全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

外来植物を根から除去 霧ケ峰の踊場湿原で作業

踊場湿原で特定外来生物オオハンゴンソウを根から掘り取る霧ケ峰自然保護指導員

 諏訪市教育委員会は10日、同市郊外の国天然記念物「霧ケ峰湿原植物群落」の一つ踊場湿原で、特定外来生物オオハンゴンソウと侵略的外来植物オオアワダチソウ(共にキク科)の除去作業をした。繁殖防止へ昨年までは茎を刈り取っていたが、「あまり減っていない」(市教委文化財係)として、今回から根の部分から掘り取る方法に切り替えた。2020年度まで3カ年かけて掘り取り方式で除去し、効果を検証する。

 外来植物に詳しい信州大学農学部の大窪久美子教授(緑地生態学)によると、同湿原でのオオハンゴンソウなどの繁茂は十数年前から確認されている。市教委は09年度から茎の刈り取りを開始。ただ、オオハンゴンソウなどは根の部分の「根茎」から新たな芽が出るため、抜本的な対策にはなっていなかった。

 この日は霧ケ峰自然保護指導員に委嘱されている大学生や市教委職員ら6人が、シャベルを使って背丈40センチ程度のオオハンゴンソウなどを根から除去し、土を埋め戻した。国天然記念物内でもあり、文化庁の許可を得て実施している。

 開花から結実期に当たる8月にも2回、除去作業を行う。湿原内の草地に2種各6カ所ずつ調査枠を設定。その内側に1メートル四方の調査区を設けてモニタリングする。

 オオハンゴンソウなどの繁茂は周辺の草地部分のみで湿原内には侵入していないという。湿原はミズゴケ類などの植物が分解せずに堆積する「高層湿原」と呼ばれる貴重な植物群落になっており、大窪教授は「二度とつくり出せない自然が残っている。湿原内に外来植物が入らないよう、瀬戸際で食い止めたい」と話した。

関連記事

干支の置物制作

ワークス岩西で連日作業に励む  豊橋市高師町の多機能型事業所・就労継続支援A型事業所「ワークス岩西」(坂神美惠所長)で、今年も主力製品の1つである陶の「干支(えと)置物」を販売中。昨年好評だったこ...

荘内日報社

北海道石狩市 国指定史跡「荘内藩ハママシケ陣屋跡」 復元へ鶴岡に協力要請

 北海道石狩市浜益区に、幕末に幕府の命を受け北方警備のために庄内藩が築いた国指定史跡「荘内藩ハママシケ陣屋跡」がある。この庄内藩ゆかりの史跡の保存と活用に向け、石狩市教育委員会や札幌山形県人会など...

紀伊民報社

白浜沖に浮き魚礁 ケンケン漁の漁場づくり

 和歌山県は、ケンケン漁(ひき縄漁)の漁場を紀南近海につくるため、11月中に表層型浮き魚礁3基を白浜町沖に設置する。浮き魚礁の事業は2012年度から始まり、3基投入したが、沈没や漂流ですべて失っ...

宇部日報社

学校栄養士がはなっこりー産地見学

 はなっこりーの産地見学会は19日、山口市名田島の農園で開かれた。市内の学校栄養士6人が栽培状況の解説や農園の見学を通して、地元産農産物への理解を深めた。山口地域地物普及推進協議会(時乗佳央会長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク