全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

東京五輪・パラリンピックのモルドバ選手 事前合宿受け入れ

 2020東京五輪・パラリンピックに向け、鶴岡市と西川町は2日、ホストタウン対象国となっている東欧のモルドバ共和国と選手の事前合宿受け入れに関する合意書に調印した。モルドバ側は来年の早い時期に合宿を行う考えを示した。

 鶴岡市役所で調印式が行われ、皆川治鶴岡市長、小川一博西川町長、モルドバオリンピックスポーツ委員会のニコラエ・ジュラフスキ会長が合意書に署名した。カヌー競技でソウル五輪で金、アトランタ五輪で銀メダルを獲得したジュラフスキ会長は「歴史的な調印になった。各施設とも素晴らしく、合宿によって良い成績が出せるだろう」と述べ、皆川市長は「ユネスコ食文化創造都市として、食でも選手たちをもてなしたい」、小川町長は「カヌーの事前合宿受け入れとなるが、地元の中高校生との交流でカヌー競技の発展につながることを期待する」と期待感を語った。

 ジュラフスキ会長によると、モルドバからはカヌーをはじめ、陸上、水泳、レスリング、柔道、重量挙げ、アーチェリーなどの個人競技を中心に、東京五輪への出場を狙う。ジュラフスキ会長は「ヨーロッパ選手権、世界選手権でも良い結果を出している。選手がなるべく早く日本の気候、食事に慣れるようにしたい。オリンピックには素晴らしい出会いがある。地域との交流、日本のトップ選手たちとの交流も積極的にやりたい」と語った。

事前合宿の合意書に調印した左から皆川市長、ジュラフスキ会長、小川町長=鶴岡市役所

関連記事

鵜飼U子さん「特別切手シート」販売

本紙4コマ漫画「東さんち」連載5000回突破記念  東愛知新聞の4コマ漫画「東(ひがし)さんち」が連載5000回を超えたのを記念して作者の鵜飼U子さんが「特別切手シート」を作成しました。注文は郵...

紀伊民報社

「南高」の梅干し 塩にこだわり商品化へ

 県農の子会社である和歌山ノーキョー食品工業(本社・海南市)は、紀南地方で栽培が盛んな梅の主力品種「南高」の梅干しを、基本的な原料である塩にこだわって商品化に乗り出した。全国の約50種の塩で試作...

荘内日報社

小堅保育園児 地域と一緒に育てた在来野菜 「波渡なす」ミュージカルに

 ぼくたちのおなかでそだてたなすが ぼくといっしょにおおきくなった♪―。鶴岡市の小堅保育園(土岐育子園長、園児17人)の園児たちが、地域の人たちと交流しながら育てた在来作物「波渡(はと)なす」を取り上...

出来秋!胆振東部の農家に不安の声 収穫への影響懸念

 出来秋を迎えた胆振東部で、稲刈りを目前にした地域の農家や農協から不安の声が出ている。例年9月下旬に作業に入るが、むかわ町では収穫した米を乾燥させる鵡川農協の施設が地震で損傷し、使えない状況に。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク