全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

ベトナム技能実習生決まる

 出羽商工会(本所・鶴岡市大山、上野隆一会長)が受け入れを進めているベトナム技能実習生が決まった。ハノイ周辺の町村に住む19歳から26歳までの女性13人で、来年1月から同商工会管内の企業4社に配属される。

 今月1日から4日までの3泊4日の日程で、出羽商工会の田澤宏之事務局長ら関係者合わせて7人がベトナムを訪問。技能実習生の候補者23人を面接し、協調性や勤務歴、労働意欲にあふれた13人を選んだ。

 技能実習生を受け入れるのは、コイル製造「ウエノ」のほか、電子・電気機器の組み立て会社で、1社につき3人から4人配属される。

 今後は、入国手続きや住まいの手配、技能実習計画の作成を進める予定。実習生は今年12月に来日し、就労スタートを前に1カ月間にわたって日本語研修を受ける。

 田澤事務局長は「採用することになったベトナム技能実習生の中には、涙を流して喜んでくれた女性もいた。それだけ日本に来て働きたい、という意欲の表れ。地元企業で活躍してほしい」と話していた。

 今後は、第1号となるベトナム技能実習生の実績をつくり、受け入れる職種を広げていきたい考えだ。

 また、ハノイで農機具の市場調査も実施し、赤川農機農キングの佐藤一夫社長が現地の農機具販売会社と交渉。中国と比べて日本の中古農機具は丈夫で安く、需要が見込めることを確認、今後具体的な輸出交渉を進めていくことにした。

ベトナムで出羽商工会関係者の面接を受ける技能実習生候補者

関連記事

家がない! 工事関係者増で賃貸不足 奄美市、異動シーズン危惧の声

 異動シーズンを前に、鹿児島県奄美市名瀬市街地の賃貸物件に空室がない事態が起きている。背景には奄美市新庁舎や、3月に完了予定の陸上自衛隊の駐屯地建設など、地域外労働者の宿舎不足が影響しているとみ...

自慢のそり 幕別・忠類快走

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

将来のまちづくり提案 児童生徒が意見交わす 石垣市民憲章推進協議会

 石垣市内の子どもたちが住みよい街づくりを考えるワークショップ(石垣市民憲章推進協議会主催)が16日午後、石垣市健康福祉センター視聴覚室で開かれ、平真小学校の児童と石垣第二中学校の生徒計33人が「...

長野日報社

「居酒屋公民館」を体感 伊那市横山で交流ツアー

 伊那市横山で16日、横山公民館での寄り合い「居酒屋公民館」を体感してもらう交流ツアーがあった。市内外からの参加者と横山区民、市職員ら約40人が、住民たちが用意した心づくしの料理を囲んで歓談。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク