全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

高校生が近くの駅の壁面装飾

季節感たっぷりの作品を掲示したメンバー(JR居能駅で)

 山口県宇部市宇部フロンティア大付属香川高(藤澤正信校長)の生徒が、ボランティアで学校近くにあるJR居能駅の壁面装飾を手掛け、利用者に喜ばれている。JR宇部線利用促進協議会に出席した原田剛之生徒指導部長が、JR側から提案を受けたのがきっかけで、2014年の秋ごろスタート。保育科を柱とする専門科の有志が「居能部」として集まり、毎週火曜日の放課後と、追い込みの時期は部活動や課外の無い日に制作に励んでいる。

 作品は季節に合わせて、年に4回取り換え。これまでにサクラ、こいのぼり、花火、ハロウィーン、雪だるまなどをモチーフにしてきた。利用者からは「駅が明るくなった」「ごみが減った」などと好評を得ている。最新作は5月から1カ月半かけて完成させた。梅雨のジメジメを吹き飛ばし、見た人の気持ちが明るくなるよう、動物たちがうれしそうに虹の懸け橋を渡っているイメージにした。四つ切り画用紙8枚を組み合わせた縦108センチ、横152センチの大きさ。虹はちぎり絵で表現し、しゃぼん玉は紙コップの縁に絵の具を付けて、スタンピングとにじみの効果を生かした。生徒たちは「本などを参考にアイデアを出し合って、作業をする。みんな本来の部活動と掛け持ちだけど、楽しいし、将来役に立つと思う。ぜひ下級生に継承してほしい」と話している。

関連記事

家がない! 工事関係者増で賃貸不足 奄美市、異動シーズン危惧の声

 異動シーズンを前に、鹿児島県奄美市名瀬市街地の賃貸物件に空室がない事態が起きている。背景には奄美市新庁舎や、3月に完了予定の陸上自衛隊の駐屯地建設など、地域外労働者の宿舎不足が影響しているとみ...

自慢のそり 幕別・忠類快走

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

将来のまちづくり提案 児童生徒が意見交わす 石垣市民憲章推進協議会

 石垣市内の子どもたちが住みよい街づくりを考えるワークショップ(石垣市民憲章推進協議会主催)が16日午後、石垣市健康福祉センター視聴覚室で開かれ、平真小学校の児童と石垣第二中学校の生徒計33人が「...

長野日報社

「居酒屋公民館」を体感 伊那市横山で交流ツアー

 伊那市横山で16日、横山公民館での寄り合い「居酒屋公民館」を体感してもらう交流ツアーがあった。市内外からの参加者と横山区民、市職員ら約40人が、住民たちが用意した心づくしの料理を囲んで歓談。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク