全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

町内会参加へチラシ刷新 加入率減少で役割説明 帯広

 少子高齢化や近所付き合いの薄れなどを背景に、帯広市内で町内会の加入世帯が減少している。町内会の活動が先細りする中、帯広市は転入者へ配布するチラシを一新し、町内会費の使い道など町内会が地域で果たす役割を改めてアピールしている。広報の見直しから着手した市は、「町内会にぜひ加入し、地域の活動に参加してほしい」と呼び掛けている。

新しくなった町内会のチラシをPRする市民活動推進課の職員

 2017年度の市内の町内会数は769。総戸数7万2551戸のうち、加入しているのは4万5063戸で、加入率は62.1%だった。08年度の68.9%から、少しずつではあるが、毎年減少の一途をたどっている。

 これまでも市では、町内会加入の勧誘を目的として、転入者へチラシを配布していた。しかし従来のチラシでは、市担当者らが記載するはずの「町内会の連絡先」が空欄のままとなっており、加入に当たり市民に一部混乱が生じていた。

 指摘を受けた市は今年度、チラシの構成を改め、町内会に加入するメリットや、町内会費の用途を円グラフで表すなど工夫をみせている。

 チラシでは、町内会費の使い道を行事運営費や防犯灯の電気代、環境美化代などに項目分けし、地域の中で町内会が果たす役割を明示した。例えば、市内には防犯灯が約1万6000灯あるが、その電気代の6~8割を市が負担し、残りの費用は町内会費によって賄われている。

 また、防災、環境・美化、防犯、集会施設の管理、見守り、情報伝達の6つの役割を挙げ、「町内会の活動は必ずあなたの生活に密接に関わり、役立っています」と訴えている。

 町内会には人と人をつなげ“地域の輪”を広げる役割がある。市民活動推進課は「町内会の活動は未加入者にとっては見えにくい部分も多いかもしれない。防犯や清掃面で貢献している部分が多い。ぜひ加入し、地域の活動に参加してほしい」と呼び掛けている。

関連記事

干支の置物制作

ワークス岩西で連日作業に励む  豊橋市高師町の多機能型事業所・就労継続支援A型事業所「ワークス岩西」(坂神美惠所長)で、今年も主力製品の1つである陶の「干支(えと)置物」を販売中。昨年好評だったこ...

荘内日報社

北海道石狩市 国指定史跡「荘内藩ハママシケ陣屋跡」 復元へ鶴岡に協力要請

 北海道石狩市浜益区に、幕末に幕府の命を受け北方警備のために庄内藩が築いた国指定史跡「荘内藩ハママシケ陣屋跡」がある。この庄内藩ゆかりの史跡の保存と活用に向け、石狩市教育委員会や札幌山形県人会など...

紀伊民報社

白浜沖に浮き魚礁 ケンケン漁の漁場づくり

 和歌山県は、ケンケン漁(ひき縄漁)の漁場を紀南近海につくるため、11月中に表層型浮き魚礁3基を白浜町沖に設置する。浮き魚礁の事業は2012年度から始まり、3基投入したが、沈没や漂流ですべて失っ...

宇部日報社

学校栄養士がはなっこりー産地見学

 はなっこりーの産地見学会は19日、山口市名田島の農園で開かれた。市内の学校栄養士6人が栽培状況の解説や農園の見学を通して、地元産農産物への理解を深めた。山口地域地物普及推進協議会(時乗佳央会長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク