全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

祈り通じた 歓喜の夜 日本決勝Tに沸く 帯広

サッカーファンで埋め尽くされ、熱気が充満する帯広市内のパブ「ゴールウェイ」

 28日夜に行われたサッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会の日本-ポーランド戦は0-1で日本が惜敗したが、同時刻のコロンビア-セネガル戦の結果により日本の予選リーグ通過が決まった。帯広市内の飲食店では決勝トーナメント進出に歓喜の声が上がった。

 市内のアイリッシュパブ「ゴールウェイ」(西2南10、大屋竜人店長)にはファンら約240人が集まった。午後11時のキックオフと同時に拍手が起こり、満員の店内はサッカーファンの熱気にあふれた。

 0-0で前半を折り返すと、後半14分にポーランドが先制。会場は大きなため息に包まれ、その後は祈るように画面を見つめるファンの姿も。試合終了後は、コロンビア-セネガル戦が終わるまでの数分間、全員が固唾をのんでその瞬間を待ち、予選リーグの通過が決まると大きな歓声と「日本コール」が沸き起こった。

 仕事終わりに友人同士で会場を訪れた、ともに市内の齊麻里花さん(26)は「試合には負けたが、結果的に決勝トーナメントに進むことができてうれしい」、留目翔子さん(26)は「これからはさらに強い国との試合になる。厳しい戦いが予想されるが、頑張ってほしい。また応援する」と話していた。

関連記事

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

宇部日報社

核廃絶願い 被爆者囲み茶話会 「さぽらんて」で原爆展【山口】

 山口市原爆被害者の会(永野和代会長)主催の原爆展が、道場門前2丁目の市民活動センター「さぽらんて」で開かれている。14日には展示会場で被爆者を囲んでの茶話会があり、13人が核兵器の根絶と世界...

ヤドリ浜で海開き 奄美大島瀬戸内町 地元高校生らも海岸清掃

 鹿児島県瀬戸内町蘇刈のヤドリ浜で13日、奄美せとうち観光協会主催の海開き神事が行われた。同協会マリンレジャー連絡会関係者や奄美せとうち海っ子クラブ所属の高校生ら約40人が参列し、海の安全を祈願...

21日に新昌寺で鳥居強右衛門の450回忌法要

 1575年にあった「長篠・設楽原の戦い」で長篠城を守ろうと奔走した足軽鳥居強右衛門(とりいすねえもん)の450回忌法要が、墓のある新城市有海の「新昌寺」で21日に営まれる。  強右衛門は長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク