全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

地場産ハスカップをワインに 千歳ワイナリーで仕込み作業

青紫に輝く大粒のハスカップを仕込んだ

 北海道中央葡萄酒千歳ワイナリー=千歳市高台=で10日、千歳周辺で収穫したハスカップを使用した2018年度産のハスカップワインの最終仕込みが行われた。

 7月3日(600キロ)、6日(500キロ)に続いてこの日の朝、400キロのハスカップがJA道央から届いた。需要増から今年は前年比600キロ増の1500キロを仕込む。

 今季の日照不足と多雨の影響が心配されたが「今年は1・5センチ以上もある大粒。みずみずしくて搾りやすい」と同工場。

 甘い香りに包まれた作業場では、職員4人が青紫色の実をコンテナからボウルですくって麻袋に20キロずつ詰め、圧搾機に投入。6時間かけて搾り、酵母を加えてタンク内での2週間に及ぶ発酵を経て、さらに3カ月かけて原酒を造る。今年は約1300リットルの原酒を醸造する。

 原酒から「ハスカップスイート」「ハスカップ畑のおくりもの」「ハスカップスパークリング」など4種類のワインを年明けに販売予定。ラベルも刷新する。三澤計史社長は「今年は創業30周年。節目を迎え、ハスカップが千歳の特産品であることを弊社のワインから大勢の方々に知ってもらいたい」と話している。

関連記事

宇部日報社

山口東京理科大の玄関、JR雀田駅を一新

 山口県山陽小野田市JR雀田駅の整備を進めている小野田青年会議所(上野順司理事長、14人)は14~16日、山口東京理科大の学生有志25人と共に駅舎を塗り替える作業の総仕上げに取り組み、同大の「玄関...

コンブ解禁 朝日に輝く 広尾・黄金道路海岸

 広尾町特産のコンブの漁が17日早朝、国道336号(黄金道路)沿いの海岸で始まった。朝日に輝くコンブを引き上げ、満載した船で浜はにぎわった。  解禁日は15日だったが、悪天候や高波で2日間出...

釧路新聞社

若者5人CDデビュー、イベント続々出演【釧路】

 人気ロックバンドDEENのボーカル池森秀一さんプロデュースの若者5人によるコンピレーションアルバムが発売され、念願のCDデビューを果たした。厳島神社例大祭を皮切りに、今後も港まつりをはじめとす...

やめよう!危険な路上寝 「の〜び〜ちゃ〜Tシャツ」作成 八重山署、適正飲..

 県内でも特に路上寝の多い現状を受け、八重山警察署(与那嶺一文署長)と八重山地区防犯協会(福島英洋会長)は共同で「の〜(NO)び〜ちゃ〜(酔っぱらい)Tシャツ」を約200枚作製、適正飲酒の呼び...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク