全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

東京五輪・パラリンピックのモルドバ選手 事前合宿受け入れ

 2020東京五輪・パラリンピックに向け、鶴岡市と西川町は2日、ホストタウン対象国となっている東欧のモルドバ共和国と選手の事前合宿受け入れに関する合意書に調印した。モルドバ側は来年の早い時期に合宿を行う考えを示した。

 鶴岡市役所で調印式が行われ、皆川治鶴岡市長、小川一博西川町長、モルドバオリンピックスポーツ委員会のニコラエ・ジュラフスキ会長が合意書に署名した。カヌー競技でソウル五輪で金、アトランタ五輪で銀メダルを獲得したジュラフスキ会長は「歴史的な調印になった。各施設とも素晴らしく、合宿によって良い成績が出せるだろう」と述べ、皆川市長は「ユネスコ食文化創造都市として、食でも選手たちをもてなしたい」、小川町長は「カヌーの事前合宿受け入れとなるが、地元の中高校生との交流でカヌー競技の発展につながることを期待する」と期待感を語った。

 ジュラフスキ会長によると、モルドバからはカヌーをはじめ、陸上、水泳、レスリング、柔道、重量挙げ、アーチェリーなどの個人競技を中心に、東京五輪への出場を狙う。ジュラフスキ会長は「ヨーロッパ選手権、世界選手権でも良い結果を出している。選手がなるべく早く日本の気候、食事に慣れるようにしたい。オリンピックには素晴らしい出会いがある。地域との交流、日本のトップ選手たちとの交流も積極的にやりたい」と語った。

事前合宿の合意書に調印した左から皆川市長、ジュラフスキ会長、小川町長=鶴岡市役所

関連記事

長野日報社

夜空へ音楽に乗せ 諏訪湖サマーナイト花火開幕

 諏訪市の諏訪湖畔で花火を連日打ち上げる「諏訪湖サマーナイト花火」(諏訪観光協会と諏訪湖温泉旅館組合でつくる実行委員会主催)が22日夜、開幕した。音楽に乗せて色鮮やかな花火が夜空を彩っている。 ...

恐竜の化石修復体験

豊橋市自然史博物館で実物を使い  恐竜の実物化石の修復体験が22日、豊橋市自然史博物館であり、抽選で選ばれた静岡県浜松市東区の市原厳さん57一家が、ゴーグルを装着しながら学芸員が使う道具で破片の接着...

やっと夏本番 ビアガーデンやイカダくだり 十勝

 十勝地方は21日に帯広が道内一の暑さとなるなど夏らしさが戻り、まちもこの時期の風物詩でにぎやかさを増している。22日には河川の増水で延期されていた「第46回十勝川イカダ下り」が行われ、48チーム...

北羽新報社

夜空彩り1万5千発/能代の花火

 第16回港まつり能代の花火は21日、能代港下浜ふ頭を観覧会場に開かれ、1万5千発の花火が夏の夜空を華々しく彩った。約1時間30分にわたる25の演目では、3尺玉が直径600㍍の光の大輪を咲かせたほか、速射連発花...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク