全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「後世に正しく伝える」八重山戦争マラリア犠牲者追悼式

八重山戦争マラリア犠牲者追悼式で、黙とうをささげる参列者=23日午後、バンナ公園内の八重山戦争マラリア犠牲者慰霊之碑

 太平洋戦争末期、軍命でマラリアの有病地域への避難を強いられ、マラリアに罹患(りかん)した3000人余の冥福を祈る「八重山戦争マラリア犠牲者追悼式」(市主催)が23日午後、バンナ公園内の八重山戦争マラリア犠牲者慰霊之碑であり、参列者が黙とうをささげ、手を合わせて御霊を慰めた。

 郡内のマラリア死亡者は当時の人口3万1701人の11・5%に当たる3647人。  表千家不白流白和会沖縄県支部八重山が御供茶をささげた後、中山義隆市長は「過去の悲惨な体験を忘れることなく、共に力を合わせ、この八重山から平和への願いを世界へ発信するとともに、その教訓を正しく後世に伝えていくことを誓う」とあいさつ。

 八重山戦争マラリア遺族会の佐久川勲会長は「戦争の悲惨さと体験、教訓を後世に正しく伝えていくことは私たちの大きな使命であり、責務。遺族の皆さまが肉親を失われた深い悲しみを乗り越えて、精神的にも幸せな生活を築かれるよう心から念願する」などと述べた。翁長雄志県知事(山城秀史県八重山事務所長)も追悼のことばを寄せた。

 同会が「八重山戦争マラリア犠牲者鎮魂歌」を歌い、トランペット奏者の玉盛邦則さんが「この素晴らしき世界」を会場いっぱいに響かせた。八重山高校放送研究部の新城結さん(1年)と仲間美悠さん(同)が司会を務めた。

関連記事

鵜飼U子さん「特別切手シート」販売

本紙4コマ漫画「東さんち」連載5000回突破記念  東愛知新聞の4コマ漫画「東(ひがし)さんち」が連載5000回を超えたのを記念して作者の鵜飼U子さんが「特別切手シート」を作成しました。注文は郵...

紀伊民報社

「南高」の梅干し 塩にこだわり商品化へ

 県農の子会社である和歌山ノーキョー食品工業(本社・海南市)は、紀南地方で栽培が盛んな梅の主力品種「南高」の梅干しを、基本的な原料である塩にこだわって商品化に乗り出した。全国の約50種の塩で試作...

荘内日報社

小堅保育園児 地域と一緒に育てた在来野菜 「波渡なす」ミュージカルに

 ぼくたちのおなかでそだてたなすが ぼくといっしょにおおきくなった♪―。鶴岡市の小堅保育園(土岐育子園長、園児17人)の園児たちが、地域の人たちと交流しながら育てた在来作物「波渡(はと)なす」を取り上...

出来秋!胆振東部の農家に不安の声 収穫への影響懸念

 出来秋を迎えた胆振東部で、稲刈りを目前にした地域の農家や農協から不安の声が出ている。例年9月下旬に作業に入るが、むかわ町では収穫した米を乾燥させる鵡川農協の施設が地震で損傷し、使えない状況に。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク