全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

祈り通じた 歓喜の夜 日本決勝Tに沸く 帯広

サッカーファンで埋め尽くされ、熱気が充満する帯広市内のパブ「ゴールウェイ」

 28日夜に行われたサッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会の日本-ポーランド戦は0-1で日本が惜敗したが、同時刻のコロンビア-セネガル戦の結果により日本の予選リーグ通過が決まった。帯広市内の飲食店では決勝トーナメント進出に歓喜の声が上がった。

 市内のアイリッシュパブ「ゴールウェイ」(西2南10、大屋竜人店長)にはファンら約240人が集まった。午後11時のキックオフと同時に拍手が起こり、満員の店内はサッカーファンの熱気にあふれた。

 0-0で前半を折り返すと、後半14分にポーランドが先制。会場は大きなため息に包まれ、その後は祈るように画面を見つめるファンの姿も。試合終了後は、コロンビア-セネガル戦が終わるまでの数分間、全員が固唾をのんでその瞬間を待ち、予選リーグの通過が決まると大きな歓声と「日本コール」が沸き起こった。

 仕事終わりに友人同士で会場を訪れた、ともに市内の齊麻里花さん(26)は「試合には負けたが、結果的に決勝トーナメントに進むことができてうれしい」、留目翔子さん(26)は「これからはさらに強い国との試合になる。厳しい戦いが予想されるが、頑張ってほしい。また応援する」と話していた。

関連記事

長野日報社

夜空へ音楽に乗せ 諏訪湖サマーナイト花火開幕

 諏訪市の諏訪湖畔で花火を連日打ち上げる「諏訪湖サマーナイト花火」(諏訪観光協会と諏訪湖温泉旅館組合でつくる実行委員会主催)が22日夜、開幕した。音楽に乗せて色鮮やかな花火が夜空を彩っている。 ...

恐竜の化石修復体験

豊橋市自然史博物館で実物を使い  恐竜の実物化石の修復体験が22日、豊橋市自然史博物館であり、抽選で選ばれた静岡県浜松市東区の市原厳さん57一家が、ゴーグルを装着しながら学芸員が使う道具で破片の接着...

やっと夏本番 ビアガーデンやイカダくだり 十勝

 十勝地方は21日に帯広が道内一の暑さとなるなど夏らしさが戻り、まちもこの時期の風物詩でにぎやかさを増している。22日には河川の増水で延期されていた「第46回十勝川イカダ下り」が行われ、48チーム...

北羽新報社

夜空彩り1万5千発/能代の花火

 第16回港まつり能代の花火は21日、能代港下浜ふ頭を観覧会場に開かれ、1万5千発の花火が夏の夜空を華々しく彩った。約1時間30分にわたる25の演目では、3尺玉が直径600㍍の光の大輪を咲かせたほか、速射連発花...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク