全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

未来の球児育てよう 伊那市富県保で野球教室

柴さん(左)からアドバイスを受けて、打撃を体験する園児

 伊那市富県保育園で3日、年長園児を対象とした野球教室が行われた。野球の楽しさを子どもたちに知ってもらうため、少年野球の指導者が保育園に出向いて開催。地元の富県スポーツ少年団の野球チームが今季、高学年の部員不足で公式戦を休んでいることもあり、チームの復活を願って企画した。

 14人の園児たちは遊び感覚で体を動かし、数字入りのボードにボールを投げ、的当ての要領で「投げる」を体験。続いて、バッティングティーを使っての「打つ」に挑戦した。「バッティングはおもしろいぞー」と声を掛けられた男の子は、バットの握り方、立ち方を教わり、ボール目がけて振り込んでいた。

 遊びの中で野球の基本を教えるのは箕輪町の少年野球チーム「Sジャパン」監督の柴仁志さん(46)。「保育園で野球を体験した富県の子どもたちの中から、10年後、何人高校球児が生まれるかが楽しみ」と期待する。

 年長園児対象の教室は同園では3回目。幼児用の道具持参での教室は園側も歓迎しており、「あれなら誰にでも打てる。みんな楽しそうに走り回っていて運動にもなると思う」と間澤恵園長。成果も表れ、小学校に入学してから野球を始めた児童もいるという。指導スタッフとして教室に参加した富県スポーツ少年団の中村淳前監督は「次につながるように、秋にまた教えに来たい」と話した。

関連記事

干支の置物制作

ワークス岩西で連日作業に励む  豊橋市高師町の多機能型事業所・就労継続支援A型事業所「ワークス岩西」(坂神美惠所長)で、今年も主力製品の1つである陶の「干支(えと)置物」を販売中。昨年好評だったこ...

荘内日報社

北海道石狩市 国指定史跡「荘内藩ハママシケ陣屋跡」 復元へ鶴岡に協力要請

 北海道石狩市浜益区に、幕末に幕府の命を受け北方警備のために庄内藩が築いた国指定史跡「荘内藩ハママシケ陣屋跡」がある。この庄内藩ゆかりの史跡の保存と活用に向け、石狩市教育委員会や札幌山形県人会など...

紀伊民報社

白浜沖に浮き魚礁 ケンケン漁の漁場づくり

 和歌山県は、ケンケン漁(ひき縄漁)の漁場を紀南近海につくるため、11月中に表層型浮き魚礁3基を白浜町沖に設置する。浮き魚礁の事業は2012年度から始まり、3基投入したが、沈没や漂流ですべて失っ...

宇部日報社

学校栄養士がはなっこりー産地見学

 はなっこりーの産地見学会は19日、山口市名田島の農園で開かれた。市内の学校栄養士6人が栽培状況の解説や農園の見学を通して、地元産農産物への理解を深めた。山口地域地物普及推進協議会(時乗佳央会長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク