全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「後世に正しく伝える」八重山戦争マラリア犠牲者追悼式

八重山戦争マラリア犠牲者追悼式で、黙とうをささげる参列者=23日午後、バンナ公園内の八重山戦争マラリア犠牲者慰霊之碑

 太平洋戦争末期、軍命でマラリアの有病地域への避難を強いられ、マラリアに罹患(りかん)した3000人余の冥福を祈る「八重山戦争マラリア犠牲者追悼式」(市主催)が23日午後、バンナ公園内の八重山戦争マラリア犠牲者慰霊之碑であり、参列者が黙とうをささげ、手を合わせて御霊を慰めた。

 郡内のマラリア死亡者は当時の人口3万1701人の11・5%に当たる3647人。  表千家不白流白和会沖縄県支部八重山が御供茶をささげた後、中山義隆市長は「過去の悲惨な体験を忘れることなく、共に力を合わせ、この八重山から平和への願いを世界へ発信するとともに、その教訓を正しく後世に伝えていくことを誓う」とあいさつ。

 八重山戦争マラリア遺族会の佐久川勲会長は「戦争の悲惨さと体験、教訓を後世に正しく伝えていくことは私たちの大きな使命であり、責務。遺族の皆さまが肉親を失われた深い悲しみを乗り越えて、精神的にも幸せな生活を築かれるよう心から念願する」などと述べた。翁長雄志県知事(山城秀史県八重山事務所長)も追悼のことばを寄せた。

 同会が「八重山戦争マラリア犠牲者鎮魂歌」を歌い、トランペット奏者の玉盛邦則さんが「この素晴らしき世界」を会場いっぱいに響かせた。八重山高校放送研究部の新城結さん(1年)と仲間美悠さん(同)が司会を務めた。

関連記事

長野日報社

能舞台で聴衆魅了 辰野で初の「音楽祭」多彩に

 長野県上伊那郡辰野町と住民が協働で展開する「日本のど真ん中」PRプロジェクトのイベント「能舞台de(で)音楽祭」は22日、同町川島のかやぶきの館の能舞台で開いた。プロの音楽家や地元中学生らが...

餃子づくりで日中親睦

 豊橋地区日中友好協会(鈴木道夫会長)は22日、「中国人留学生と餃子(ぎょうざ)を作る会」を豊橋市本郷地区市民館で開き、日中両国の友好を互いに深め合った。  同協会が毎年実施する恒例の友好事業...

紀伊民報社

集結!クジラ好き芸術家

 和歌山県太地町立くじらの博物館で21日、イルカやクジラを題材とした作品を手掛ける20組の「クジラ好きアーティスト」が全国各地から集まった作品展が始まった。「くじらまみれ」と題した催しで、アーテ...

十勝産トウモロコシと生クリームのスープ 明治が販売

 明治(東京)は、十勝産のトウモロコシと生クリームを使った新商品「十勝産黄金のとうもろこしと生クリームで仕立てたコーンスープ」の販売を始めた。明治グループの日本罐詰(芽室)が製造、全国のスーパー...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク