全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

花博へ向け園児ら「たねダンゴ」作り

 第35回全国都市緑化やまぐちフェア(山口ゆめ花博)に向け、山口市阿知須のきらら博記念公園で、園児による花の種を混ぜた土の団子作り体験が続いている。5日には宇部市の丸尾原保育園と山口市の旭幼稚園の計67人が参加し、直径2センチほどの団子を作った。花や緑に親しんでもらおうと、花博実行委員会が開催。2日から20日までの間に県内26幼・保育園の園児たちが参加する。土の団子は東日本大震災後の花と緑の復興支援活動で生まれた景観形成手法で、「たねダンゴ」と呼ばれている。

 園児たちは液体肥料が混ぜ込まれた土を手のひらで丸め、1個につき2、3粒のジニアの種を付けていった。1人当たり約15個作った。作業は多目的ドームのひさしの下で行い、雨の切れ間を利用して月の海東側の花壇に植え付けた。園児たちのたねダンゴは2万個を目標に公園内に植え付ける予定。花はジニア、コスモス、クレオメなど夏から秋にかけて花を咲かせる5種類を準備している。参加した幼・保育園にも持ち帰ってもらい、園内でも咲かせてほしいという。

関連記事

長野日報社

ツリーハウスをクラウドファンディングで 飯島中1年1組が挑戦

 長野県の飯島町飯島中学校1年1組の27人が、インターネットで幅広く支援を募る「クラウドファンディング(CF)」を活用して、町図書館の隣接地に幼い子どもたちが集うツリーハウスを建設しようと取り...

新城市役所に「しんしろギャラリーカフェ」

市の名前由来になった「城」の模型展示  新城市役所本庁舎1階に21日、市の名前の由来になったとされる「新城城(しんしろじょう)」の復元模型の展示と関連する和菓子の販売をする「しんしろギャラリーカフェ...

荘内日報社

鶴岡市加茂地区で戦後から親しまれた 「うさぎやのコロッケ」復活へ

 鶴岡市加茂地区で戦後から60年ほどの間親しまれた「うさぎやのコロッケ」を地域の特産として復活させようと、地元住民らが活動している。20日、加茂コミュニティセンターで試作・試食会があり、素朴なジャガイ...

宇部日報社

レノファ山口が新体制を発表

 サッカーJ2レノファ山口FCの新体制発表会が20日、宇部市の記念会館で開かれた。2019シーズンのスローガン「ORANGE SOUL―山口を魂で染め上げろ」が発表されたほか、新加入選手10人があ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク