全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

夢を持つ 時間を大切に 失敗を恐れず 教育講演会 比屋根氏が夢実現で強調 

比屋根毅会長の講演に三高校の生徒など1500人が集まった=25日午後、市総合体育館メインアリーナ ◎三高合同教育講演会

 石垣市栄誉市民で㈱エーデルワイス=本社・兵庫県=の比屋根毅会長(80)=石垣市登野城出身=を講師に迎えた「三高合同教育講演会」(八重山地区県立学校校長会主催)が25日午後、石垣市総合体育館メインアリーナで開催され、比屋根氏は「夢は努力し続けることで必ず実現できる」の演題で講話した。会場では三高校の生徒や一般市民ら1500人が講演を聴いた。

 比屋根氏は▽夢を持つこと▽時間を大切にすること▽失敗を恐れずにチャレンジすること|の3点を強調。15歳のころに裸一貫で島を飛び出し、大阪やヨーロッパを修行で渡り歩き、ここまでたどり着くまでの苦労や成功談について紹介した。

 一冊の本に記されていた「この海は世界に通じている。もっと羽ばたいていいんだ」という言葉をきっかけに「世界を舞台に仕事がしたい」と思った比屋根氏。当初、無線通信士を目指し沖縄本島へ出たが、その後、洋菓子職人の道を志しヨーロッパに。修行先のフランスでは、菓子作りの技術だけでなく人間としても成長したという。

 下積みを重ね1966年にエーデルワイスを創業。社名の由来はスイスで登山をしていた際、風雪に耐え咲き誇るエーデルワイスの白い花からとったものだ。

 夢について比屋根氏は「夢達成のためには試練が付き物。きつい時こそ夢はすぐそこまで近づいている」と生徒たちに言葉をかけた。時間を大切に使い、失敗が糧となり次への挑戦を成功に導くことも説いた。

 最後に「自分ならではの人生を設計して大きく成長してもらいたい」とエールを送った。

 この後、三高校の代表者に比屋根氏から記念品が贈呈され、代表あいさつで八重山高校2年の荒谷南登生徒会長(16)が「エーデルワイスの花のように前を向いてチャレンジしていきたい」と感謝の言葉を述べた。

 夢はパン職人という八重山商工高校2年の石垣アユミさん(16)は、比屋根氏の言葉に背中を押されたようで、「(周りから)無理だと言われることもあるが、やってみないと分からないので行動に移したい」と決意を新たにした。

 講演会は世界で活躍する八重山出身者の話しから、グローバルな視点で物事の見方や考え方を学び進路に役立ててもらおうと開かれた。

関連記事

家がない! 工事関係者増で賃貸不足 奄美市、異動シーズン危惧の声

 異動シーズンを前に、鹿児島県奄美市名瀬市街地の賃貸物件に空室がない事態が起きている。背景には奄美市新庁舎や、3月に完了予定の陸上自衛隊の駐屯地建設など、地域外労働者の宿舎不足が影響しているとみ...

自慢のそり 幕別・忠類快走

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

将来のまちづくり提案 児童生徒が意見交わす 石垣市民憲章推進協議会

 石垣市内の子どもたちが住みよい街づくりを考えるワークショップ(石垣市民憲章推進協議会主催)が16日午後、石垣市健康福祉センター視聴覚室で開かれ、平真小学校の児童と石垣第二中学校の生徒計33人が「...

長野日報社

「居酒屋公民館」を体感 伊那市横山で交流ツアー

 伊那市横山で16日、横山公民館での寄り合い「居酒屋公民館」を体感してもらう交流ツアーがあった。市内外からの参加者と横山区民、市職員ら約40人が、住民たちが用意した心づくしの料理を囲んで歓談。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク