全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

本堂にエレキ響く

 酒田市亀ケ崎四丁目の曹洞宗寺院「青原寺」(渡部弘行住職)で24日、初の「青原寺文化祭」が開かれ、僧侶のバンドが本堂でエレキギターを演奏したり、お棺に入る「入棺体験」など、さまざまな企画で地域住民たちが交流した。

 この催しは、渡部住職が「寺はかつて、地域の公民館のような存在だった。地域住民がつながりを深めるきっかけに」と企画。檀家(だんか)を中心にした地域住民に呼び掛け、

須弥壇前のステージで演奏した僧侶のバンド

今年3月に実行委員会を立ち上げ、準備を進めていた。

 本尊を祭る須弥壇前に設けられたステージでは午前10時からフォークバンドやチアダンス、ご詠歌など6グループが歌や演奏、健康体操などを披露。僧侶二人によるバンド「不協和音」は、エレキギターとボーカルでテレサ・テンの「時の流れに身をまかせ」などを熱唱し、喝采を浴びた。また、「生前に入ると長生きする」という入棺体験では、老若男女が1人ずつ、白い経帷子(きょうかたびら)に三角の頭巾など死に装束をまとって入棺。市内の80歳の男性は「無の心境。心が静かになった」と満足そうに話した。

 そのほか、写経や写仏、座禅の各体験、骸骨模型との記念写真撮影、川柳や絵画などの作品展などさまざまな企画が行われ、大勢の人でにぎわった。

 渡部住職は「寺は普段、葬式や墓参りぐらいしか来ないが、本来はより良く生きるためにどうあるべきか考え、実践する場。こうしてみんなが参加できる形でそれを実践し、人のつながりの中で生きていく大切さなどを体験してもらえたら。今後も続けたい」と話した。

関連記事

長野日報社

夜空へ音楽に乗せ 諏訪湖サマーナイト花火開幕

 諏訪市の諏訪湖畔で花火を連日打ち上げる「諏訪湖サマーナイト花火」(諏訪観光協会と諏訪湖温泉旅館組合でつくる実行委員会主催)が22日夜、開幕した。音楽に乗せて色鮮やかな花火が夜空を彩っている。 ...

恐竜の化石修復体験

豊橋市自然史博物館で実物を使い  恐竜の実物化石の修復体験が22日、豊橋市自然史博物館であり、抽選で選ばれた静岡県浜松市東区の市原厳さん57一家が、ゴーグルを装着しながら学芸員が使う道具で破片の接着...

やっと夏本番 ビアガーデンやイカダくだり 十勝

 十勝地方は21日に帯広が道内一の暑さとなるなど夏らしさが戻り、まちもこの時期の風物詩でにぎやかさを増している。22日には河川の増水で延期されていた「第46回十勝川イカダ下り」が行われ、48チーム...

北羽新報社

夜空彩り1万5千発/能代の花火

 第16回港まつり能代の花火は21日、能代港下浜ふ頭を観覧会場に開かれ、1万5千発の花火が夏の夜空を華々しく彩った。約1時間30分にわたる25の演目では、3尺玉が直径600㍍の光の大輪を咲かせたほか、速射連発花...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク