全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

霧ケ峰で忌避剤散布 高原植物の鹿食害対策

樹木用忌避剤を散布してニッコウキスゲなどの高山植物のニホンジカ食害対策として実証実験する県職員ら

 長野県は9日、ニッコウキスゲなどの高山植物のニホンジカ食害対策として、鹿が嫌う忌避剤の散布実験を諏訪市霧ケ峰高原の車山肩で行った。ニッコウキスゲが咲き始めた1500平方メートルの半分の区画に散布。実験前に設置した電気柵を撤去し、非散布区画との花芽の食害の差異を調べ、忌避剤の効果を検証していく。

 食害対策と共に、花を守るための電気柵設置と撤去の労力軽減と、景観上の配慮を目的としている。樹木用の忌避剤を高原植物に応用するための3年計画の実験で、今年は最終年度。一昨年は、グライダー滑走路の近くの蛙原で行ったが食害が少なく、昨年は車山肩に実験場所を移したが、花が少なく鹿が近寄らなかった。

 使用する忌避剤は鶏の卵を由来とする農薬。植物や人体への影響はほとんどなく、食害や薬害の結果から高原植物などへの用途拡大が昨年11月に農水省から認められた。

 同日は、試験区域に自動撮影カメラも設置。鹿の出没や食害状況も調べていく。散布は8月下旬まで、2~3週間に1回行う。県環境部自然保護課の畑中健一郎担当係長は「効果があれば、県内の鹿の食害のあるところへ普及拡大し、希少な在来植物を守っていきたい」と話していた。

関連記事

干支の置物制作

ワークス岩西で連日作業に励む  豊橋市高師町の多機能型事業所・就労継続支援A型事業所「ワークス岩西」(坂神美惠所長)で、今年も主力製品の1つである陶の「干支(えと)置物」を販売中。昨年好評だったこ...

荘内日報社

北海道石狩市 国指定史跡「荘内藩ハママシケ陣屋跡」 復元へ鶴岡に協力要請

 北海道石狩市浜益区に、幕末に幕府の命を受け北方警備のために庄内藩が築いた国指定史跡「荘内藩ハママシケ陣屋跡」がある。この庄内藩ゆかりの史跡の保存と活用に向け、石狩市教育委員会や札幌山形県人会など...

紀伊民報社

白浜沖に浮き魚礁 ケンケン漁の漁場づくり

 和歌山県は、ケンケン漁(ひき縄漁)の漁場を紀南近海につくるため、11月中に表層型浮き魚礁3基を白浜町沖に設置する。浮き魚礁の事業は2012年度から始まり、3基投入したが、沈没や漂流ですべて失っ...

宇部日報社

学校栄養士がはなっこりー産地見学

 はなっこりーの産地見学会は19日、山口市名田島の農園で開かれた。市内の学校栄養士6人が栽培状況の解説や農園の見学を通して、地元産農産物への理解を深めた。山口地域地物普及推進協議会(時乗佳央会長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク