全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

あつみ小「天魄山森林自然教室」

 鶴岡市立あつみ小(後藤誠校長)の5年生34人が3日、大岩川漁港周辺で魚さばきや刺し網漁見学などの漁業体験に取り組んだ。森の恵みによってもたらされる豊かな海の資源に触れた。

 鶴岡市大岩川地区にある天魄山(標高約290㍍)周辺の森と川、海のつながりを学ぶ「天魄山森林自然教室」として市温海庁舎が主催して2012年から毎年実施。3年生は焼き畑農法体験、4年生はサケの採卵、5年生は地域漁業や森林整備体験などに取り組む。県のやまがた緑環境税活用事業。

 この日は初めに市の職員が森の恵みや役割、漁業者による森林整備活動について説明。大岩川漁業者会の菅原重一会長は「天魄山からの栄養で育った魚がたくさん。大岩川周辺は庄内でも恵まれた漁場になっている」などと紹介した。

 その後は、大岩川漁業者会の指導で漁業体験。2班に分かれて、鼠ケ関港で水揚げされたウマヅラハギのさばき方講習と、漁船に乗って刺し網漁見学。さばき方講習では、児童は魚のにおいに顔をしかめながらも、皮がきれいにむけると笑顔。「簡単に皮がむけてやっぱりカワハギの仲間だ」と納得した様子だった。五十嵐蒼斗君(10)は「魚をさばくのは初めて。楽しかった。海、山、川を大切にしていきたい」。ウマヅラハギはみそ汁にして味わった。

 この他翌4日は、温海中学校裏にある温和の森を舞台に森林整備活動も実施。

魚さばきに挑戦する子どもたち

     

関連記事

家がない! 工事関係者増で賃貸不足 奄美市、異動シーズン危惧の声

 異動シーズンを前に、鹿児島県奄美市名瀬市街地の賃貸物件に空室がない事態が起きている。背景には奄美市新庁舎や、3月に完了予定の陸上自衛隊の駐屯地建設など、地域外労働者の宿舎不足が影響しているとみ...

自慢のそり 幕別・忠類快走

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

将来のまちづくり提案 児童生徒が意見交わす 石垣市民憲章推進協議会

 石垣市内の子どもたちが住みよい街づくりを考えるワークショップ(石垣市民憲章推進協議会主催)が16日午後、石垣市健康福祉センター視聴覚室で開かれ、平真小学校の児童と石垣第二中学校の生徒計33人が「...

長野日報社

「居酒屋公民館」を体感 伊那市横山で交流ツアー

 伊那市横山で16日、横山公民館での寄り合い「居酒屋公民館」を体感してもらう交流ツアーがあった。市内外からの参加者と横山区民、市職員ら約40人が、住民たちが用意した心づくしの料理を囲んで歓談。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク