全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

公益大後援会総会講演会 世界的建築家・安藤さん語る

 2010年に文化勲章を受けた世界的建築家、安藤忠雄さん(76)=東京大名誉教授=を講師に招いた講演会が28日、酒田市の東北公益文科大公益ホールで開かれた。超満員の聴衆に対し、安藤さんは「1週間に1回は感動して。感動があると元気になる」と呼び掛けた。

 公益大後援会(上野隆一会長)が本年度総会に合わせて企画したもの。安藤さんは1941年、大阪市生まれ。独学で勉強して建築家になった。69年に安藤忠雄建築研究所を設立。打ち放しコンクリートの住宅や商業建築が特徴で、代表作に光の教会(大阪府茨木市)、日本芸術大賞を受賞した大阪府立近つ飛鳥博物館(大阪府河南町)、表参道ヒルズ(東京都渋谷区)、地中美術館(香川県直島町)などがある。

 公益大の新田嘉一理事長とは旧知で酒田での講演は2008年7月以来、3回目。この日は「夢は自分でつくれ」と題して、これまで手掛けてきた建築物、交友関係のある人物などをスライドで紹介しながら講演。iPS細胞(人工多能性幹細胞)研究でノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥・京都大教授らの賛同を受け現在、大阪・中之島に児童図書館を建設する計画を進めており、「地球は一つ。これからは世界を見ながら生きていかなければいけない。世界を目指す人を育成したい。自らの意見をしっかりと言える子どもを育てたい」と、その思いを語った。

 また、米国の詩人、サミュエル・ウルマンの詩「青春」の一節「年を重ねただけで人は老いない。理想を失うときに初めて老いが来る」を解説し、理想や夢を持つ大切さを強調。2011年の東日本大震災発生後、ノーベル物理学賞受賞者の小柴昌俊さんらと設立した「桃・柿育英会 東日本大震災遺児育英資金」を紹介し、「助け合いの精神」の重要性を説いた。

 講演を前に、上野会長は「安藤先生の情熱、思いを市民や学生に伝えたいという新田理事長の思いから実現した講演会。忙しい中、快く講演を引き受けてくれた安藤先生に感謝」とあいさつした。

夢や目標を持つことの大切さを聴衆に説いた安藤さん

関連記事

鵜飼U子さん「特別切手シート」販売

本紙4コマ漫画「東さんち」連載5000回突破記念  東愛知新聞の4コマ漫画「東(ひがし)さんち」が連載5000回を超えたのを記念して作者の鵜飼U子さんが「特別切手シート」を作成しました。注文は郵...

紀伊民報社

「南高」の梅干し 塩にこだわり商品化へ

 県農の子会社である和歌山ノーキョー食品工業(本社・海南市)は、紀南地方で栽培が盛んな梅の主力品種「南高」の梅干しを、基本的な原料である塩にこだわって商品化に乗り出した。全国の約50種の塩で試作...

荘内日報社

小堅保育園児 地域と一緒に育てた在来野菜 「波渡なす」ミュージカルに

 ぼくたちのおなかでそだてたなすが ぼくといっしょにおおきくなった♪―。鶴岡市の小堅保育園(土岐育子園長、園児17人)の園児たちが、地域の人たちと交流しながら育てた在来作物「波渡(はと)なす」を取り上...

出来秋!胆振東部の農家に不安の声 収穫への影響懸念

 出来秋を迎えた胆振東部で、稲刈りを目前にした地域の農家や農協から不安の声が出ている。例年9月下旬に作業に入るが、むかわ町では収穫した米を乾燥させる鵡川農協の施設が地震で損傷し、使えない状況に。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク