全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

新城の寒狭川広見ヤナ開き

 新城市只持で24日、アユのつかみ捕りができる観光ヤナ「寒狭川広見ヤナ」がシーズンオープンした。初日は500人以上が訪れて楽しんだ。  同ヤナは鳳来西部地区などの住民らでつくる「寒狭川鮎ヤナ組合」(大山祐吉組合長)が運営。川遊びや食事も楽しめる。  午前11時半につかみ捕りが始まり、市内外から訪れた子どもたちはヤナ場で飛び跳ねる魚を見つけて手で捕まえた。  この日行われた神事で大山組合長は「ヤナを守り、自然を守って事故のないよう安全に努めていきたい」とあいさつした。  つかみ捕りは500㌘で3000円、1㌔で5500円。営業は10月28日まで。問い合わせは寒狭川広見ヤナ(0536・36・0201)へ。

関連記事

長野日報社

真夏の夜空に3千発 諏訪湖の花火シーズン開幕

 諏訪市の諏訪湖で16日夜、「上諏訪温泉宿泊感謝イベント」が開かれ、約3000発の花火が真夏の夜空を彩った。諏訪観光協会と諏訪湖温泉旅館協同組合でつくる実行委員会が主催。光と反響音で五感に響く...

長野日報社

伊那まちアルプス直行便 南アと中アで本格運行

 一般社団法人アスタルプロジェクト(伊那市)が企画した市街地と南アルプスや中央アルプスの登山口を結ぶ早朝ジャンボタクシー「伊那まちアルプス直行便」の本格運行が15日、「南ア便」から始まった。...

長野日報社

涼求めて乙女滝へ

 全国各地で今年最高の気温を観測した14日、諏訪地方にも強い日差しが照り付け、気温がぐんぐん上昇した。長野地方気象台によると、諏訪は平年を4・8度上回る32・1度の真夏日となり、今年最高を記...

長野日報社

古代の色彩「大賀ハス」 井戸尻史跡公園

 長野県諏訪郡富士見町境の井戸尻史跡公園で古代ハスの「大賀ハス」が見頃を迎えている。町内外から訪れた人が淡いピンク色の花を楽しんでいる。  大賀ハスは、生物学者の大賀一郎さんが1951年、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク