全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

竹細工で精巧なカマキリ

88匹のカマキリの作品を前に笑顔の山本さん(中園町の山本さん宅で)

 竹に命を吹き込み、本物にそっくりな昆虫を作り続けている元阿知須中校長の山本幹雄さん(88)=山口市中園町=が、米寿の記念に88匹のカマキリの竹細工を制作した。14日に開かれる県退職校長会の総会で作品の一部を展示する。山本さんが定年退職後独学で始めた竹細工。日用品をはじめ、昆虫作品も制作していたが、より本物に忠実な表現を追求するきっかけがカマキリだった。約20年前の夏と秋に、作品のモデルを申し出るかのように自宅の作業場に現れた。秋の弱り切ったカマキリを見て、生き生きとした姿に変えて残そうと観察しながら作ったという。

 今ではアメンボやトンボ、チョウなどさまざまな生き物の竹細工を制作しているが、最も得意とするのがカマキリで、多くの人から人気を集めていることから米寿制作の題材に決めた。88匹のカマキリは、2年前から少しずつ作り始め、3月の誕生日に最後の1匹を仕上げた。作品には、古民家の屋根裏で長い年月いろりの煙でいぶされたすす竹を使う。煙の当たり具合による色の濃淡が作品の味わいを深め、長年磨いた技術によって生き物の「静」と「動」を巧みに表現する。

 山本さんは、一日の大半を制作に充てているといい、「目標や目的を持って作品作りを進め、成し遂げた時の喜びはとても大きい」と笑顔で話す。「打ち込めるものがあるのは幸せ。自分自身が納得できるまで制作を続けていきたい」と話した。山本さんの昆虫作品は、山口井筒屋(中市町)で開催中の合同作品展「暮らしの彩りに竹-そして徳地の郷だより」で展示販売されている。10日まで。

関連記事

干支の置物制作

ワークス岩西で連日作業に励む  豊橋市高師町の多機能型事業所・就労継続支援A型事業所「ワークス岩西」(坂神美惠所長)で、今年も主力製品の1つである陶の「干支(えと)置物」を販売中。昨年好評だったこ...

荘内日報社

北海道石狩市 国指定史跡「荘内藩ハママシケ陣屋跡」 復元へ鶴岡に協力要請

 北海道石狩市浜益区に、幕末に幕府の命を受け北方警備のために庄内藩が築いた国指定史跡「荘内藩ハママシケ陣屋跡」がある。この庄内藩ゆかりの史跡の保存と活用に向け、石狩市教育委員会や札幌山形県人会など...

紀伊民報社

白浜沖に浮き魚礁 ケンケン漁の漁場づくり

 和歌山県は、ケンケン漁(ひき縄漁)の漁場を紀南近海につくるため、11月中に表層型浮き魚礁3基を白浜町沖に設置する。浮き魚礁の事業は2012年度から始まり、3基投入したが、沈没や漂流ですべて失っ...

宇部日報社

学校栄養士がはなっこりー産地見学

 はなっこりーの産地見学会は19日、山口市名田島の農園で開かれた。市内の学校栄養士6人が栽培状況の解説や農園の見学を通して、地元産農産物への理解を深めた。山口地域地物普及推進協議会(時乗佳央会長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク