全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

祈り通じた 歓喜の夜 日本決勝Tに沸く 帯広

サッカーファンで埋め尽くされ、熱気が充満する帯広市内のパブ「ゴールウェイ」

 28日夜に行われたサッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会の日本-ポーランド戦は0-1で日本が惜敗したが、同時刻のコロンビア-セネガル戦の結果により日本の予選リーグ通過が決まった。帯広市内の飲食店では決勝トーナメント進出に歓喜の声が上がった。

 市内のアイリッシュパブ「ゴールウェイ」(西2南10、大屋竜人店長)にはファンら約240人が集まった。午後11時のキックオフと同時に拍手が起こり、満員の店内はサッカーファンの熱気にあふれた。

 0-0で前半を折り返すと、後半14分にポーランドが先制。会場は大きなため息に包まれ、その後は祈るように画面を見つめるファンの姿も。試合終了後は、コロンビア-セネガル戦が終わるまでの数分間、全員が固唾をのんでその瞬間を待ち、予選リーグの通過が決まると大きな歓声と「日本コール」が沸き起こった。

 仕事終わりに友人同士で会場を訪れた、ともに市内の齊麻里花さん(26)は「試合には負けたが、結果的に決勝トーナメントに進むことができてうれしい」、留目翔子さん(26)は「これからはさらに強い国との試合になる。厳しい戦いが予想されるが、頑張ってほしい。また応援する」と話していた。

関連記事

鵜飼U子さん「特別切手シート」販売

本紙4コマ漫画「東さんち」連載5000回突破記念  東愛知新聞の4コマ漫画「東(ひがし)さんち」が連載5000回を超えたのを記念して作者の鵜飼U子さんが「特別切手シート」を作成しました。注文は郵...

紀伊民報社

「南高」の梅干し 塩にこだわり商品化へ

 県農の子会社である和歌山ノーキョー食品工業(本社・海南市)は、紀南地方で栽培が盛んな梅の主力品種「南高」の梅干しを、基本的な原料である塩にこだわって商品化に乗り出した。全国の約50種の塩で試作...

荘内日報社

小堅保育園児 地域と一緒に育てた在来野菜 「波渡なす」ミュージカルに

 ぼくたちのおなかでそだてたなすが ぼくといっしょにおおきくなった♪―。鶴岡市の小堅保育園(土岐育子園長、園児17人)の園児たちが、地域の人たちと交流しながら育てた在来作物「波渡(はと)なす」を取り上...

出来秋!胆振東部の農家に不安の声 収穫への影響懸念

 出来秋を迎えた胆振東部で、稲刈りを目前にした地域の農家や農協から不安の声が出ている。例年9月下旬に作業に入るが、むかわ町では収穫した米を乾燥させる鵡川農協の施設が地震で損傷し、使えない状況に。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク