全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

梶の葉に願い事 高島城で七夕イベント

願い事を書いた梶の葉形の短冊をササ竹に結ぶ来館者=諏訪市の高島城

 諏訪市の高島城で23日から、七夕にちなんだ催し「梶の葉さらさら」が始まった。高島藩主諏訪家の家紋「梶の葉」をかたどった5色の短冊に来館者が願い事を書き、天守閣入り口に飾られたササ竹4本に結んでいる。7月7日まで。

 初日は県内外の家族や友人連れの人たちなどが訪れ、「健康に過ごせますように」「元気で大きくなりますように」などの言葉を紫や赤、緑、白、黄の短冊に書き入れた。還暦祝いで富山県黒部市から友人らと訪れた竹久美子さんは「家内安全」と書き、「なかなかできない体験ができました」と喜んだ。

 季節行事を楽しんでほしいと8年目。城内には天の川に見立てた5色の布を飾り、七夕の由来や京都の歌道の名門「冷泉家」に現在も伝わる行事など七夕と梶の葉の関係を紹介している。

 7月7日には実際の梶の葉に願い事を書くことができる。後日、短冊や葉は諏訪市の手長神社でたき上げる。

 時間は午前9時~午後5時30分(入館は午後5時まで)。入館料は高校生以上300円、小中学生150円。

関連記事

長野日報社

勇壮「暴れみこし」 宮田村の津島神社祇園祭宵祭り

 「暴れみこし」で知られる宮田村の津島神社祇園祭の宵祭りが21日、同神社とその周辺で開かれた。日中の暑さが残る中、氏子たちは重さ約200キロのみこしを担いで商店街を練り歩き、威勢の良い掛け声...

「市場まつり」5年ぶり復活 十勝の台所が地域還元 帯広

 帯広地方卸売市場(帯広市西21北1、高橋正行社長)で8月26日、「市場まつり」が5年ぶりに開かれる。毎回約1万人の来場者を集めた人気イベントの復活となる。復活記念として「特製海鮮丼」を数量限定で...

長野日報社

真夏の夜空に3千発 諏訪湖の花火シーズン開幕

 諏訪市の諏訪湖で16日夜、「上諏訪温泉宿泊感謝イベント」が開かれ、約3000発の花火が真夏の夜空を彩った。諏訪観光協会と諏訪湖温泉旅館協同組合でつくる実行委員会が主催。光と反響音で五感に響く...

情緒豊かに歌と踊り 野底つぃんだら祭賑わう

 石垣島北部の活性化を図る北部三大祭りの一つ、第15回野底つぃんだら祭(同実行委員会主催)が15日夕、野底小学校グラウンドで開かれ、地域内外から訪れた多くの人で賑わった。『つぃんだら節』など野底に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク