全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

地場産ハスカップをワインに 千歳ワイナリーで仕込み作業

青紫に輝く大粒のハスカップを仕込んだ

 北海道中央葡萄酒千歳ワイナリー=千歳市高台=で10日、千歳周辺で収穫したハスカップを使用した2018年度産のハスカップワインの最終仕込みが行われた。

 7月3日(600キロ)、6日(500キロ)に続いてこの日の朝、400キロのハスカップがJA道央から届いた。需要増から今年は前年比600キロ増の1500キロを仕込む。

 今季の日照不足と多雨の影響が心配されたが「今年は1・5センチ以上もある大粒。みずみずしくて搾りやすい」と同工場。

 甘い香りに包まれた作業場では、職員4人が青紫色の実をコンテナからボウルですくって麻袋に20キロずつ詰め、圧搾機に投入。6時間かけて搾り、酵母を加えてタンク内での2週間に及ぶ発酵を経て、さらに3カ月かけて原酒を造る。今年は約1300リットルの原酒を醸造する。

 原酒から「ハスカップスイート」「ハスカップ畑のおくりもの」「ハスカップスパークリング」など4種類のワインを年明けに販売予定。ラベルも刷新する。三澤計史社長は「今年は創業30周年。節目を迎え、ハスカップが千歳の特産品であることを弊社のワインから大勢の方々に知ってもらいたい」と話している。

関連記事

県独自の品種「夕焼け姫」

JAひまわりミカン初出荷  豊川市のJAひまわり管内で21日、温州ミカンの新品種「夕焼け姫」の出荷に備えた作業が始まった。上長山町の同JAみかん部会・清水貢さん(74)は10種類の柑橘類を育てており、...

荘内日報社

注連寺境内に「鉛筆碑」

 鶴岡市大網の注連寺(佐藤弘明住職)の境内にこのほど、「鉛筆碑」が建立された。注連寺の大天井画の鉛筆模画の縮小版を手掛けたマック美術研究所(東京都)代表の田中昭さん(73)が、鉛筆画のペンシルワーク...

奄美での「島活」に興味津々  東京・池袋でアイランダー18

 全国の島々が集い情報発信する〝島活〟イベント「アイランダー2018」(国土交通省 日本離島センター主催)が17、18の両日、東京・池袋のサンシャインシティー文化会館であった。2日間で延べ1万5...

紀伊民報社

白良浜も「冬支度」 防砂ネット取り付け

 白浜町は21日、白良浜に防砂ネットを取り付けた。冬に吹く北西からの風で砂が飛散しないようにするためで、白浜温泉街に冬の到来を告げる風物詩になっている。  町職員が午前9時から作業を始めた。約2...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク