全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

高校生が近くの駅の壁面装飾

季節感たっぷりの作品を掲示したメンバー(JR居能駅で)

 山口県宇部市宇部フロンティア大付属香川高(藤澤正信校長)の生徒が、ボランティアで学校近くにあるJR居能駅の壁面装飾を手掛け、利用者に喜ばれている。JR宇部線利用促進協議会に出席した原田剛之生徒指導部長が、JR側から提案を受けたのがきっかけで、2014年の秋ごろスタート。保育科を柱とする専門科の有志が「居能部」として集まり、毎週火曜日の放課後と、追い込みの時期は部活動や課外の無い日に制作に励んでいる。

 作品は季節に合わせて、年に4回取り換え。これまでにサクラ、こいのぼり、花火、ハロウィーン、雪だるまなどをモチーフにしてきた。利用者からは「駅が明るくなった」「ごみが減った」などと好評を得ている。最新作は5月から1カ月半かけて完成させた。梅雨のジメジメを吹き飛ばし、見た人の気持ちが明るくなるよう、動物たちがうれしそうに虹の懸け橋を渡っているイメージにした。四つ切り画用紙8枚を組み合わせた縦108センチ、横152センチの大きさ。虹はちぎり絵で表現し、しゃぼん玉は紙コップの縁に絵の具を付けて、スタンピングとにじみの効果を生かした。生徒たちは「本などを参考にアイデアを出し合って、作業をする。みんな本来の部活動と掛け持ちだけど、楽しいし、将来役に立つと思う。ぜひ下級生に継承してほしい」と話している。

関連記事

長野日報社

夜空へ音楽に乗せ 諏訪湖サマーナイト花火開幕

 諏訪市の諏訪湖畔で花火を連日打ち上げる「諏訪湖サマーナイト花火」(諏訪観光協会と諏訪湖温泉旅館組合でつくる実行委員会主催)が22日夜、開幕した。音楽に乗せて色鮮やかな花火が夜空を彩っている。 ...

恐竜の化石修復体験

豊橋市自然史博物館で実物を使い  恐竜の実物化石の修復体験が22日、豊橋市自然史博物館であり、抽選で選ばれた静岡県浜松市東区の市原厳さん57一家が、ゴーグルを装着しながら学芸員が使う道具で破片の接着...

やっと夏本番 ビアガーデンやイカダくだり 十勝

 十勝地方は21日に帯広が道内一の暑さとなるなど夏らしさが戻り、まちもこの時期の風物詩でにぎやかさを増している。22日には河川の増水で延期されていた「第46回十勝川イカダ下り」が行われ、48チーム...

北羽新報社

夜空彩り1万5千発/能代の花火

 第16回港まつり能代の花火は21日、能代港下浜ふ頭を観覧会場に開かれ、1万5千発の花火が夏の夜空を華々しく彩った。約1時間30分にわたる25の演目では、3尺玉が直径600㍍の光の大輪を咲かせたほか、速射連発花...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク