全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

本堂にエレキ響く

 酒田市亀ケ崎四丁目の曹洞宗寺院「青原寺」(渡部弘行住職)で24日、初の「青原寺文化祭」が開かれ、僧侶のバンドが本堂でエレキギターを演奏したり、お棺に入る「入棺体験」など、さまざまな企画で地域住民たちが交流した。

 この催しは、渡部住職が「寺はかつて、地域の公民館のような存在だった。地域住民がつながりを深めるきっかけに」と企画。檀家(だんか)を中心にした地域住民に呼び掛け、

須弥壇前のステージで演奏した僧侶のバンド

今年3月に実行委員会を立ち上げ、準備を進めていた。

 本尊を祭る須弥壇前に設けられたステージでは午前10時からフォークバンドやチアダンス、ご詠歌など6グループが歌や演奏、健康体操などを披露。僧侶二人によるバンド「不協和音」は、エレキギターとボーカルでテレサ・テンの「時の流れに身をまかせ」などを熱唱し、喝采を浴びた。また、「生前に入ると長生きする」という入棺体験では、老若男女が1人ずつ、白い経帷子(きょうかたびら)に三角の頭巾など死に装束をまとって入棺。市内の80歳の男性は「無の心境。心が静かになった」と満足そうに話した。

 そのほか、写経や写仏、座禅の各体験、骸骨模型との記念写真撮影、川柳や絵画などの作品展などさまざまな企画が行われ、大勢の人でにぎわった。

 渡部住職は「寺は普段、葬式や墓参りぐらいしか来ないが、本来はより良く生きるためにどうあるべきか考え、実践する場。こうしてみんなが参加できる形でそれを実践し、人のつながりの中で生きていく大切さなどを体験してもらえたら。今後も続けたい」と話した。

関連記事

ほくほく秋の恵み 大ぶりメークイン 大正まつり

 秋分の日の23日、帯広の代表的な収穫祭「メークインまつり」(JA帯広大正主催)が、帯広市大正町ふれあい広場で開かれた。あいにくの雨にもかかわらず、ジャガイモの詰め放題を目当てに大勢の来場客で...

長野日報社

能舞台で聴衆魅了 辰野で初の「音楽祭」多彩に

 長野県上伊那郡辰野町と住民が協働で展開する「日本のど真ん中」PRプロジェクトのイベント「能舞台de(で)音楽祭」は22日、同町川島のかやぶきの館の能舞台で開いた。プロの音楽家や地元中学生らが...

餃子づくりで日中親睦

 豊橋地区日中友好協会(鈴木道夫会長)は22日、「中国人留学生と餃子(ぎょうざ)を作る会」を豊橋市本郷地区市民館で開き、日中両国の友好を互いに深め合った。  同協会が毎年実施する恒例の友好事業...

紀伊民報社

集結!クジラ好き芸術家

 和歌山県太地町立くじらの博物館で21日、イルカやクジラを題材とした作品を手掛ける20組の「クジラ好きアーティスト」が全国各地から集まった作品展が始まった。「くじらまみれ」と題した催しで、アーテ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク