全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

高遠の耕作放棄地に“羊”出動

耕作放棄地の雑草駆除へ羊を放す伊那東部山村再生支援研究会のメンバーら

 伊那東部山村再生支援研究会(守屋文裕代表)は25日、伊那市高遠町藤沢の耕作放棄地で羊の放牧を始めた。過疎化や農業従事者の高齢化が進む中、地域活性化や景観形成を目指す取り組み。山間地に牧歌的な風景を創出することで、「新たな名所になれば」とも願っている。

 羊の放牧は同研究会と市、財産区、生産森林組合などが2016年に高遠町山村活性化協議会を設立。農水省の「山村活性化支援交付金」を受けて事業を始めた。計画年度は3年間で、最終年度の今年は研究会の独自事業として取り組む。羊は信州大学農学部(南箕輪村)がサフォーク種の6~8歳の雌4匹を提供。11月中旬まで貸し出し、広さ約3200平方メートルにある雑草を餌とすることで、景観を維持する。

 放牧には研究会の会員や信大農学部の学生ら約10人が参加。羊たちは軽トラックの荷台から降ろされると、柵で囲まれた耕作放棄地内に入り、自由に歩きながら1メートルほどに伸びた雑草を早速餌にしていた。

 守屋代表(78)は「耕作放棄地や遊休農地を解消したくても、過疎化が進む地域ではマンパワーが足りない。羊の手を借りてでも、景観や農地を維持していきたい。羊を見に人が訪れることで、地域活性化にもつながれば」と期待している。

関連記事

長野日報社

夏休みの思い出を新聞に 長野日報社で親子体験

 長野日報社は17日、小学生と保護者を対象にした「夏休み思い出写真新聞づくり」を諏訪市高島3の本社で開いた。諏訪地方から8組の親子が参加。家族で訪れた海水浴や旅行の写真を持ち寄り、A3判の“オリ...

視覚障がい者自立支援協会「ビギン」10周年

 今年、設立10周年を迎えた、東三河視覚障がい者自立支援協会「ビギン」(服部めぐみ代表)は10月20日午後1時から3時半まで、豊橋市総合福祉センター「あいトピア」を会場に、「ビギン10周年記念式典」を開催す...

荘内日報社

地元役者 迫真の演技に拍手

 鶴岡市温海地域の戸沢地区に伝承されている「戸沢花胡蝶歌舞伎」の公演が16日、地元の戸沢自治公民館で行われた。地元住民ほか市内の児童館に通う小学生も観劇に訪れ、約70人の観客が地元役者の2時間にも及ぶ熱...

紀伊民報社

5日ぶりのにぎわい 台風一過の白良浜

 盆休み終盤の17日、台風一過で和歌山県白浜町の白良浜海水浴場は朝から、多くの海水浴客でにぎわった。台風接近により13~16日は遊泳禁止だったため、5日ぶりに真夏の光景に戻った。  白良浜ライ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク