全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

明治150年記念特別展「毛利敬親」展始まる

内覧会で展示品に見入る来館者(県立美術館で)

 毛利敬親の生涯と事績を長州藩ゆかりの貴重な歴史資料と美術工芸品でたどる、明治150年記念特別展「激動の幕末長州藩主 毛利敬親」が13日、山口市の県立美術館で始まった。敬親が着用したとされる豪華な陣羽織や甲冑(かっちゅう)をはじめ、明治新政府の国家方針を示した「五か条の御誓文」まで、国や県の指定文化財を含む約200点が展示されている。8月26日まで。毛利敬親(1819~71年)は1837年、わずか19歳にして第13代藩主に就任。53年のペリー来航を境に日本が激動の時代へと突入していくなか、有能な人材を発掘、育成して藩政改革を推し進め、明治維新に大きく貢献した。

 同展には、防府市(三田尻)に停泊中の英国艦上で撮影された写真を基に、イタリア人画家に描かせた敬親の肖像画や、朝廷から拝領した名刀、正室の都美姫のために作られた具足なども展示。薩長同盟の証しとなった坂本竜馬自筆の朱筆裏書がある「木戸孝允書簡 坂本竜馬宛」、周防・長門両国を写した伊能忠敬の「御両国測量絵図」なども圧巻だ。12日のオープニングセレモニーでは、村岡嗣政知事が「当時の日本が直面した激動の時代をぜひ体感していただきたい」とあいさつ。関係者を対象に内覧会が開かれた。

関連記事

紀伊民報社

まるでヘルメット 梅畑にオニフスベ

 和歌山県田辺市上芳養、自営業榎本正也さん方の梅畑で、真っ白な球体のキノコ「オニフスベ」(ホコリタケ科)が三つ生えているのが見つかった。  榎本さんが6月29日、梅取り作業中に、梅の木の根元や畑...

荘内日報社

育てた小麦 初収穫 庄農ラーメン開発に活用 庄農高秋のデビュー目指す 加茂水..

 穀物の自給率について学んでいる鶴岡市の庄内農業高校の生徒が育てた小麦の初収穫が1日、同市羽黒町玉川にある学校農場で行われた。収穫した小麦は粉末にして同市の加茂水産高校の生徒と共同開発している「庄農...

とまチョップ水がモンドセレクション金賞 2回目の栄誉に喜び

苫小牧市が販売するペットボトル飲料水「とまチョップ水」が、国際的評価機関モンドセレクションで2022年度の金賞を受賞した。2019年度に続いて2回目。市は「苫小牧の水が国際的に評価を受けた」と喜ん...

牛受精卵 世界初ドローン配送 上士幌で実験スタート

 上士幌町とJA上士幌町(小椋茂敏組合長)、ドローン配送会社のNEXT DELIVERY(ネクストデリバリー、山梨県小管村、田路圭輔代表)が1日、牛の受精卵をドローンで配送する実証実験を始めた。年...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク