全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「後世に正しく伝える」八重山戦争マラリア犠牲者追悼式

八重山戦争マラリア犠牲者追悼式で、黙とうをささげる参列者=23日午後、バンナ公園内の八重山戦争マラリア犠牲者慰霊之碑

 太平洋戦争末期、軍命でマラリアの有病地域への避難を強いられ、マラリアに罹患(りかん)した3000人余の冥福を祈る「八重山戦争マラリア犠牲者追悼式」(市主催)が23日午後、バンナ公園内の八重山戦争マラリア犠牲者慰霊之碑であり、参列者が黙とうをささげ、手を合わせて御霊を慰めた。

 郡内のマラリア死亡者は当時の人口3万1701人の11・5%に当たる3647人。  表千家不白流白和会沖縄県支部八重山が御供茶をささげた後、中山義隆市長は「過去の悲惨な体験を忘れることなく、共に力を合わせ、この八重山から平和への願いを世界へ発信するとともに、その教訓を正しく後世に伝えていくことを誓う」とあいさつ。

 八重山戦争マラリア遺族会の佐久川勲会長は「戦争の悲惨さと体験、教訓を後世に正しく伝えていくことは私たちの大きな使命であり、責務。遺族の皆さまが肉親を失われた深い悲しみを乗り越えて、精神的にも幸せな生活を築かれるよう心から念願する」などと述べた。翁長雄志県知事(山城秀史県八重山事務所長)も追悼のことばを寄せた。

 同会が「八重山戦争マラリア犠牲者鎮魂歌」を歌い、トランペット奏者の玉盛邦則さんが「この素晴らしき世界」を会場いっぱいに響かせた。八重山高校放送研究部の新城結さん(1年)と仲間美悠さん(同)が司会を務めた。

関連記事

宇部日報社

山口東京理科大の玄関、JR雀田駅を一新

 山口県山陽小野田市JR雀田駅の整備を進めている小野田青年会議所(上野順司理事長、14人)は14~16日、山口東京理科大の学生有志25人と共に駅舎を塗り替える作業の総仕上げに取り組み、同大の「玄関...

コンブ解禁 朝日に輝く 広尾・黄金道路海岸

 広尾町特産のコンブの漁が17日早朝、国道336号(黄金道路)沿いの海岸で始まった。朝日に輝くコンブを引き上げ、満載した船で浜はにぎわった。  解禁日は15日だったが、悪天候や高波で2日間出...

釧路新聞社

若者5人CDデビュー、イベント続々出演【釧路】

 人気ロックバンドDEENのボーカル池森秀一さんプロデュースの若者5人によるコンピレーションアルバムが発売され、念願のCDデビューを果たした。厳島神社例大祭を皮切りに、今後も港まつりをはじめとす...

やめよう!危険な路上寝 「の〜び〜ちゃ〜Tシャツ」作成 八重山署、適正飲..

 県内でも特に路上寝の多い現状を受け、八重山警察署(与那嶺一文署長)と八重山地区防犯協会(福島英洋会長)は共同で「の〜(NO)び〜ちゃ〜(酔っぱらい)Tシャツ」を約200枚作製、適正飲酒の呼び...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク