全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

広尾出身・志村さんコーチで参戦 女子野球W杯

日本代表コーチとして、6連覇を目指して意気込みを見せる志村さん

 広尾町出身の志村亜貴子さん(35)が、8月22日から米国フロリダで開かれる「第8回WBSC女子野球ワールドカップ(W杯)」で、侍ジャパン女子代表(マドンナ・ジャパン)のコーチを務める。過去6回、選手として出場し、うち3回は主将としてチームをけん引してきた志村さんだが、“指導者”として初めて臨むW杯。28日からは新潟で最終合宿が始まり、「勝たせなくてはいけない立場。責任は重いが、6連覇を目指す」と意気込んでいる。

 志村さんは広尾第二小(現広尾小)、広尾中、広尾高校、道浅井学園大(現北翔大)卒。現在は都内荒川区・原中学校の非常勤講師で教科専門指導員として働き、野球部の指導もしながら、社会人チームに所属している。2006年から代表入り。12年大会からは主将を務めた。

 今回、初めてコーチとして挑むことには「代表のユニホームを着て戦うことに変わりはない」ときっぱり。背番号はこれまでの「8」から「80」に。「8は絶対入れたかった」とこだわりを見せた。

 橘田恵監督から直接、電話でコーチ就任を打診された。メンバーも若手が増えた中で、代表経験豊富な現役選手として、気付いたことを随時選手に伝えてほしいと頼まれている。社会人チームで現役を続ける志村さんにとっては「(コーチは)勉強になることが多い」という。

 選手には気心の知れた前回までのチームメートもいて、若い人には彼女らを通じてそれとなく志村さんの気付きを伝えてもらうことも。「監督をしっかりとサポートしたい」と語る。

 新潟合宿については「どのチームも日本を倒しに来る。特に開催地のアメリカは力を入れてくるだろう。練習試合も勝ちにこだわってやるように伝えようと思う」と本番さながらの緊張感を持って臨む。

 女子野球に懸ける思いは誰よりも強い。5連覇した前回W杯を振り返り、「今まで勝ち続けてきたこともあり、女子野球が知られるようになった。チーム数も増えている。代表が勝つことで発展にはつながっている」とみる。そして十勝の人たちには「女子野球を見たことのない人もいると思う。必ず何か伝わるものがあると思うので、ぜひ応援してほしい」と呼び掛けている。

関連記事

家がない! 工事関係者増で賃貸不足 奄美市、異動シーズン危惧の声

 異動シーズンを前に、鹿児島県奄美市名瀬市街地の賃貸物件に空室がない事態が起きている。背景には奄美市新庁舎や、3月に完了予定の陸上自衛隊の駐屯地建設など、地域外労働者の宿舎不足が影響しているとみ...

自慢のそり 幕別・忠類快走

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

将来のまちづくり提案 児童生徒が意見交わす 石垣市民憲章推進協議会

 石垣市内の子どもたちが住みよい街づくりを考えるワークショップ(石垣市民憲章推進協議会主催)が16日午後、石垣市健康福祉センター視聴覚室で開かれ、平真小学校の児童と石垣第二中学校の生徒計33人が「...

長野日報社

「居酒屋公民館」を体感 伊那市横山で交流ツアー

 伊那市横山で16日、横山公民館での寄り合い「居酒屋公民館」を体感してもらう交流ツアーがあった。市内外からの参加者と横山区民、市職員ら約40人が、住民たちが用意した心づくしの料理を囲んで歓談。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク