全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

伊那市高遠小児童とミクロネシアの子ども交流

けん玉で交流するミクロネシアの子どもと高遠小の児童

 ミクロネシア連邦の子ども24人と伊那市高遠小学校の児童が22日、同校で交流した。独立行政法人・国立青少年教育振興機構が行っている自然体験交流事業の一環。互いの文化に触れ合い、5、6年生とは日本の昔の遊びで友好の輪を広げた。

 事業は両国の子どもたちが交換交流で相手国を訪問し、異文化体験や ホームステイをしている。今回はミクロネシアのチューク州とコスラエ州の10~14歳が来日。21日に県内入りし、国立信州高遠青少年自然の家に宿泊している。

 高遠小の全校交流では、ミクロネシアの子どもたちが小舟をかいでこぐ動作を取り入れた踊りや、民族衣装を身に着けての伝統舞踊などを披露。高遠小側は全校児童199人で校歌を歌い、6年生の春日葉那さんが「皆さんが来るのを楽しみにしていた。ミクロネシアのことをいろいろ教えてください」と歓迎のあいさつをした。

 5、6年生は拳玉や折り紙などでも交流。最初は打ち解けずにいた両国の子どもたちも、交流が進むにつれ笑顔を見せ始め、ミクロネシアの子どもが拳玉を成功させると大きな拍手が沸き起こっていた。

 ミクロネシアの子どもたちは3日目から伊那市内の家庭にホームステイし、市内で藍染めなどを体験。最終日には松本城などを見学し、東京に向かう。7月には全国から選ばれた小学生がミクロネシアを訪問する。

関連記事

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

北羽新報社

「祭り集結」圧巻、熱く

 県内外の祭りが会する「第32回おなごりフェスティバルin能代2019」は14日、能代市の畠町通りで開催された。令和初めてとなるおなごりフェスには、仙台すずめ踊りや青森ねぶた、盛岡さんさなど東北地方を...

石垣市文化協会を表彰 しまくとぅば県民大会 又吉さん、米城さんも

 【うるま】第7回しまくとぅば県民大会(県主催)が14日午後、うるま市民芸術劇場響ホールであり、しまくとぅば普及功労者として石垣市文化協会(江川義久会長)、又吉智永さん(79)=竹富町黒島=、米城惠...

長野日報社

諏訪湖よさこい開幕 県内外1000人が演舞

 長野県内最大規模のよさこいイベント、第7回「諏訪湖よさこい」(実行委員会主催)が14日、下諏訪町の赤砂崎公園と岡谷市 の岡谷湖畔公園で始まった。2日間にわたり、県内外の一般・ジュニア計36団...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク