全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

ベトナム技能実習生決まる

 出羽商工会(本所・鶴岡市大山、上野隆一会長)が受け入れを進めているベトナム技能実習生が決まった。ハノイ周辺の町村に住む19歳から26歳までの女性13人で、来年1月から同商工会管内の企業4社に配属される。

 今月1日から4日までの3泊4日の日程で、出羽商工会の田澤宏之事務局長ら関係者合わせて7人がベトナムを訪問。技能実習生の候補者23人を面接し、協調性や勤務歴、労働意欲にあふれた13人を選んだ。

 技能実習生を受け入れるのは、コイル製造「ウエノ」のほか、電子・電気機器の組み立て会社で、1社につき3人から4人配属される。

 今後は、入国手続きや住まいの手配、技能実習計画の作成を進める予定。実習生は今年12月に来日し、就労スタートを前に1カ月間にわたって日本語研修を受ける。

 田澤事務局長は「採用することになったベトナム技能実習生の中には、涙を流して喜んでくれた女性もいた。それだけ日本に来て働きたい、という意欲の表れ。地元企業で活躍してほしい」と話していた。

 今後は、第1号となるベトナム技能実習生の実績をつくり、受け入れる職種を広げていきたい考えだ。

 また、ハノイで農機具の市場調査も実施し、赤川農機農キングの佐藤一夫社長が現地の農機具販売会社と交渉。中国と比べて日本の中古農機具は丈夫で安く、需要が見込めることを確認、今後具体的な輸出交渉を進めていくことにした。

ベトナムで出羽商工会関係者の面接を受ける技能実習生候補者

関連記事

長野日報社

上諏訪温泉街の山の幸今年も 旅荘二葉にジコボウ

 諏訪市湖岸通り4の旅館「旅荘二葉」の玄関前の庭に、ジコボウ(ハナイグチ)が60本ほど顔を出している。毎年生えて話題になり、鑑賞用として周辺住民も楽しむ、上諏訪温泉街の山の幸。今年はタイミング...

ワールドサーフィンゲームス男子決勝

五十嵐カノアが2位  田原市赤羽根町のロングビーチで行われている世界最高峰のサーフィン大会「2018アーバンリサーチISAワールドサーフィンゲームス」(国際サーフィン連盟=ISA=主催)は19日、男...

荘内日報社

鶴岡の「海の食文化」学ぶ 「エコール辻 東京」学生が視察研修

 国内唯一のユネスコ食文化創造都市である鶴岡市と「ガストロノミー包括連携協定」を結ぶ辻調理師専門学校(大阪市)のグループ校「エコール辻 東京」(東京都国立市)の学生6人が、食をテーマにした視察研修の...

故郷の平穏、大太鼓に込め 厚真出身の畑嶋春美さんが慰問公演

 胆振東部地震による土砂崩れで亡くなった厚真町朝日の畑島武司さん(86)、富子さん(81)の親戚で、同町出身の畑嶋春美さん(25)=神戸市在住=が18日、全国各地でコンサート活動を行うプロの和太...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク