全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

十勝のファン未明に声援 W杯8強ならず

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は3日未明、日本代表が初のベスト8進出を懸けて強豪ベルギーと対戦した。午前3時のキックオフにもかかわらず十勝からも熱い声援が送られ、逆転負けはしたものの健闘をたたえる声が相次いだ。期待を上回る快進撃を受け、帯広市内のスポーツ用品店では日本代表グッズの需要が急増。1次リーグで敗退した4年前の前回大会に比べ、売れ行きが2倍になった店もある。

前半終了間際、日本代表のチャンスシーンに沸くサッカーファン

 市内のアイリッシュパブ「ゴールウェイ」(西2南10、大屋竜人店長)にはベルギー戦に合わせて約50人のファンが集まり、歓声と熱気に包まれた。市内から訪れた古舘拓也さん(29)は「日本に勝ってほしい。柴崎岳選手のかっこいい姿が見たい」と期待した。

 試合はベルギーに攻め込まれる場面も多かったが、ゴールキーパーの川島永嗣選手のファインセーブに大歓声が起こった。同点で折り返した後半3分、日本は原口元気選手が先制ゴール。続けて7分に乾貴士選手もシュートを決めると、盛り上がりは最高潮に達した。しかし、試合終了間際に逆転を許し、店内は落胆のため息に包まれた。

 市内の山神まいさん(21)は「試合は惜しかったけれど、最後まで盛り上がった」とし、友人の吉冨琴音さん(21)は「やり切ったという感じがある」。大屋店長は「良い試合だったのでとにかく悔しい。もう1試合やりたかった」と接戦を振り返った。

 市内の自宅でテレビ観戦した帯広北高校サッカー部の片桐聡監督(34)は「西野(朗)監督は最後まで攻める姿勢を見せ、将来のビジョンを示した。次のW杯、さらにその次のW杯で、ベスト8だけでなく優勝へ勝ち進むきっかけとなるような試合運びかもしれない」と感心した。

日本代表の活躍を受け、ユニホーム需要が急増するスポーツ用品店(ゼビオ帯広いっきゅう店)

 開幕前は日本代表への期待が低く、グッズの売れ行きは鈍かったが、代表の勢いとともに急上昇した。

 スーパースポーツゼビオ帯広いっきゅう店(西19南2)では、初戦で格上のコロンビアに勝利した直後から日本代表ユニホームの売り上げが急増。コロンビア戦で活躍した大迫勇也、柴崎、香川真司、乾選手モデルは一時完売し、2戦目のセネガル戦で同点ゴールを決めた本田圭佑選手の人気も上がっている。他のグッズを含め、売り上げは前回大会の2倍に達した。

 同店は来店者に特製ミサンガをプレゼントし、日本代表を応援する機運を高めていた。菅井拓也マネジャーは「日本が勝ち進むごとに盛り上がりを実感した。この感動を忘れず、今後もサッカーを盛り上げていきたい」と話す。

 日本以外の出場国ユニホームも結果に応じて需要が変動。決勝トーナメントに進んだベルギーやアルゼンチン、ロシアなどは完売した。一方、優勝候補のため多く仕入れたが、まさかの1次リーグ敗退となった前回王者ドイツは売れ残っている。

 スポーツデポ帯広店(稲田町南8線)は、コロンビア戦の前日から日本代表グッズが売れ始めた。日本代表の試合当日に買い求める人も多く、売り上げは前回大会並みの水準に達したという。

関連記事

鵜飼U子さん「特別切手シート」販売

本紙4コマ漫画「東さんち」連載5000回突破記念  東愛知新聞の4コマ漫画「東(ひがし)さんち」が連載5000回を超えたのを記念して作者の鵜飼U子さんが「特別切手シート」を作成しました。注文は郵...

紀伊民報社

「南高」の梅干し 塩にこだわり商品化へ

 県農の子会社である和歌山ノーキョー食品工業(本社・海南市)は、紀南地方で栽培が盛んな梅の主力品種「南高」の梅干しを、基本的な原料である塩にこだわって商品化に乗り出した。全国の約50種の塩で試作...

荘内日報社

小堅保育園児 地域と一緒に育てた在来野菜 「波渡なす」ミュージカルに

 ぼくたちのおなかでそだてたなすが ぼくといっしょにおおきくなった♪―。鶴岡市の小堅保育園(土岐育子園長、園児17人)の園児たちが、地域の人たちと交流しながら育てた在来作物「波渡(はと)なす」を取り上...

出来秋!胆振東部の農家に不安の声 収穫への影響懸念

 出来秋を迎えた胆振東部で、稲刈りを目前にした地域の農家や農協から不安の声が出ている。例年9月下旬に作業に入るが、むかわ町では収穫した米を乾燥させる鵡川農協の施設が地震で損傷し、使えない状況に。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク