全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

県道フラワーライン全線開通

フラワーライン開通式典でテープカットする関係者(8日、白浜町で)

 和歌山県白浜町内の紀勢自動車道南紀白浜インターチェンジ(IC)と南紀白浜空港を結ぶ県道フラワーラインが8日、全線開通した。空港近くに新しく設置された「空港東」交差点付近で記念式典やイベントが開かれた。約500人が参加し、テープカットや通り初めで開通を祝った。  県が2010年度に着工したフラワーラインは延長4・4キロ。このうち国道42号から才野ランプまでと空港側の合わせて3・4キロの区間は15年9月までに開通。この日は残りの才野ランプから空港東交差点までの区間(1キロ)が開通し、全線が開通した。すべて片側1車線。  全線開通の式典には、県や町の関係者、地元住民ら約100人が出席。主催者を代表して仁坂吉伸知事が「白浜空港と紀勢道がつながり、かなり便利になった。観光客に紀伊半島の旅をより楽しんでもらえる」と述べ、井澗誠白浜町長が「地域住民の利便性はもとより、交通渋滞の緩和が図られる。観光の町にとって大変喜ばしい」とあいさつした。  祝辞では、地元選出の二階俊博衆院議員が「多くの方々のご努力があっての完成。これを機に地域がますます発展するよう、力を合わせていきたい」と述べた。  式典の後はマーチングバンドの演奏や餅まき、開通した才野ランプから空港東交差点の間でフリーウオーキングがあり、約400人が参加した。  フラワーラインの総事業費は約134億円で、今回開通した区間の事業費は約48億円。今回区間の一部では直径約20センチのスギ(紀州材)565本を使って木製ガードレールを整備した。

関連記事

宇部日報社

山口東京理科大の玄関、JR雀田駅を一新

 山口県山陽小野田市JR雀田駅の整備を進めている小野田青年会議所(上野順司理事長、14人)は14~16日、山口東京理科大の学生有志25人と共に駅舎を塗り替える作業の総仕上げに取り組み、同大の「玄関...

コンブ解禁 朝日に輝く 広尾・黄金道路海岸

 広尾町特産のコンブの漁が17日早朝、国道336号(黄金道路)沿いの海岸で始まった。朝日に輝くコンブを引き上げ、満載した船で浜はにぎわった。  解禁日は15日だったが、悪天候や高波で2日間出...

釧路新聞社

若者5人CDデビュー、イベント続々出演【釧路】

 人気ロックバンドDEENのボーカル池森秀一さんプロデュースの若者5人によるコンピレーションアルバムが発売され、念願のCDデビューを果たした。厳島神社例大祭を皮切りに、今後も港まつりをはじめとす...

やめよう!危険な路上寝 「の〜び〜ちゃ〜Tシャツ」作成 八重山署、適正飲..

 県内でも特に路上寝の多い現状を受け、八重山警察署(与那嶺一文署長)と八重山地区防犯協会(福島英洋会長)は共同で「の〜(NO)び〜ちゃ〜(酔っぱらい)Tシャツ」を約200枚作製、適正飲酒の呼び...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク