全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

明治150年記念特別展「毛利敬親」展始まる

内覧会で展示品に見入る来館者(県立美術館で)

 毛利敬親の生涯と事績を長州藩ゆかりの貴重な歴史資料と美術工芸品でたどる、明治150年記念特別展「激動の幕末長州藩主 毛利敬親」が13日、山口市の県立美術館で始まった。敬親が着用したとされる豪華な陣羽織や甲冑(かっちゅう)をはじめ、明治新政府の国家方針を示した「五か条の御誓文」まで、国や県の指定文化財を含む約200点が展示されている。8月26日まで。毛利敬親(1819~71年)は1837年、わずか19歳にして第13代藩主に就任。53年のペリー来航を境に日本が激動の時代へと突入していくなか、有能な人材を発掘、育成して藩政改革を推し進め、明治維新に大きく貢献した。

 同展には、防府市(三田尻)に停泊中の英国艦上で撮影された写真を基に、イタリア人画家に描かせた敬親の肖像画や、朝廷から拝領した名刀、正室の都美姫のために作られた具足なども展示。薩長同盟の証しとなった坂本竜馬自筆の朱筆裏書がある「木戸孝允書簡 坂本竜馬宛」、周防・長門両国を写した伊能忠敬の「御両国測量絵図」なども圧巻だ。12日のオープニングセレモニーでは、村岡嗣政知事が「当時の日本が直面した激動の時代をぜひ体感していただきたい」とあいさつ。関係者を対象に内覧会が開かれた。

関連記事

家がない! 工事関係者増で賃貸不足 奄美市、異動シーズン危惧の声

 異動シーズンを前に、鹿児島県奄美市名瀬市街地の賃貸物件に空室がない事態が起きている。背景には奄美市新庁舎や、3月に完了予定の陸上自衛隊の駐屯地建設など、地域外労働者の宿舎不足が影響しているとみ...

自慢のそり 幕別・忠類快走

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

将来のまちづくり提案 児童生徒が意見交わす 石垣市民憲章推進協議会

 石垣市内の子どもたちが住みよい街づくりを考えるワークショップ(石垣市民憲章推進協議会主催)が16日午後、石垣市健康福祉センター視聴覚室で開かれ、平真小学校の児童と石垣第二中学校の生徒計33人が「...

長野日報社

「居酒屋公民館」を体感 伊那市横山で交流ツアー

 伊那市横山で16日、横山公民館での寄り合い「居酒屋公民館」を体感してもらう交流ツアーがあった。市内外からの参加者と横山区民、市職員ら約40人が、住民たちが用意した心づくしの料理を囲んで歓談。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク