全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

芽室の将来像2氏熱く 町長選へ公開討論会

まちの将来像について熱く意見を交わした(左から)手島氏と吉田氏

 任期満了に伴う町長選(26日告示、7月1日投開票)を前に、立候補予定者の公開討論会が22日夜、めむろーどで開かれた。出馬を表明している前町農林課長の手島旭氏(51)と前町議の吉田敏郎氏(57)=表明順=が町の基幹産業の農業振興や中心市街地活性化などについて思いを語った。

 芽室青年会議所(芽室JC、眞屋寿広理事長)の主催で200人が来場した。十勝毎日新聞社が協力し、同社の末次一郎編集局長がコーディネーターを務めた。

 出馬の動機について、手島氏は一昨年の台風災害も大きな一因となったとし「つらく厳しい災害だったが、関係機関と身を粉にして(復旧に)取り組んだ経験を町づくりに生かしたい。厳しい時代に『チーム芽室』で打ち勝っていきたい」と語った。

 吉田氏は「7年間議員として活動してきたが、議員としての活動に限界、閉塞感を感じた。芽室町のグランドデザイン、長期的な展望を持って私にしかできないことを実行したい。ワクワクするまちをつくっていきたい」と述べた。

 農業振興について吉田氏は「土地改良事業の計画的な推進による基盤整備を最優先で行う」とした他、6次産業化の積極的支援、町内2カ所の町営牧場を廃止し、町雄馬別での大規模草地開発事業の検討・推進とバイオ発電装置の設置を掲げた。

 一方、手島氏は2025年に町内農家戸数が28%減となる推計を示し「1戸当たりの経営面積がどんどん大きくなり、家族経営には限界が来る」と指摘。道外・海外からの労働力確保に向けた住居整備や、町内企業の協力による通年雇用の実現を訴えた。

関連記事

紀伊民報社

防災用の井戸確保へ ポンプ設置や水質検査に印南町が補助

 和歌山県印南町は防災に役立てる「災害時協力井戸」の登録増加を目指している。民家などにある井戸を、災害時に使用できるようにするためだ。本年度からポンプの設置や水質検査に対して補助する。  災害...

金子さん初の女性旗手 行進堂々「重さかみしめ」 新得消防団

 新得消防団(岩倉弘行団長、団員45人)が1995年に女性消防団員を採用して以来29年目にして、初の女性旗手が誕生した。大役を任された同団予防部の金子恵梨班長(41)=町臨時職員=は「指名されたと...

荘内日報社

優雅な姿 目を引く 24日までしょうない金魚まつり

 庄内町の初夏の風物詩「しょうない金魚まつり2024」が20日から同町の新産業創造館クラッセのイベント広場で始まった。  同まつりは同町特産のブランド金魚「庄内金魚」を町内外に広くPRしようと毎年6月に...

宇部日報社

レノファを応援に行こう、8月3日はホームタウンデー【宇部】

目標は観客動員1万人  サッカーJ2レノファ山口の渡部博文社長とUBEの髙瀬太常務執行役員宇部事業所長は20日、宇部市ホームタウンデー・UBE冠マッチとなる8月3日のリーグ第25節、大分トリ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク