全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

奄美―沖縄間新ルート就航 島巡り、交流人口拡大に期待 JAC

JACアイランドホッピングルート開設をテープカットで祝う記念セレモニー出席者=1日、奄美市笠利町の奄美空港

 日本エアコミューター(JAC、本社霧島市)は1日、奄美大島―徳之島―沖永良部島―沖縄本島を結ぶ「アイランドホッピングルート」を開設した。起点となる奄美空港(鹿児島県奄美市笠利町)で記念セレモニーがあり、行政、観光関係者らが新路線誕生を喜び、交流人口拡大に期待する声を寄せた。一方、台風7号の影響で他空港でのセレモニーは中止され、初便も沖永良部空港で運航打ち切りとなった。

 奄美空港でのセレモニーで県大島支庁の松本俊一支庁長は「新規開設で、よりたくさんの観光客が異なる各島の魅力を味わえる。世界自然遺産登録へ向けた沖縄との連携強化にも期待したい」とあいさつ。

 朝山毅奄美市長は「個性豊かな島々を結ぶ観光ルートになる。航空各社の奄美へ懸ける思いを受け止め、群島12市町村一丸でさらなる発展に取り組みたい」と述べた。

 搭乗ゲートではセレモニー参加者によるテープカットもあった。徳之島行きの第1便搭乗客22人には初便搭乗証明書や奄美大島、喜界島の特産品などの記念品が贈られた。

 仕事で搭乗した徳之島在住の男性医師(61)は「仕事、私用で沖永良部や奄美の各島に行く機会は多い。乗り継ぎが無くなるのは便利」と喜んでいた。

 アイランドホッピングルートでは島伝いに1日1往復計6便が運航する。機材は48人乗りATR42―600型機。

 同ルートのうち徳之島―沖永良部、沖永良部―那覇(沖縄本島)は新設で、島間移動の利便性向上が期待されている。一方、ダイヤ変更によって徳之島―奄美は午前便がなくなり午後2便体制となった。奄美―沖永良部―与論線も改変され、奄美―与論の直行1往復となった。

 一部路線で不便さを指摘する声も上がっていることについて、JACの加藤洋樹社長は「現在、2機種から1機種への統一を進めている。機体が統一されればダイヤを改善できる」と説明。「新規開設路線の7月の予約状況は従来路線の約2倍と順調な滑り出し。各航路年間2万人の利用を目指す」と目標を掲げた。 JACアイランドホッピ

関連記事

長野日報社

上諏訪温泉街の山の幸今年も 旅荘二葉にジコボウ

 諏訪市湖岸通り4の旅館「旅荘二葉」の玄関前の庭に、ジコボウ(ハナイグチ)が60本ほど顔を出している。毎年生えて話題になり、鑑賞用として周辺住民も楽しむ、上諏訪温泉街の山の幸。今年はタイミング...

ワールドサーフィンゲームス男子決勝

五十嵐カノアが2位  田原市赤羽根町のロングビーチで行われている世界最高峰のサーフィン大会「2018アーバンリサーチISAワールドサーフィンゲームス」(国際サーフィン連盟=ISA=主催)は19日、男...

荘内日報社

鶴岡の「海の食文化」学ぶ 「エコール辻 東京」学生が視察研修

 国内唯一のユネスコ食文化創造都市である鶴岡市と「ガストロノミー包括連携協定」を結ぶ辻調理師専門学校(大阪市)のグループ校「エコール辻 東京」(東京都国立市)の学生6人が、食をテーマにした視察研修の...

故郷の平穏、大太鼓に込め 厚真出身の畑嶋春美さんが慰問公演

 胆振東部地震による土砂崩れで亡くなった厚真町朝日の畑島武司さん(86)、富子さん(81)の親戚で、同町出身の畑嶋春美さん(25)=神戸市在住=が18日、全国各地でコンサート活動を行うプロの和太...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク