全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

鳥海八幡中「ジオパーク職場体験」成果発表

 酒田市の鳥海八幡中学校の生徒が4日、職場体験の一環で学んだ同市八幡地域の大地の成り立ちに関する知識を生かし、市役所に「石器作り体験コーナー」を設置し、来庁者らに地域の魅力を解説しながら石器作りを指導した。

 職場体験は同校の2年生が3、4の2日間、八幡地域を中心にした事業所で実施。このうち毎年体験を受け入れている市八幡総合支所では従来、道路など公共インフラの現場見学が中心だったが、今回は、2016年9月に日本ジオパークに認定された「鳥海山・飛島ジオパーク」で八幡地域が中心的なエリアの一つであることから、初めて同支所地域振興課が「ジオパーク職場体験」を企画した。

 参加したのは男女2人ずつの4人。3日は市職員の案内で青沢地区に行き、荒瀬川沿いの高台から縄文時代の石器類がたくさん出土していることや、長い年月をかけて川が地層を削り今の地形になったことなどを学んだ。また、縄文人が石器を作ったのと同じ「頁岩(けつがん)」を採取した。4日は市役所1階に体験コーナーを設置し、来庁者に石器作りを指導した。生徒たちは「頁岩は1000年ぐらい前にプランクトンなどが堆積したもの。この頁岩は私たちが荒瀬川沿いで拾ったものです」などと説明しながら、頁岩をやすりで削りナイフのようにする方法を指導。来庁者は完成した石器で、段ボールの上に載せた紙を切り、「すごーい」と感心していた。

 仲川大輝君(13)は「職場体験で石器作りができて面白い。自分が住んでいる地域は刈屋梨など食べ物がおいしく、水がきれいで、いろんな生き物がいて好き」、齋藤寧月君(14)は「八幡にはあまり興味がなかったが、今回の職場体験で縄文時代の遺跡がたくさんあることなどを知り、興味が湧いた」と話した。

酒田市役所で来庁者に石器作りを指導する鳥海八幡中の生徒たち(右側)

関連記事

鵜飼U子さん「特別切手シート」販売

本紙4コマ漫画「東さんち」連載5000回突破記念  東愛知新聞の4コマ漫画「東(ひがし)さんち」が連載5000回を超えたのを記念して作者の鵜飼U子さんが「特別切手シート」を作成しました。注文は郵...

紀伊民報社

「南高」の梅干し 塩にこだわり商品化へ

 県農の子会社である和歌山ノーキョー食品工業(本社・海南市)は、紀南地方で栽培が盛んな梅の主力品種「南高」の梅干しを、基本的な原料である塩にこだわって商品化に乗り出した。全国の約50種の塩で試作...

荘内日報社

小堅保育園児 地域と一緒に育てた在来野菜 「波渡なす」ミュージカルに

 ぼくたちのおなかでそだてたなすが ぼくといっしょにおおきくなった♪―。鶴岡市の小堅保育園(土岐育子園長、園児17人)の園児たちが、地域の人たちと交流しながら育てた在来作物「波渡(はと)なす」を取り上...

出来秋!胆振東部の農家に不安の声 収穫への影響懸念

 出来秋を迎えた胆振東部で、稲刈りを目前にした地域の農家や農協から不安の声が出ている。例年9月下旬に作業に入るが、むかわ町では収穫した米を乾燥させる鵡川農協の施設が地震で損傷し、使えない状況に。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク