全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

「梅干し食べて頑張って」 高校球児に贈る

南高梅干しを受け取る出場校の選手(11日、和歌山市で)

 和歌山県みなべ町と町内の梅農家でつくる紀州みなべ梅干生産者協議会(山本康雄会長)、加工業者でつくる紀州みなべ梅干協同組合(泰地祥夫代表理事)は11日、和歌山市の紀三井寺球場で開幕した第100回全国高校野球選手権和歌山大会の出場39校に梅干しを贈った。  球児への贈呈は2011年から毎年している。梅干しには塩分やクエン酸が含まれ、熱中症予防や疲労回復に最適な食べ物であることを、スポーツ関係者に広くPRする取り組みの一環。山本会長は「梅干しを食べ、水分も取って体調管理に気を付けて、練習の成果を発揮して甲子園目指して頑張って」、泰地代表理事も「梅干しで塩分とクエン酸を補給して頑張って」と応援している。  この日は町うめ課の田中一朗課長ら職員3人が、個包装の南高梅干し300粒が入った50箱を持参し、各校の主将に1箱ずつ手渡した。最初に受け取った貴志川高校の南口大喜主将は「梅干しを食べて頑張りたい。自分たちの野球ができれば勝ち進めると思う」と笑顔で話した。  審判や役員などにも贈り、県高野連の左海直之常務理事は「夏の暑い時季で熱中症対策には梅干しが一番。ありがたい」と感謝した。  梅で健康のまち宣言のパネルも立ててPRに努めた。

関連記事

長野日報社

上諏訪温泉街の山の幸今年も 旅荘二葉にジコボウ

 諏訪市湖岸通り4の旅館「旅荘二葉」の玄関前の庭に、ジコボウ(ハナイグチ)が60本ほど顔を出している。毎年生えて話題になり、鑑賞用として周辺住民も楽しむ、上諏訪温泉街の山の幸。今年はタイミング...

ワールドサーフィンゲームス男子決勝

五十嵐カノアが2位  田原市赤羽根町のロングビーチで行われている世界最高峰のサーフィン大会「2018アーバンリサーチISAワールドサーフィンゲームス」(国際サーフィン連盟=ISA=主催)は19日、男...

荘内日報社

鶴岡の「海の食文化」学ぶ 「エコール辻 東京」学生が視察研修

 国内唯一のユネスコ食文化創造都市である鶴岡市と「ガストロノミー包括連携協定」を結ぶ辻調理師専門学校(大阪市)のグループ校「エコール辻 東京」(東京都国立市)の学生6人が、食をテーマにした視察研修の...

故郷の平穏、大太鼓に込め 厚真出身の畑嶋春美さんが慰問公演

 胆振東部地震による土砂崩れで亡くなった厚真町朝日の畑島武司さん(86)、富子さん(81)の親戚で、同町出身の畑嶋春美さん(25)=神戸市在住=が18日、全国各地でコンサート活動を行うプロの和太...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク