全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

レノファ山口の霜田監督、後半へ意気込み

リーグ前半戦を振り返る霜田監督(県立おのだサッカー交流公園で)

 サッカーJ2レノファ山口はリーグの開幕から好調を維持し、全チームとの対戦が一巡した前半戦を終え、首位と勝ち点1差の2位で折り返した。今季から指揮を執る霜田正浩監督は4日、会見を開き、「選手たちの成長が感じられ、戦術も浸透してきた。習熟度は70%」と振り返った。会見は山陽小野田市の県立おのだサッカー交流公園内にあるクラブハウスで実施。霜田監督は就任時から練習やミーティングでプレースタイルの徹底に努め、その上で「見ている人に熱い気持ちが伝わる情熱的なサッカーを」と呼び掛けてきた。

 「選手たちの成長や戦術理解度に手応えを感じ、満足できる前半戦だった」と総括。21試合で37得点というリーグ2位の得点力については「選手の質や能力だけに頼っていない。チームの戦い方や方向性も得点につながっている」とした。後半戦に向けて「相手の対策を上回るプランを持てるよう、選手たちにさらなる成長を促したい」とチームを鼓舞。「選手はまだ誰も満足しておらず、次の試合のことしか考えていない」とチームが良い方向に向かっていることも明かした。

 会見では今季のプレースタイルに沿った攻撃や守備、パスワークでのさまざまな数値について、選手に示すデータとほぼ同じ内容を示し、武石康平テクニカルコーチが説明。戦術の浸透に伴う1~10節と11~20節との違いなどにも触れた。攻撃面ではサイド攻撃が強みの一つとなる一方、ドリブル成功率が下がるなどの課題も。パスワークやショートカウンターも細かく分析しており、霜田監督は「目指すサッカーがどれだけできたか、何が足りなかったかを選手と共有し、次に生かしたい」と話した。今季のレノファは開幕戦から3連勝と波に乗り、5月3日の第12節からは9試合負けなしという勝負強さを見せた。前半戦を終えての成績は11勝4敗6分けで勝ち点は39となっており、20位だった昨季の勝ち点38を既に上回っている。

関連記事

鵜飼U子さん「特別切手シート」販売

本紙4コマ漫画「東さんち」連載5000回突破記念  東愛知新聞の4コマ漫画「東(ひがし)さんち」が連載5000回を超えたのを記念して作者の鵜飼U子さんが「特別切手シート」を作成しました。注文は郵...

紀伊民報社

「南高」の梅干し 塩にこだわり商品化へ

 県農の子会社である和歌山ノーキョー食品工業(本社・海南市)は、紀南地方で栽培が盛んな梅の主力品種「南高」の梅干しを、基本的な原料である塩にこだわって商品化に乗り出した。全国の約50種の塩で試作...

荘内日報社

小堅保育園児 地域と一緒に育てた在来野菜 「波渡なす」ミュージカルに

 ぼくたちのおなかでそだてたなすが ぼくといっしょにおおきくなった♪―。鶴岡市の小堅保育園(土岐育子園長、園児17人)の園児たちが、地域の人たちと交流しながら育てた在来作物「波渡(はと)なす」を取り上...

出来秋!胆振東部の農家に不安の声 収穫への影響懸念

 出来秋を迎えた胆振東部で、稲刈りを目前にした地域の農家や農協から不安の声が出ている。例年9月下旬に作業に入るが、むかわ町では収穫した米を乾燥させる鵡川農協の施設が地震で損傷し、使えない状況に。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク