンフレットは今回から英語の表紙を追加して、編集方法も工夫。右開きに読むと、通訳案内が可能な8プログラムの英語版の説明が掲載されており、来日外国人にも分かりやすい1冊になった。

 奄美市笠利町の奄美空港では、主催するぐーんと奄美(一般社団法人奄美群島観光物産協会)の関係者らが到着客を歓迎。奄美市の公式キャラクター「コクトくん」も駆け付け、来島者へパンフレットを手渡して参加を呼び掛けた。

 同協会の担当者は「参加人数も毎年増えており、奄美群島の観光プランとして定着しているのを感じる。夏休みシーズンに地元の人にもぜひ参加してもらい、島の良さを感じてほしい」と話した。

 プログラムの詳細は公式ウエブサイトでも閲覧できる。参加するには電話またはEメールでの予約が必要(一部プログラムは実施者に直接予約)。申し込みは電話0997(54)2621あまみシマ博覧会予約センター。 公式ウエブサイト(http://shimahaku.goontoamami.jp/)

関連記事

田原で夏の風物詩「龍宮祭り」

 田原市白谷地区に伝わる盆の伝統行事「龍宮祭り」が15日、白谷海水浴場で行われ、時折、小雨が降る中、漁業関係者や地元住民らが豊漁と海の安全を祈願した。  祭りは漁業が盛んな同地区で江戸時代から続...

北羽新報社

「大人の自覚」を胸に

 能代市と八峰町で14日、成人式が行われた。スーツやドレス、羽織はかまなどで着飾った新成人たちが続々と会場に足を運び、久しぶりに再会する友人たちと共に大人になった自覚を新たにしていた。2市町合わせた...

荘内日報社

世界かんがい施設遺産 庄内町 北楯大堰を登録

 農林水産省は14日、庄内町の北楯大堰が本県の施設では初めて「世界かんがい施設遺産」に登録されたと発表した。世界かんがい施設遺産は、建設から100年以上経過し、かんがい農業の発展に貢献したものや、卓越し...

紀伊民報社

熊楠ゆかりの植物栽培

 和歌山県白浜町の南方熊楠記念館は、熊楠ゆかりの植物「イセハナビ」(キツネノマゴ科)と「ハカマカズラ」(マメ科)の栽培に取り組んでいる。学術スタッフの土永知子さん(58)は「植物を身近に感じて、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク