全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

田口高校で集団暴行事件被害者遺族の一井さん講演

 県立田口高校(設楽町、大竹慶明校長)で12日、「命の大切さを学ぶ教室」が開かれ、少年犯罪被害者当事者の会の一井彩子さん(58)=大阪府堺市=が講演。23年前に中学生だった長男を集団暴行事件により失った一井さんは「加害者にならないようにするのはできる。命を大切にするにはどうしていくことかを心に留めて行動することが大事」と全校生徒120人に呼び掛けた。  講演会は犯罪被害者支援の一環として設楽署が企画。1995(平成7)年8月に当時15歳の長男勝さんを少年4人による集団暴行により失った一井さんを講師に招いた。  加害者のうち主犯格の少年が刑期を終えて出所してきた後、親と共に「線香をあげさせてほしい」と家に訪れたことを振り返り、「亡くなった息子のために向き合っていくことを決心した。話しをすることができてもの許すことはできなかった」と話した。  生きていれば今年で38歳になる勝さんの同級生が親になって一井さんにあいさつに来ることもあり、「たくさんの友人を残していたことが分かる。会話をしてお互い支えられて生きてこられたことを実感しています」と語った。  同当事者の会として全国で講演する一井さんは「被害者にならないようにするには無理ではないか。毎日のように事件事故が起きている。加害者がいなくなれば被害者はゼロになる」と力説。「人を思いやる。相手の立場になる。人の傷みが分かる。の3項目を思い出して行動することが大事」と生徒たちに訴えた。

関連記事

家がない! 工事関係者増で賃貸不足 奄美市、異動シーズン危惧の声

 異動シーズンを前に、鹿児島県奄美市名瀬市街地の賃貸物件に空室がない事態が起きている。背景には奄美市新庁舎や、3月に完了予定の陸上自衛隊の駐屯地建設など、地域外労働者の宿舎不足が影響しているとみ...

自慢のそり 幕別・忠類快走

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

将来のまちづくり提案 児童生徒が意見交わす 石垣市民憲章推進協議会

 石垣市内の子どもたちが住みよい街づくりを考えるワークショップ(石垣市民憲章推進協議会主催)が16日午後、石垣市健康福祉センター視聴覚室で開かれ、平真小学校の児童と石垣第二中学校の生徒計33人が「...

長野日報社

「居酒屋公民館」を体感 伊那市横山で交流ツアー

 伊那市横山で16日、横山公民館での寄り合い「居酒屋公民館」を体感してもらう交流ツアーがあった。市内外からの参加者と横山区民、市職員ら約40人が、住民たちが用意した心づくしの料理を囲んで歓談。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク