全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

ベトナム技能実習生決まる

 出羽商工会(本所・鶴岡市大山、上野隆一会長)が受け入れを進めているベトナム技能実習生が決まった。ハノイ周辺の町村に住む19歳から26歳までの女性13人で、来年1月から同商工会管内の企業4社に配属される。

 今月1日から4日までの3泊4日の日程で、出羽商工会の田澤宏之事務局長ら関係者合わせて7人がベトナムを訪問。技能実習生の候補者23人を面接し、協調性や勤務歴、労働意欲にあふれた13人を選んだ。

 技能実習生を受け入れるのは、コイル製造「ウエノ」のほか、電子・電気機器の組み立て会社で、1社につき3人から4人配属される。

 今後は、入国手続きや住まいの手配、技能実習計画の作成を進める予定。実習生は今年12月に来日し、就労スタートを前に1カ月間にわたって日本語研修を受ける。

 田澤事務局長は「採用することになったベトナム技能実習生の中には、涙を流して喜んでくれた女性もいた。それだけ日本に来て働きたい、という意欲の表れ。地元企業で活躍してほしい」と話していた。

 今後は、第1号となるベトナム技能実習生の実績をつくり、受け入れる職種を広げていきたい考えだ。

 また、ハノイで農機具の市場調査も実施し、赤川農機農キングの佐藤一夫社長が現地の農機具販売会社と交渉。中国と比べて日本の中古農機具は丈夫で安く、需要が見込めることを確認、今後具体的な輸出交渉を進めていくことにした。

ベトナムで出羽商工会関係者の面接を受ける技能実習生候補者

関連記事

紀伊民報社

大学生が3年ぶり「海の家」オープン

 和歌山県田辺市の田辺扇ケ浜海水浴場で、関西大学の学生が「海の家」を運営する。新型コロナウイルス禍で休止していたため、3年ぶり。7月9日のオープンに向け、準備を進めている。  関西大は市と地域活...

荘内日報社

「万里の松原に親しむ会」農水大臣賞

 全国森林レクリエーション協会(東京都、三浦雄一郎会長)が制定する本年度の「森林レクリエーション地域美しの森づくり活動コンクール」で、酒田市の環境保全ボランティア団体「万里の松原に親しむ会」(三浦...

大樹の「宇宙観光」連携 日本旅行と町、スペースコタン

 日本旅行(東京)、大樹町、SPACECOTAN(スペースコタン、同町)の3者は7月、宇宙のまちづくりをテーマにパートナーシップ協定を締結する。日本旅行のノウハウを生かし「宇宙観光」を振興する。7...

北羽新報社

甘くみずみずしく 能代市で「白神きゃべつ」収穫盛ん

 能代市で、初夏取りキャベツの収穫が行われている。JAあきた白神によると「今年は玉のそろいが良く、収穫は順調に進んでいる」といい、現在は作業が終盤。各地の農家が梅雨空の中で汗を流している。新たに...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク