全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

高校生が近くの駅の壁面装飾

季節感たっぷりの作品を掲示したメンバー(JR居能駅で)

 山口県宇部市宇部フロンティア大付属香川高(藤澤正信校長)の生徒が、ボランティアで学校近くにあるJR居能駅の壁面装飾を手掛け、利用者に喜ばれている。JR宇部線利用促進協議会に出席した原田剛之生徒指導部長が、JR側から提案を受けたのがきっかけで、2014年の秋ごろスタート。保育科を柱とする専門科の有志が「居能部」として集まり、毎週火曜日の放課後と、追い込みの時期は部活動や課外の無い日に制作に励んでいる。

 作品は季節に合わせて、年に4回取り換え。これまでにサクラ、こいのぼり、花火、ハロウィーン、雪だるまなどをモチーフにしてきた。利用者からは「駅が明るくなった」「ごみが減った」などと好評を得ている。最新作は5月から1カ月半かけて完成させた。梅雨のジメジメを吹き飛ばし、見た人の気持ちが明るくなるよう、動物たちがうれしそうに虹の懸け橋を渡っているイメージにした。四つ切り画用紙8枚を組み合わせた縦108センチ、横152センチの大きさ。虹はちぎり絵で表現し、しゃぼん玉は紙コップの縁に絵の具を付けて、スタンピングとにじみの効果を生かした。生徒たちは「本などを参考にアイデアを出し合って、作業をする。みんな本来の部活動と掛け持ちだけど、楽しいし、将来役に立つと思う。ぜひ下級生に継承してほしい」と話している。

関連記事

長野日報社

壁に花を ハンギングバスケットづくり講習会

 長野県伊那市の伊那まちバラ咲く街角連絡協議会は19日、バラ以外の草花で壁掛け式の「ハンギングバスケット」をつくる講習会を同市荒井のセントラルパークで開いた。市内の生花店「サンスイ」から講師を...

国府小で大葉農家と給食

 豊川市立国府小学校(山本茂樹校長)で19日、JAひまわりの大葉農家らとの会食会が行われた。児童は豊川産の大葉が献立に入った給食を食べながら、地産地消について学んだ。  給食で出たのは、大葉が入っ...

荘内日報社

庄内沖震源 鶴岡で震度6弱

 18日午後10時22分ごろ、鶴岡市で震度6弱の地震があった。気象庁によると、震源地は庄内沖(酒田の南西50キロ付近)で、震源の深さは14キロ、地震の規模はマグニチュード(M)6・7。新潟県村上市で震度6強、鶴...

紀伊民報社

東京五輪で梅干し提供へ 「JGAP」認証取得

 和歌山県紀南の梅農家有志でつくる「JA紀南GAP・HACCP梅生産研究会」(石神泰会長)は、適切に管理する農場に与えられる「JGAP(ジェイギャップ)」認証を取得した。食の安全や環境保全への取...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク