全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

芽室の将来像2氏熱く 町長選へ公開討論会

まちの将来像について熱く意見を交わした(左から)手島氏と吉田氏

 任期満了に伴う町長選(26日告示、7月1日投開票)を前に、立候補予定者の公開討論会が22日夜、めむろーどで開かれた。出馬を表明している前町農林課長の手島旭氏(51)と前町議の吉田敏郎氏(57)=表明順=が町の基幹産業の農業振興や中心市街地活性化などについて思いを語った。

 芽室青年会議所(芽室JC、眞屋寿広理事長)の主催で200人が来場した。十勝毎日新聞社が協力し、同社の末次一郎編集局長がコーディネーターを務めた。

 出馬の動機について、手島氏は一昨年の台風災害も大きな一因となったとし「つらく厳しい災害だったが、関係機関と身を粉にして(復旧に)取り組んだ経験を町づくりに生かしたい。厳しい時代に『チーム芽室』で打ち勝っていきたい」と語った。

 吉田氏は「7年間議員として活動してきたが、議員としての活動に限界、閉塞感を感じた。芽室町のグランドデザイン、長期的な展望を持って私にしかできないことを実行したい。ワクワクするまちをつくっていきたい」と述べた。

 農業振興について吉田氏は「土地改良事業の計画的な推進による基盤整備を最優先で行う」とした他、6次産業化の積極的支援、町内2カ所の町営牧場を廃止し、町雄馬別での大規模草地開発事業の検討・推進とバイオ発電装置の設置を掲げた。

 一方、手島氏は2025年に町内農家戸数が28%減となる推計を示し「1戸当たりの経営面積がどんどん大きくなり、家族経営には限界が来る」と指摘。道外・海外からの労働力確保に向けた住居整備や、町内企業の協力による通年雇用の実現を訴えた。

関連記事

長野日報社

山間地の救助活動 諏訪広域消防本部が訓練

諏訪広域消防本部特別救助隊は17~19日、山間地での救助活動訓練を岡谷市郊外の鳥居平やまびこ公園で行っている。昨年、県内で発生した山岳遭難は297件で全国最多だったことから、山岳地帯での事故に...

豊川もりあげ隊が明石で田植え

 豊川市のNPO法人「豊川いなり寿司で豊川市をもりあげ隊」はこのほど、11月23、24両日にご当地グルメによるまちおこしの祭典「B-1グランプリin明石」が開催される兵庫県明石市で田植えを行った。米は...

紀伊民報社

300人がタイム競う 田辺で遠泳大会

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で16日、遠泳大会「第6回南紀田辺・扇ケ浜オープンウオータースイミング」(実行委員会主催、紀伊民報など後援)があった。約300人が参加した。  しかし、高波の影響...

荘内日報社

DC本番 オール山形でおもてなし

 新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)推進協議会県推進部会(部会長・皆川治鶴岡市長)の本年度総会が17日、鶴岡市のグランドエル・サンで開かれた。昨年度に展開したJR東日本大型観光...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク