全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

広まれ こども食堂 来月帯広で全国ツアー

 十勝でも広がりを見せる「こども食堂」などの地域の居場所づくりを考えるシンポジウム「広がれ、こども食堂の輪!全国ツアーin道東」(実行委主催)が、8月4日に帯広市内のとかちプラザ・レインボーホールで開かれる。準備を進める関係者は「これをきっかけにいろいろな形の地域のつながりを考え、共有できたら」と多くの参加を呼び掛けている。

多くの参加を呼び掛ける(後列右2人目から)八重樫さん、若菜さんら実行委関係者

 こども食堂は近年、当初の貧困家庭の子ども支援のイメージから、幅広い世代の居場所へと役割を広げている。全国ツアーは、地域の交流の場としてのこども食堂の姿を広め、「一部の人たちだけの取り組み」から「地域のだれもが関われる取り組み」に広げるのが狙い。道内では昨年10月に旭川で開かれている。

 2016年から帯広のボランティア団体「WEW(ウィー)とかち」がこども食堂を開く十勝でも、さらに輪を広げたいとシンポジウム開催が企画された。

 当日は午後1時に開会。社会活動家で「反貧困」などの著書で知られる法政大学教授の湯浅誠氏が基調講演「子供の貧困と居場所づくり」を行う。

 続くシンポジウムでは、オホーツク管内津別町の引きこもり支援、釧路市の地域食堂「みはら・かがやき食堂」、芽室町の子ども居場所支援事業「風の子めむろ」の関係者が参加し、湯浅氏と共にみんなが暮らしやすい地域の在り方を考える。

 シンポジウムに参加するWEWとかちの若菜順代表は「(こども食堂は)貧困に結び付けられて広がったが、今は学校、家庭以外の第3の居場所として大人と信頼関係を結べる場所になっていることを知ってほしい」と願い、「子どもを核にいろいろな世代が交流することで、地域の元気につながる」とこども食堂の発展に期待している。

 実行委員長の八重樫薫さん(帯広市自立相談支援センターふらっとセンター長)は「こども食堂だけでなく、お年寄りのサロンや障がい者の方の集まる場などが増えているが、地域でどう生きるかという根本は一緒。領域を超えた横のつながりが大事」と指摘。その上で「帯広はまだまだこれから。いろいろな居場所を紹介しみんなで共有したい」と願っている。

 定員は280人で、参加費は500円(学生無料)。参加は所定の申込書で行う。問い合わせは実行委事務局(0155・20・7366)へ。

関連記事

鵜飼U子さん「特別切手シート」販売

本紙4コマ漫画「東さんち」連載5000回突破記念  東愛知新聞の4コマ漫画「東(ひがし)さんち」が連載5000回を超えたのを記念して作者の鵜飼U子さんが「特別切手シート」を作成しました。注文は郵...

紀伊民報社

「南高」の梅干し 塩にこだわり商品化へ

 県農の子会社である和歌山ノーキョー食品工業(本社・海南市)は、紀南地方で栽培が盛んな梅の主力品種「南高」の梅干しを、基本的な原料である塩にこだわって商品化に乗り出した。全国の約50種の塩で試作...

荘内日報社

小堅保育園児 地域と一緒に育てた在来野菜 「波渡なす」ミュージカルに

 ぼくたちのおなかでそだてたなすが ぼくといっしょにおおきくなった♪―。鶴岡市の小堅保育園(土岐育子園長、園児17人)の園児たちが、地域の人たちと交流しながら育てた在来作物「波渡(はと)なす」を取り上...

出来秋!胆振東部の農家に不安の声 収穫への影響懸念

 出来秋を迎えた胆振東部で、稲刈りを目前にした地域の農家や農協から不安の声が出ている。例年9月下旬に作業に入るが、むかわ町では収穫した米を乾燥させる鵡川農協の施設が地震で損傷し、使えない状況に。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク