全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

ベルリン交響楽団、能代で公演

約1千人の聴衆を魅了したベルリン交響楽団のコンサート

 ドイツの首都ベルリンに拠点を置くオーケストラ・ベルリン交響楽団の「スペシャル・サンクスコンサート」が24日、能代市文化会館大ホールで開かれた。シューベルト、ラフマニノフ、チャイコフスキーのなじみ深い名曲が迫力たっぷりに披露され、約1千人の聴衆を魅了した。
 コンサートは、シューベルトの交響曲第7番「未完成」で幕開け。低音の弦楽器が地の底から湧き上がってくるような音色を響かせ、聴衆を一気に引き付けた。イスラエル出身の首席指揮者リオール・シャンバダールは情熱的なタクトで楽団をリードし、会場全体を美しいハーモニーで満たした。
 続いて、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番では、ロシア人ピアニストのエフゲニー・ミハイロフが登場。ラフマニノフ国際コンクールで優勝経験を持つ実力派で、鍵盤の上を跳ね踊るような指遣いで存在感を発揮。また、独奏でチャイコフスキーの「金平糖の精の踊り」とグリーグの「山の魔王の宮殿にて」を披露、超絶的な技巧に「ブラボー」と喝采が送られた。
 休憩を挟み、チャイコフスキーの交響曲第5番で美しい旋律を響かせた。アンコールでは、ビゼーの「アルルの女」と「カルメン」より「第3幕への間奏曲」、ブラームスのハンガリー舞曲第1番を演奏、聴衆からは盛大な拍手が送られ、コンサートは盛況のうちに幕を閉じた。
 同楽団は昭和41年、東西に分かれていた当時の西ベルリンで設立され、古典派の交響曲を中心としたプログラムで世界中のクラシックファンを楽しませている。この日は約70人が出演し、能代高卒業生のクラリネット奏者米倉森さん(30)=ベルリン在住、北秋田市出身=も舞台に立った。

関連記事

長野日報社

上諏訪温泉街の山の幸今年も 旅荘二葉にジコボウ

 諏訪市湖岸通り4の旅館「旅荘二葉」の玄関前の庭に、ジコボウ(ハナイグチ)が60本ほど顔を出している。毎年生えて話題になり、鑑賞用として周辺住民も楽しむ、上諏訪温泉街の山の幸。今年はタイミング...

ワールドサーフィンゲームス男子決勝

五十嵐カノアが2位  田原市赤羽根町のロングビーチで行われている世界最高峰のサーフィン大会「2018アーバンリサーチISAワールドサーフィンゲームス」(国際サーフィン連盟=ISA=主催)は19日、男...

荘内日報社

鶴岡の「海の食文化」学ぶ 「エコール辻 東京」学生が視察研修

 国内唯一のユネスコ食文化創造都市である鶴岡市と「ガストロノミー包括連携協定」を結ぶ辻調理師専門学校(大阪市)のグループ校「エコール辻 東京」(東京都国立市)の学生6人が、食をテーマにした視察研修の...

故郷の平穏、大太鼓に込め 厚真出身の畑嶋春美さんが慰問公演

 胆振東部地震による土砂崩れで亡くなった厚真町朝日の畑島武司さん(86)、富子さん(81)の親戚で、同町出身の畑嶋春美さん(25)=神戸市在住=が18日、全国各地でコンサート活動を行うプロの和太...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク