全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

女子ラグビー日本代表候補が合宿

歓迎セレモニーでダンスを披露する潮岬幼稚園の園児(2日、串本町サンゴ台で)

 7人制ラグビー女子日本代表「サクラセブンズ」の候補選手が2日、和歌山県串本町サンゴ台の町総合運動公園で合宿を始めた。全ての競技で日本代表や代表候補が串本町で合宿するのは初めて。7日まで滞在し、今月下旬にアメリカで開かれる世界大会に向けて練習を続ける。

 県は、来年に東京都であるラグビーワールドカップ、再来年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、日本代表チームやトッププロチームのキャンプ誘致に力を入れている。串本町は、2015年に県内であった国体では7人制ラグビーの会場になっており、今回、グラウンドの近くにホテルがあるなど環境の良さから合宿地に選ばれたという。  7人制ラグビーは東京オリンピックでも正式種目。女子日本代表は昨年9、10月にあった「アジアラグビーセブンズシリーズ2017」でシリーズ優勝を果たし、本大会の出場権を獲得した。  本大会「ラグビーワールドカップセブンズ2018」は今月20~22日にアメリカ・サンフランシスコで開かれる。串本町は大会直前の合宿地で、リオオリンピックにも出場したキャプテンの中村知春選手(アルカス・クイーン・クマガヤ所属)や大黒田裕芽選手(同)ら代表候補14人と稲田仁ヘッドコーチらスタッフ11人が参加した。  2日には公園内の多目的グラウンドで歓迎セレモニーがあった。町内にある潮岬幼稚園の4、5歳児17人がアニメ「ドラえもん」の主題曲に合わせ、かわいらしいダンスを披露。選手と交流した。田嶋勝正町長や県ラグビーフットボール協会の上野幸治会長らが串本名物の「なんたん水」や「ポンカンジュース」などを贈り、歓迎した。  田嶋町長は「大会直前の合宿地としてこのグラウンドを選んでくれてありがたい。ここで練習し、本番では素晴らしいプレーをしていただきたい」と激励。中村選手は「この素晴らしい環境や芝生に感謝したい。今、盛り上がっているサッカーに負けず、トップ8を目指したい」と力強く語った。  7日まで毎日、試合形式で練習したり、ウエートトレーニングをしたりする。

関連記事

干支の置物制作

ワークス岩西で連日作業に励む  豊橋市高師町の多機能型事業所・就労継続支援A型事業所「ワークス岩西」(坂神美惠所長)で、今年も主力製品の1つである陶の「干支(えと)置物」を販売中。昨年好評だったこ...

荘内日報社

北海道石狩市 国指定史跡「荘内藩ハママシケ陣屋跡」 復元へ鶴岡に協力要請

 北海道石狩市浜益区に、幕末に幕府の命を受け北方警備のために庄内藩が築いた国指定史跡「荘内藩ハママシケ陣屋跡」がある。この庄内藩ゆかりの史跡の保存と活用に向け、石狩市教育委員会や札幌山形県人会など...

紀伊民報社

白浜沖に浮き魚礁 ケンケン漁の漁場づくり

 和歌山県は、ケンケン漁(ひき縄漁)の漁場を紀南近海につくるため、11月中に表層型浮き魚礁3基を白浜町沖に設置する。浮き魚礁の事業は2012年度から始まり、3基投入したが、沈没や漂流ですべて失っ...

宇部日報社

学校栄養士がはなっこりー産地見学

 はなっこりーの産地見学会は19日、山口市名田島の農園で開かれた。市内の学校栄養士6人が栽培状況の解説や農園の見学を通して、地元産農産物への理解を深めた。山口地域地物普及推進協議会(時乗佳央会長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク