全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

帯広署とマクドナルドが協定 防犯活動に連携

利用客にチラシを渡し防犯を呼び掛けた(マクドナルド帯広西5条店)

 帯広市内でマクドナルドのフランチャイズ店を運営するクラッチ(吉田克彦代表)と帯広署(小西忠人署長)は25日、「地域の安全・安心に関する協定」を結び、締結式を同署内で行った。今後店舗で来店者への防犯・交通安全啓発などを行う。同署によると、マクドナルドと警察署が協定を結ぶことは全国でも珍しく、北海道内では初めて。

 相互に連携・協力して、犯罪や事故がなく、住民が安心して暮らせる社会づくりが目的。マクドナルドは業務の中での広報、啓発活動を、同署は情報や資料の提供などを行う。

 締結式には、マクドナルドから吉田仁美取締役、細川誠北海道エリアビジネスコンサルタント、井手智絵帯広西5条店店長、前多賢大(たかひろ)帯広柏林台店店長が出席。同署からは小西署長、今幸安副署長、浮田和之刑事・生活安全官、木下清人交通官らが出席した。

 吉田取締役は「この協定によって新たな取り組みができ非常にうれしい。マクドナルドは利用する年代の幅が広いので、より多くの地域の方の目に触れるのでは」と期待を寄せた。

 小西署長は同署管内で起こっている事件や事故の状況を説明し、「協定を契機に、より一層防犯や事故防止に取り組みたい」、同署の高木健康交通1課長は「全道初ということでこれを皮切りに活動の幅を広げたい」と話した。

 締結式の後には、市内のマクドナルド帯広西5条店で、店員と署員がチラシなどを配り、自転車の防犯や特殊詐欺に気を付けるよう呼び掛けた。今後はドライブスルー利用者に、シートベルト着用を呼び掛けるポテト無料券の配布などを検討している。

協定を結んだ(左から)吉田仁美取締役と小西忠人署長

関連記事

長野日報社

壁に花を ハンギングバスケットづくり講習会

 長野県伊那市の伊那まちバラ咲く街角連絡協議会は19日、バラ以外の草花で壁掛け式の「ハンギングバスケット」をつくる講習会を同市荒井のセントラルパークで開いた。市内の生花店「サンスイ」から講師を...

国府小で大葉農家と給食

 豊川市立国府小学校(山本茂樹校長)で19日、JAひまわりの大葉農家らとの会食会が行われた。児童は豊川産の大葉が献立に入った給食を食べながら、地産地消について学んだ。  給食で出たのは、大葉が入っ...

荘内日報社

庄内沖震源 鶴岡で震度6弱

 18日午後10時22分ごろ、鶴岡市で震度6弱の地震があった。気象庁によると、震源地は庄内沖(酒田の南西50キロ付近)で、震源の深さは14キロ、地震の規模はマグニチュード(M)6・7。新潟県村上市で震度6強、鶴...

紀伊民報社

東京五輪で梅干し提供へ 「JGAP」認証取得

 和歌山県紀南の梅農家有志でつくる「JA紀南GAP・HACCP梅生産研究会」(石神泰会長)は、適切に管理する農場に与えられる「JGAP(ジェイギャップ)」認証を取得した。食の安全や環境保全への取...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク