全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

忘勿石の碑で平和宣言 大原中生、犠牲者の冥福祈る

南風見田の浜、忘勿石の碑の前で平和集会を開いた大原中学校の生徒ら=20日、同碑前

 【西表】大原中学校(垣花正人校長)の平和集会がこのほど、南風見田の浜、忘勿石の碑の前で開かれた。

 同地は戦争マラリア禍の戦跡であり、第2次大戦末期、軍命により波照間島民1500人がマラリア有病地の西表島に強制疎開させられ罹患(りかん)し多くの住民が命を落とした。疎開から戻った波照間島でもさらにマラリアは猛威を奮い、島民の3分の1の488人が亡くなった。

 同地で波照間国民学校の識名信升校長が「忘勿石」と刻んだ石が戦後発見され、1953年に波照間出身者ら地元有志によって建てられた「忘勿石の碑」には80人余りの犠牲者の名が刻まれている。  平和集会で生徒らは慰霊碑に花と黙とうをささげ「大切なものを奪う戦争を二度と起こさない。歴史や世界を知り、自分のやるべきことをやり、少しでも平和につながる努力をする」と平和への決意を宣言した。

 集会では、養護教諭の友利真理子さんが、疎開体験者の義母、豊原在住の友利フジ子さん(85、当時10歳)に代わって講話。友利教諭は「ばあちゃんは、皆に話して聞かせたくても、ここに来ると恐怖や悲しみが思い出されて夜も眠れなくなる。ほんの一部だが私が聞いた事を伝えたい」と、忘勿石の悲劇を語り、「人を人で無くすのが戦争。戦では何もかも無くなるよ。今が平和だから良いではなく、中学生の皆の子どもや孫までも平和であるように、この話を語り継いでほしい」とフジ子さんの言葉を伝えた。  生徒らは海のかなたの波照間島に向かい鎮魂の合唱を送った。

関連記事

宇部日報社

「歓喜の歌」高らかに 記念会館でHAPPY END2019【宇部】

 「第九『歓喜の歌』でHAPPY END2019」は15日、宇部市の記念会館であり、137人の市民合唱団と宇部市民オーケストラを中心にした管弦楽団54人の音色が、ホールいっぱいに響きわたった。第...

陸別町のキャラが菓子に たい焼き風

 商業活性化施設コミュニティプラザ☆ぷらっと内のコミュニティスペースぷらっと広場で営業する「K’Sキッチン・陸別ラーメン」は、陸別町のマスコットキャラクターをかたどった「しばれくん・つららちゃん焼...

釧路新聞社

白糠に地熱開発専門学校【白糠】

再生可能エネルギーを活用した事業で地域活性化に取り組む「町おこしエネルギー」(兵庫県加古川市・沼田昭二社長)は、地熱開発の掘削技術者を養成する全国初の「掘削技術専門学校」を白糠町の釧白工業団地内...

空のお仕事楽しく学ぶ 36組72人の親子が参加 ANA石垣島就航30周年記念

 全日空(ANA)の石垣島就航30周年を記念したイベント「羽ばたく輝く ひこうき教室」(全日本空輸㈱石垣支店など主催)が14日、南ぬ島石垣空港旅客ターミナルで行われ、36組72人の親子が航空会社の仕事...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク