全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

女子ラグビー日本代表候補が合宿

歓迎セレモニーでダンスを披露する潮岬幼稚園の園児(2日、串本町サンゴ台で)

 7人制ラグビー女子日本代表「サクラセブンズ」の候補選手が2日、和歌山県串本町サンゴ台の町総合運動公園で合宿を始めた。全ての競技で日本代表や代表候補が串本町で合宿するのは初めて。7日まで滞在し、今月下旬にアメリカで開かれる世界大会に向けて練習を続ける。

 県は、来年に東京都であるラグビーワールドカップ、再来年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、日本代表チームやトッププロチームのキャンプ誘致に力を入れている。串本町は、2015年に県内であった国体では7人制ラグビーの会場になっており、今回、グラウンドの近くにホテルがあるなど環境の良さから合宿地に選ばれたという。  7人制ラグビーは東京オリンピックでも正式種目。女子日本代表は昨年9、10月にあった「アジアラグビーセブンズシリーズ2017」でシリーズ優勝を果たし、本大会の出場権を獲得した。  本大会「ラグビーワールドカップセブンズ2018」は今月20~22日にアメリカ・サンフランシスコで開かれる。串本町は大会直前の合宿地で、リオオリンピックにも出場したキャプテンの中村知春選手(アルカス・クイーン・クマガヤ所属)や大黒田裕芽選手(同)ら代表候補14人と稲田仁ヘッドコーチらスタッフ11人が参加した。  2日には公園内の多目的グラウンドで歓迎セレモニーがあった。町内にある潮岬幼稚園の4、5歳児17人がアニメ「ドラえもん」の主題曲に合わせ、かわいらしいダンスを披露。選手と交流した。田嶋勝正町長や県ラグビーフットボール協会の上野幸治会長らが串本名物の「なんたん水」や「ポンカンジュース」などを贈り、歓迎した。  田嶋町長は「大会直前の合宿地としてこのグラウンドを選んでくれてありがたい。ここで練習し、本番では素晴らしいプレーをしていただきたい」と激励。中村選手は「この素晴らしい環境や芝生に感謝したい。今、盛り上がっているサッカーに負けず、トップ8を目指したい」と力強く語った。  7日まで毎日、試合形式で練習したり、ウエートトレーニングをしたりする。

関連記事

家がない! 工事関係者増で賃貸不足 奄美市、異動シーズン危惧の声

 異動シーズンを前に、鹿児島県奄美市名瀬市街地の賃貸物件に空室がない事態が起きている。背景には奄美市新庁舎や、3月に完了予定の陸上自衛隊の駐屯地建設など、地域外労働者の宿舎不足が影響しているとみ...

自慢のそり 幕別・忠類快走

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

将来のまちづくり提案 児童生徒が意見交わす 石垣市民憲章推進協議会

 石垣市内の子どもたちが住みよい街づくりを考えるワークショップ(石垣市民憲章推進協議会主催)が16日午後、石垣市健康福祉センター視聴覚室で開かれ、平真小学校の児童と石垣第二中学校の生徒計33人が「...

長野日報社

「居酒屋公民館」を体感 伊那市横山で交流ツアー

 伊那市横山で16日、横山公民館での寄り合い「居酒屋公民館」を体感してもらう交流ツアーがあった。市内外からの参加者と横山区民、市職員ら約40人が、住民たちが用意した心づくしの料理を囲んで歓談。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク