全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ダムの魅力を知って 北海道150年記念「厚幌ダムカード」配布-厚真

北海道150年を記念して期間限定で配布している厚幌ダムカード

 厚真町新町にある道の室蘭建設管理部厚幌ダム建設事務所で13日から、北海道命名150年を記念した「厚幌ダムカード」の配布が始まった。12月25日までの期間限定で手渡している。

 北海道150年記念ダムカードは、北海道の発展を支えてきたダムの魅力を知ってもらおうと道が発行。道が管理するダム18カ所のカードを作り、同日から一斉に配布している。胆振日高分は厚幌ダムと高見ダム(新ひだか町)、浦河ダム(浦河町)、様似ダム(様似町)の4カ所がある。

 ダムカードは国土交通省が2007年に作ったのが始まりで、ダムマニアの間で人気が出ている。管理するダムを持つ一部の都道府県や発電事業者も作成し、今年4月27日現在で全国の668カ所のダムで配布している。厚幌ダムでもこれまでに約6500枚が配られた。

 今回のカードは表面にドローン(小型無人機)で撮影した雪景色の厚幌ダムの全景を載せた。裏面は型式や総貯水量、工期などの基本情報、「こだわりの技術」などを記した。大きさは縦6・2センチ、横8・7センチで、名刺大のサイズだ。

 配布は平日が午前8時45分~午後5時30分。土日祝日は、まちなか交流館しゃべーる(京町)で午前10時~午後6時。

 厚幌ダムは現在、水をためるなどして安全を確認する試験湛水中。見学はできない。秋ごろに完成式を行う予定だ。

 ダムカードの問い合わせは同事務所 電話0145(27)3581。

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク