全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

海洋環境の保全について学ぶ 白保海岸の清掃も実施 石垣海保

ビーチクリーンで集めた漂着ごみなどを分別する参加者=6月30日午前、白保サンゴ村地先海岸

 石垣海上保安部(遠山純司部長)は6月30日、白保サンゴ村や同施設地先海岸で白保地域の住民や児童生徒を対象にした海洋環境学習やビーチクリーンを行い、約70人が参加した。  海洋環境保全思想や海の安全意識の普及啓発を目的に開催しており、昨年に続き2回目。

 海洋環境学習では、児童たちが漂着ごみの発生の仕方や、東日本大震災で宮城県南三陸町から西表島に漂着したポスト、海洋危険生物などについて同保安部職員から説明を受けた。サンゴ村の職員や保護者対象の心肺蘇生法講習もあった。  ビーチクリーンでは、収集したペットボトルがどこから漂着したかを、白保小学校の児童たちが調査。その結果、中国が1番多かった。

 松井咲希さん(白保小5年)は「韓国が1番多いと思っていたが、一つもなくて驚いた。プラスチックのごみが意外と多かった。海に来る機会があれば、ごみを拾って帰りたい」、同校バレーボール部員の西村楓花さん(同)は「部員10人全員で参加した。南三陸町から西表島までポストが流れてきた話にはびっくりした。外国からの漂着ごみは長い距離なのにどうやって流れ着いているのか不思議。機会があれば漂着ごみについて調べてみたい」とそれぞれ語った。

 遠山部長は「海の安全に理解を深め、海をきれいにする大切さや大変さを知ってもらえたら」と期待した。  第11管区海上保安本部石垣航空基地所属のヘリが訓練終了後に同海岸に立ち寄り、職員が手を降って子どもたちを激励した。

関連記事

干支の置物制作

ワークス岩西で連日作業に励む  豊橋市高師町の多機能型事業所・就労継続支援A型事業所「ワークス岩西」(坂神美惠所長)で、今年も主力製品の1つである陶の「干支(えと)置物」を販売中。昨年好評だったこ...

荘内日報社

北海道石狩市 国指定史跡「荘内藩ハママシケ陣屋跡」 復元へ鶴岡に協力要請

 北海道石狩市浜益区に、幕末に幕府の命を受け北方警備のために庄内藩が築いた国指定史跡「荘内藩ハママシケ陣屋跡」がある。この庄内藩ゆかりの史跡の保存と活用に向け、石狩市教育委員会や札幌山形県人会など...

紀伊民報社

白浜沖に浮き魚礁 ケンケン漁の漁場づくり

 和歌山県は、ケンケン漁(ひき縄漁)の漁場を紀南近海につくるため、11月中に表層型浮き魚礁3基を白浜町沖に設置する。浮き魚礁の事業は2012年度から始まり、3基投入したが、沈没や漂流ですべて失っ...

宇部日報社

学校栄養士がはなっこりー産地見学

 はなっこりーの産地見学会は19日、山口市名田島の農園で開かれた。市内の学校栄養士6人が栽培状況の解説や農園の見学を通して、地元産農産物への理解を深めた。山口地域地物普及推進協議会(時乗佳央会長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク