全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

忘勿石の碑で平和宣言 大原中生、犠牲者の冥福祈る

南風見田の浜、忘勿石の碑の前で平和集会を開いた大原中学校の生徒ら=20日、同碑前

 【西表】大原中学校(垣花正人校長)の平和集会がこのほど、南風見田の浜、忘勿石の碑の前で開かれた。

 同地は戦争マラリア禍の戦跡であり、第2次大戦末期、軍命により波照間島民1500人がマラリア有病地の西表島に強制疎開させられ罹患(りかん)し多くの住民が命を落とした。疎開から戻った波照間島でもさらにマラリアは猛威を奮い、島民の3分の1の488人が亡くなった。

 同地で波照間国民学校の識名信升校長が「忘勿石」と刻んだ石が戦後発見され、1953年に波照間出身者ら地元有志によって建てられた「忘勿石の碑」には80人余りの犠牲者の名が刻まれている。  平和集会で生徒らは慰霊碑に花と黙とうをささげ「大切なものを奪う戦争を二度と起こさない。歴史や世界を知り、自分のやるべきことをやり、少しでも平和につながる努力をする」と平和への決意を宣言した。

 集会では、養護教諭の友利真理子さんが、疎開体験者の義母、豊原在住の友利フジ子さん(85、当時10歳)に代わって講話。友利教諭は「ばあちゃんは、皆に話して聞かせたくても、ここに来ると恐怖や悲しみが思い出されて夜も眠れなくなる。ほんの一部だが私が聞いた事を伝えたい」と、忘勿石の悲劇を語り、「人を人で無くすのが戦争。戦では何もかも無くなるよ。今が平和だから良いではなく、中学生の皆の子どもや孫までも平和であるように、この話を語り継いでほしい」とフジ子さんの言葉を伝えた。  生徒らは海のかなたの波照間島に向かい鎮魂の合唱を送った。

関連記事

石垣青年会 竹とんぼ作りに挑戦 親子連れなど30人参加

 第4回いしゃなぎら字会学級「おやこで竹とんぼをつくろう」(石垣青年会主催)が18日午後、石垣公民館で開かれ、親子連れなど約30人が昔から伝わる竹とんぼ作りに挑戦した。  竹とんぼ作りは、昔から...

長野日報社

キツネノカミソリが見頃 岡谷の出早公園で観察会

 長野県岡谷市長地の出早公園で、キツネノカミソリが見頃を迎えている。今年は梅雨が長かった影響で、例年よりも約1週間開花が遅いという。オレンジ色の細長い花びらを付けた花がじゅうたんのように広がり...

「ツルヒヨドリ」を駆除 特定外来生物指定の植物 西表石垣パークボラ

 【西表】環境省により特定外来生物に指定される植物「ツルヒヨドリ」の駆除作業が10日、白浜地区で行われ、西表石垣パークボランティアのメンバーらが水路内に繁茂したツルヒヨドリを手作業で抜き取った。 ...

長野日報社

夏休みの思い出を新聞に 長野日報社で親子体験

 長野日報社は17日、小学生と保護者を対象にした「夏休み思い出写真新聞づくり」を諏訪市高島3の本社で開いた。諏訪地方から8組の親子が参加。家族で訪れた海水浴や旅行の写真を持ち寄り、A3判の“オリ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク