全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

忘勿石の碑で平和宣言 大原中生、犠牲者の冥福祈る

南風見田の浜、忘勿石の碑の前で平和集会を開いた大原中学校の生徒ら=20日、同碑前

 【西表】大原中学校(垣花正人校長)の平和集会がこのほど、南風見田の浜、忘勿石の碑の前で開かれた。

 同地は戦争マラリア禍の戦跡であり、第2次大戦末期、軍命により波照間島民1500人がマラリア有病地の西表島に強制疎開させられ罹患(りかん)し多くの住民が命を落とした。疎開から戻った波照間島でもさらにマラリアは猛威を奮い、島民の3分の1の488人が亡くなった。

 同地で波照間国民学校の識名信升校長が「忘勿石」と刻んだ石が戦後発見され、1953年に波照間出身者ら地元有志によって建てられた「忘勿石の碑」には80人余りの犠牲者の名が刻まれている。  平和集会で生徒らは慰霊碑に花と黙とうをささげ「大切なものを奪う戦争を二度と起こさない。歴史や世界を知り、自分のやるべきことをやり、少しでも平和につながる努力をする」と平和への決意を宣言した。

 集会では、養護教諭の友利真理子さんが、疎開体験者の義母、豊原在住の友利フジ子さん(85、当時10歳)に代わって講話。友利教諭は「ばあちゃんは、皆に話して聞かせたくても、ここに来ると恐怖や悲しみが思い出されて夜も眠れなくなる。ほんの一部だが私が聞いた事を伝えたい」と、忘勿石の悲劇を語り、「人を人で無くすのが戦争。戦では何もかも無くなるよ。今が平和だから良いではなく、中学生の皆の子どもや孫までも平和であるように、この話を語り継いでほしい」とフジ子さんの言葉を伝えた。  生徒らは海のかなたの波照間島に向かい鎮魂の合唱を送った。

関連記事

家がない! 工事関係者増で賃貸不足 奄美市、異動シーズン危惧の声

 異動シーズンを前に、鹿児島県奄美市名瀬市街地の賃貸物件に空室がない事態が起きている。背景には奄美市新庁舎や、3月に完了予定の陸上自衛隊の駐屯地建設など、地域外労働者の宿舎不足が影響しているとみ...

自慢のそり 幕別・忠類快走

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

将来のまちづくり提案 児童生徒が意見交わす 石垣市民憲章推進協議会

 石垣市内の子どもたちが住みよい街づくりを考えるワークショップ(石垣市民憲章推進協議会主催)が16日午後、石垣市健康福祉センター視聴覚室で開かれ、平真小学校の児童と石垣第二中学校の生徒計33人が「...

長野日報社

「居酒屋公民館」を体感 伊那市横山で交流ツアー

 伊那市横山で16日、横山公民館での寄り合い「居酒屋公民館」を体感してもらう交流ツアーがあった。市内外からの参加者と横山区民、市職員ら約40人が、住民たちが用意した心づくしの料理を囲んで歓談。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク