全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

津島神社祇園祭へみこし作り 宮田村

津島神社祇園祭に向けて製作が進むみこし

 宮田村で21日に行われる津島神社祇園祭の宵祭りに向け、中心市街地を練り歩くみこしの完成が近付いている。毎年新調されるみこしは今年、大工の伊藤秀雄さん(70)=同村町二区=が製作。「暴れみこし」で知られる祭りの”主役”の準備も進み、本番を待つばかりだ。

 祇園祭のみこしは、商店街を勇壮に練り歩いた後、祭りの最後に神社境内の石段の上から落として壊され、クライマックスを迎える。このため毎年新しいみこしを町一区、町二区、町三区の大工が持ち回りで作ってきたが、高齢化などを理由に、今年から回り番制を廃止。町区内の出来る大工が作ることになり、伊藤さんが昨年に続いて製作を引き受けた。

 国産ヒノキを使ったみこしは、八角形の「真柱」を中心に高さ1.8メートル、幅1.2メートル。長さ4メートルの担ぎ棒2本を取り付けると重さは約200キロになる。

 6月中旬から作業を開始し、職人仲間の大谷初男さん(71)=同村中越=の助けを借りて取り組んだ。なだらかな曲線を描く「屋根の部分が難しい」といい、飾りの金紙を張り、担ぎ棒を取り付ければ完成する。

 「最後に壊すからといって適当には作れない。神様が入るものだから」と伊藤さん。「きれいに、すごいなと思ってもらえるよう仕上げ、祭りではけがなく威勢よく担いでほしい」と話していた。

関連記事

長野日報社

上諏訪温泉街の山の幸今年も 旅荘二葉にジコボウ

 諏訪市湖岸通り4の旅館「旅荘二葉」の玄関前の庭に、ジコボウ(ハナイグチ)が60本ほど顔を出している。毎年生えて話題になり、鑑賞用として周辺住民も楽しむ、上諏訪温泉街の山の幸。今年はタイミング...

ワールドサーフィンゲームス男子決勝

五十嵐カノアが2位  田原市赤羽根町のロングビーチで行われている世界最高峰のサーフィン大会「2018アーバンリサーチISAワールドサーフィンゲームス」(国際サーフィン連盟=ISA=主催)は19日、男...

荘内日報社

鶴岡の「海の食文化」学ぶ 「エコール辻 東京」学生が視察研修

 国内唯一のユネスコ食文化創造都市である鶴岡市と「ガストロノミー包括連携協定」を結ぶ辻調理師専門学校(大阪市)のグループ校「エコール辻 東京」(東京都国立市)の学生6人が、食をテーマにした視察研修の...

故郷の平穏、大太鼓に込め 厚真出身の畑嶋春美さんが慰問公演

 胆振東部地震による土砂崩れで亡くなった厚真町朝日の畑島武司さん(86)、富子さん(81)の親戚で、同町出身の畑嶋春美さん(25)=神戸市在住=が18日、全国各地でコンサート活動を行うプロの和太...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク