全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

高校生が近くの駅の壁面装飾

季節感たっぷりの作品を掲示したメンバー(JR居能駅で)

 山口県宇部市宇部フロンティア大付属香川高(藤澤正信校長)の生徒が、ボランティアで学校近くにあるJR居能駅の壁面装飾を手掛け、利用者に喜ばれている。JR宇部線利用促進協議会に出席した原田剛之生徒指導部長が、JR側から提案を受けたのがきっかけで、2014年の秋ごろスタート。保育科を柱とする専門科の有志が「居能部」として集まり、毎週火曜日の放課後と、追い込みの時期は部活動や課外の無い日に制作に励んでいる。

 作品は季節に合わせて、年に4回取り換え。これまでにサクラ、こいのぼり、花火、ハロウィーン、雪だるまなどをモチーフにしてきた。利用者からは「駅が明るくなった」「ごみが減った」などと好評を得ている。最新作は5月から1カ月半かけて完成させた。梅雨のジメジメを吹き飛ばし、見た人の気持ちが明るくなるよう、動物たちがうれしそうに虹の懸け橋を渡っているイメージにした。四つ切り画用紙8枚を組み合わせた縦108センチ、横152センチの大きさ。虹はちぎり絵で表現し、しゃぼん玉は紙コップの縁に絵の具を付けて、スタンピングとにじみの効果を生かした。生徒たちは「本などを参考にアイデアを出し合って、作業をする。みんな本来の部活動と掛け持ちだけど、楽しいし、将来役に立つと思う。ぜひ下級生に継承してほしい」と話している。

関連記事

長野日報社

能舞台で聴衆魅了 辰野で初の「音楽祭」多彩に

 長野県上伊那郡辰野町と住民が協働で展開する「日本のど真ん中」PRプロジェクトのイベント「能舞台de(で)音楽祭」は22日、同町川島のかやぶきの館の能舞台で開いた。プロの音楽家や地元中学生らが...

餃子づくりで日中親睦

 豊橋地区日中友好協会(鈴木道夫会長)は22日、「中国人留学生と餃子(ぎょうざ)を作る会」を豊橋市本郷地区市民館で開き、日中両国の友好を互いに深め合った。  同協会が毎年実施する恒例の友好事業...

紀伊民報社

集結!クジラ好き芸術家

 和歌山県太地町立くじらの博物館で21日、イルカやクジラを題材とした作品を手掛ける20組の「クジラ好きアーティスト」が全国各地から集まった作品展が始まった。「くじらまみれ」と題した催しで、アーテ...

十勝産トウモロコシと生クリームのスープ 明治が販売

 明治(東京)は、十勝産のトウモロコシと生クリームを使った新商品「十勝産黄金のとうもろこしと生クリームで仕立てたコーンスープ」の販売を始めた。明治グループの日本罐詰(芽室)が製造、全国のスーパー...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク