全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

女子ラグビー日本代表候補が合宿

歓迎セレモニーでダンスを披露する潮岬幼稚園の園児(2日、串本町サンゴ台で)

 7人制ラグビー女子日本代表「サクラセブンズ」の候補選手が2日、和歌山県串本町サンゴ台の町総合運動公園で合宿を始めた。全ての競技で日本代表や代表候補が串本町で合宿するのは初めて。7日まで滞在し、今月下旬にアメリカで開かれる世界大会に向けて練習を続ける。

 県は、来年に東京都であるラグビーワールドカップ、再来年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、日本代表チームやトッププロチームのキャンプ誘致に力を入れている。串本町は、2015年に県内であった国体では7人制ラグビーの会場になっており、今回、グラウンドの近くにホテルがあるなど環境の良さから合宿地に選ばれたという。  7人制ラグビーは東京オリンピックでも正式種目。女子日本代表は昨年9、10月にあった「アジアラグビーセブンズシリーズ2017」でシリーズ優勝を果たし、本大会の出場権を獲得した。  本大会「ラグビーワールドカップセブンズ2018」は今月20~22日にアメリカ・サンフランシスコで開かれる。串本町は大会直前の合宿地で、リオオリンピックにも出場したキャプテンの中村知春選手(アルカス・クイーン・クマガヤ所属)や大黒田裕芽選手(同)ら代表候補14人と稲田仁ヘッドコーチらスタッフ11人が参加した。  2日には公園内の多目的グラウンドで歓迎セレモニーがあった。町内にある潮岬幼稚園の4、5歳児17人がアニメ「ドラえもん」の主題曲に合わせ、かわいらしいダンスを披露。選手と交流した。田嶋勝正町長や県ラグビーフットボール協会の上野幸治会長らが串本名物の「なんたん水」や「ポンカンジュース」などを贈り、歓迎した。  田嶋町長は「大会直前の合宿地としてこのグラウンドを選んでくれてありがたい。ここで練習し、本番では素晴らしいプレーをしていただきたい」と激励。中村選手は「この素晴らしい環境や芝生に感謝したい。今、盛り上がっているサッカーに負けず、トップ8を目指したい」と力強く語った。  7日まで毎日、試合形式で練習したり、ウエートトレーニングをしたりする。

関連記事

鵜飼U子さん「特別切手シート」販売

本紙4コマ漫画「東さんち」連載5000回突破記念  東愛知新聞の4コマ漫画「東(ひがし)さんち」が連載5000回を超えたのを記念して作者の鵜飼U子さんが「特別切手シート」を作成しました。注文は郵...

紀伊民報社

「南高」の梅干し 塩にこだわり商品化へ

 県農の子会社である和歌山ノーキョー食品工業(本社・海南市)は、紀南地方で栽培が盛んな梅の主力品種「南高」の梅干しを、基本的な原料である塩にこだわって商品化に乗り出した。全国の約50種の塩で試作...

荘内日報社

小堅保育園児 地域と一緒に育てた在来野菜 「波渡なす」ミュージカルに

 ぼくたちのおなかでそだてたなすが ぼくといっしょにおおきくなった♪―。鶴岡市の小堅保育園(土岐育子園長、園児17人)の園児たちが、地域の人たちと交流しながら育てた在来作物「波渡(はと)なす」を取り上...

出来秋!胆振東部の農家に不安の声 収穫への影響懸念

 出来秋を迎えた胆振東部で、稲刈りを目前にした地域の農家や農協から不安の声が出ている。例年9月下旬に作業に入るが、むかわ町では収穫した米を乾燥させる鵡川農協の施設が地震で損傷し、使えない状況に。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク