全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

うねる白蛇 3年ぶりの舞 鹿追

迫力たっぷりに親子蛇を操る白蛇姫舞保存会のメンバー

 「第46回白蛇姫まつり」(鹿追町観光協会主催)が7日夜、然別湖畔で開かれた。雨が降る中、同湖の伝説から生まれた郷土芸能「白蛇姫舞」が3年ぶりに披露され、訪れた観光客を幻想的な世界へと誘った。

 白蛇姫舞は大凶作に見舞われた際、女神のお告げにより同湖でオショロコマを得て飢えをしのいだという伝承を基にし、町の無形文化財として指定を受けている。

 2016、17年と2年連続で悪天候で中止となったが、今年は湖畔ウッドデッキに縦6.7メートル、横17メートルの巨大テントを張って対応。道内外から大勢の観光客が詰め掛けた。

 午後8時から、帯広カムイトウウポポ保存会が「カムイ・ノミ」(神々への儀式)を行い、霧の湖水を渡ってきた白蛇が姫に導かれて登場。町白蛇姫舞保存会(山田壮一会長、会員37人)が操る親子蛇は、絡み合いながら激しく体をうねらせる迫力の舞を披露。姫も優雅に舞った。

 横浜市から夫婦で訪れた会社員殖栗友広さん(42)は「湖の雰囲気と融合して神秘的。アイヌ文化も見ることができて新鮮だった」と話した。

 本祭に先立ち、鹿追中学校の生徒による「子ども白蛇姫舞」も行われた。持ち手として蛇の頭を務めた女子生徒(2年)は「最高の舞ができた」と笑顔を見せた。

関連記事

家がない! 工事関係者増で賃貸不足 奄美市、異動シーズン危惧の声

 異動シーズンを前に、鹿児島県奄美市名瀬市街地の賃貸物件に空室がない事態が起きている。背景には奄美市新庁舎や、3月に完了予定の陸上自衛隊の駐屯地建設など、地域外労働者の宿舎不足が影響しているとみ...

自慢のそり 幕別・忠類快走

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

将来のまちづくり提案 児童生徒が意見交わす 石垣市民憲章推進協議会

 石垣市内の子どもたちが住みよい街づくりを考えるワークショップ(石垣市民憲章推進協議会主催)が16日午後、石垣市健康福祉センター視聴覚室で開かれ、平真小学校の児童と石垣第二中学校の生徒計33人が「...

長野日報社

「居酒屋公民館」を体感 伊那市横山で交流ツアー

 伊那市横山で16日、横山公民館での寄り合い「居酒屋公民館」を体感してもらう交流ツアーがあった。市内外からの参加者と横山区民、市職員ら約40人が、住民たちが用意した心づくしの料理を囲んで歓談。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク