全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

絹遺産を活用した地域づくり

 日本の近代化を支えた絹産業の遺産や資産を生かした地域づくりを目指す「シルクロード・ネットワーク鶴岡フォーラム2018」が24日、鶴岡市先端研究産業支援センター・レクチャーホールで開かれ、専門家による講演や全国各地の事例報告を通じ、絹遺産を活用した地域づくりを探った。

 公益社団法人横浜歴史資産調査会(横浜市)、NPO法人街・建築・文化再生集団(群馬県前橋市)が主催し、2015年からフォーラムを開催しており、鶴岡市では初めて。今回のフォーラムは、「『シルクロードでつなぐ街と人』―サムライゆかりのシルクから絹遺産の再生・継承を学ぶ」をテーマに開催し、全国各地から約90人が参加した。

 事例報告では、養蚕から加工まで絹織物生産の一貫工程が国内で唯一残る鶴岡市、戦前に設立された旧農林省蚕糸試験場新庄支場(エコロジーガーデン)が残る新庄市、生糸の集積地として栄えた福島市、養蚕業や製糸業が盛んだった長野県千曲市など9市町の担当者やNPO法人の関係者が事例報告した。

 このうち鶴岡市は、旧庄内藩士約3000人による松ケ岡開墾と桑園整備、日本最大の蚕室群建設の歴史や、昨年の松ケ岡開墾場を中心にした「サムライゆかりのシルク」の日本遺産認定、絹文化の保存・継承に向けた鶴岡シルクタウン・プロジェクトなどを紹介した。

 松ケ岡開墾とその後に鶴岡の産業を支えた絹織物について、元鶴岡織物工業協同組合理事長の田中尹さんは「西郷隆盛の勧めもあって開墾に取り組み、62万5000本のクワの苗木を3年がかりで植え、10棟建設した日本一の大蚕室は今も5棟残る。開墾は全員が無給で取り組んだのが特徴で、(西郷の弟の)西郷従道からは2―3年間、個人的に金銭の支援を受けていた。大正から昭和初めには、絹産業が鶴岡全体の工業製品出荷額の9割近く、従事者は6割近くを占める産業に成長した」と解説。地元の絹文化を学ぶ鶴岡中央高生はファッションショーなどの取り組みを紹介し、「シルクガールズとして先輩たちの思いを引き継ぎ、つないでいきたい」と意欲を語った。

 事例報告に先立ち、国土交通省景観・歴史文化環境整備室課長補佐の富所弘充さんが「歴史まちづくりの取り組みを通じた地域活性化」、文化庁文化財調査官の梅津章子さんが「歴史・文化を活(い)かしたまちづくり―文化財行政の役割」と題して基調講演。東北公益文科大大学院特任教授の高谷時彦さんが「鶴岡まちなかキネマ―木造絹織物工場を映画館に」のテーマで基調報告。前日の23日には、各地からの参加者がまちなかキネマや松ケ岡開墾場、国指定重要文化財の旧風間家住宅丙申堂、致道博物館など、鶴岡の絹遺産を見学した。

全国から関係者が集まり、絹遺産を生かしたまちづくりを探った=24日、鶴岡市先端研究産業支援センター

関連記事

鵜飼U子さん「特別切手シート」販売

本紙4コマ漫画「東さんち」連載5000回突破記念  東愛知新聞の4コマ漫画「東(ひがし)さんち」が連載5000回を超えたのを記念して作者の鵜飼U子さんが「特別切手シート」を作成しました。注文は郵...

紀伊民報社

「南高」の梅干し 塩にこだわり商品化へ

 県農の子会社である和歌山ノーキョー食品工業(本社・海南市)は、紀南地方で栽培が盛んな梅の主力品種「南高」の梅干しを、基本的な原料である塩にこだわって商品化に乗り出した。全国の約50種の塩で試作...

荘内日報社

小堅保育園児 地域と一緒に育てた在来野菜 「波渡なす」ミュージカルに

 ぼくたちのおなかでそだてたなすが ぼくといっしょにおおきくなった♪―。鶴岡市の小堅保育園(土岐育子園長、園児17人)の園児たちが、地域の人たちと交流しながら育てた在来作物「波渡(はと)なす」を取り上...

出来秋!胆振東部の農家に不安の声 収穫への影響懸念

 出来秋を迎えた胆振東部で、稲刈りを目前にした地域の農家や農協から不安の声が出ている。例年9月下旬に作業に入るが、むかわ町では収穫した米を乾燥させる鵡川農協の施設が地震で損傷し、使えない状況に。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク