全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

最多134社12日開幕 帯広で国際農機展

開幕を翌日に控え、準備作業が大詰めの国際農業機械展会場(帯広市内の北愛国交流広場、ドローンで撮影)

 4年に一度、十勝で開かれる国内最大の農機展。ホクレンと北海道農業機械工業会、十勝農業機械協議会が主催する。今回は「ICTとともに更なる未来へ」がテーマ。情報通信技術による無人化や生産性の向上を実現する約1000点の機器が並ぶ。

 開場は午前9時~午後4時で、入場無料。午前10時から開会式が行われ、無人ロボットトラクターのデモ走行も行う。農林水産省の野中厚大臣政務官、高橋はるみ道知事、ホクレンの内田和幸会長らが出席する。

 会場には駐車場がないため、幕別町の札内橋南側に無料臨時駐車場を設置。臨時駐車場とJR帯広駅から無料のシャトルバスを運行する。問い合わせは開催委員会事務局(0155・24・7818)へ。

 雨で会場がぬかるんでいるため、長靴での入場を呼び掛けている。

十勝の食も発信 「食彩祭」に50店
 第34回国際農業機械展in帯広に合わせ、フードバレーとかち食彩祭2018も開かれる。出店は前回より10多い50店舗で、十勝産食材を使ったグルメを提供する。

 農機展と同じ帯広市北愛国交流広場が会場で、開催期間も12~16日で同じ。豚丼や十勝和牛などの飲食、農機ミニチュアの物販ブースなどが出店する。

 一日限定の特別出展として、14日には十勝パンを300食限定で販売。15日には新得手打ちそば愛好会が十割そばを出す。

 そのほか、快盗戦隊ルパンレンジャーと警察戦隊パトレンジャーのキャラクターショーや、My’sなどが出演する歌謡ショー、郷土芸能ステージ、若手農業者らの活動報告がある。

 また、北海道150年に合わせて、「北海道」の名付け親として知られる松浦武四郎関連のパネル展示も実施する。

 食彩祭事務局は「十勝の食が全てそろっているので、期待して食べに来てほしい」としている。午前10時~午後4時。問い合わせは事務局のCMC(0155・23・2323)へ。

関連記事

紀伊民報社

ビーチラグビー開幕 44チームが熱戦

 和歌山県白浜町の白良浜海水浴場で25日、第25回ビーチラグビー白浜大会(実行委員会など主催)が開幕した。新型コロナの影響で中止していたため、3年ぶりの開催となる。10都府県から3部門に計44チ...

荘内日報社

創立60周年節目祝う 羽黒学園 羽黒高校

 鶴岡市の羽黒高校(加藤和司校長、生徒766人)で23日、同校の創立60周年記念式典が行われ、在校生や教職員などが節目の年を祝った。  同校は1962(昭和37)年に羽黒工業高校として創立。89(平成元)年に...

「感じる」企画 祭典彩る ガーデンフェスタ北海道、来月24日まで 苫小牧で..

第39回全国都市緑化北海道フェア(ガーデンフェスタ北海道2022)が開幕した25日、苫小牧市の協賛会場である出光カルチャーパーク(末広町)でオープニングセレモニーが行われた。7月24日までの期間中...

インバウンドは「店長」におまかせ ハニフさん着任 道の駅うらほろ

 道の駅うらほろ(浦幌町北町16、国道38号沿い)に4月から、マレーシア人のイザハ・ハニフさん(28)が「店長」として勤務している。指定管理者の道の駅うらほろ直売会によると、2009年の開業以来、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク