全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「携帯トイレ普及」10日宣言 大雪山の環境保全へ全国初

多くの愛好者が訪れるトムラウシ山。登山者を巻き込み、大雪山全体で携帯トイレの普及を進める

 十勝と上川両管内にまたがる大雪山の自然景観を守るため、行政機関や山岳団体が連携し携帯トイレの活用を進める「大雪山国立公園携帯トイレ普及宣言」の発表式が10日、上川管内上川町で開かれる。環境省によると、大規模な山域全体で、このような宣言を行うのは全国で初めて。

 環境省や道、地元自治体でつくる大雪山国立公園連絡協議会と、道内山岳関係18団体の計19団体が宣言する。

 大雪山国立公園は、常設トイレがない宿泊地を中心に排せつ物やティッシュが散乱。排せつのため登山道以外に踏み入る人も多く、高山植物が減少している。自然環境や大雪山のイメージ低下など問題は深刻と受け止め、管理者と登山者の努力で解決できる携帯トイレの普及に力を入れることにした。

 宣言では野外し尿ゼロに向けて、登山者への携帯トイレ持参呼び掛けや携帯トイレブースの設置などを明記。趣旨に賛同する企業や団体などを「携帯トイレ普及パートナー」に登録し、活動の輪を広げる。使いやすい携帯トイレや、携帯トイレを快適に使える登山用具の開発も検討する。

 同省は「行政だけではなく、山岳団体と共同で取り組むことに意義がある」としている。

<大雪山国立公園>
 新得町、上士幌町などの十勝と上川にまたがる面積約23万ヘクタール。人気スポットは旭岳やトムラウシ山など。山岳地帯の常設トイレは5カ所、携帯トイレブースは3カ所。

関連記事

長野日報社

夜空へ音楽に乗せ 諏訪湖サマーナイト花火開幕

 諏訪市の諏訪湖畔で花火を連日打ち上げる「諏訪湖サマーナイト花火」(諏訪観光協会と諏訪湖温泉旅館組合でつくる実行委員会主催)が22日夜、開幕した。音楽に乗せて色鮮やかな花火が夜空を彩っている。 ...

恐竜の化石修復体験

豊橋市自然史博物館で実物を使い  恐竜の実物化石の修復体験が22日、豊橋市自然史博物館であり、抽選で選ばれた静岡県浜松市東区の市原厳さん57一家が、ゴーグルを装着しながら学芸員が使う道具で破片の接着...

やっと夏本番 ビアガーデンやイカダくだり 十勝

 十勝地方は21日に帯広が道内一の暑さとなるなど夏らしさが戻り、まちもこの時期の風物詩でにぎやかさを増している。22日には河川の増水で延期されていた「第46回十勝川イカダ下り」が行われ、48チーム...

北羽新報社

夜空彩り1万5千発/能代の花火

 第16回港まつり能代の花火は21日、能代港下浜ふ頭を観覧会場に開かれ、1万5千発の花火が夏の夜空を華々しく彩った。約1時間30分にわたる25の演目では、3尺玉が直径600㍍の光の大輪を咲かせたほか、速射連発花...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク