全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

千歳科技大・平井悠司講師 高分子研究奨励賞を受賞

高分子研究奨励賞を受賞した平井専任講師

 千歳科学技術大理工学部応用化学生物学科専任講師の平井悠司さん(35)=高分子科学=が、高分子学会の2017年度高分子研究奨励賞を受賞した。平井さんは「これまでお世話になった先生たちへの恩返しになる。学生たちへの手本にもなれれば」と喜んでいる。

 生物の特性を模倣した技術「バイオミメティクス」の研究を続けており、これまでの研究が評価された。受賞研究テーマは「バイオミメティック微細構造の作製と機能評価」。高い撥水(はっすい)性を持つハスの葉は、表面に凹凸がある。それを生かし半導体材料のシリコンに凹凸を設けて撥水部分と、水によくぬれる超親水部分を作ることで外部エネルギーを使わずに、重力に逆らって水を運べることなどを研究してきた。

 また、プラスチックなど撥水性の高い超撥水材料は硬く、触ると壊れやすい材料で作られることが多い。そのため、最新の研究でタイヤのゴムのように軟らかく、触れても壊れにくい超撥水材料を作ることも試みた。

 平井さんは最終的な目標として、バイオミメティクスを応用して「環境に優しく日常で当たり前のように使えて、役に立つさまざまな製品の素材を作っていきたい」と考えている。

 また、バイオミメティクスを究めることで「低エネルギー、低コストで物を形成できる技術を人工的に開発したい」とし、一層の学術的な飛躍を目指す。

 同賞は、高分子科学や工学の研究者で組織する高分子学会が、高分子科学の発展に貢献する人材を育成することを目的に制定している。若手会員を対象にしており、17年度は平井さんを含め15人が受賞した。

 平井さんは、北海道大4年時に当時北大で教えていた下村政嗣教授(現千歳科技大)の研究室に入り、現在は共同で研究を行っている。

関連記事

家がない! 工事関係者増で賃貸不足 奄美市、異動シーズン危惧の声

 異動シーズンを前に、鹿児島県奄美市名瀬市街地の賃貸物件に空室がない事態が起きている。背景には奄美市新庁舎や、3月に完了予定の陸上自衛隊の駐屯地建設など、地域外労働者の宿舎不足が影響しているとみ...

自慢のそり 幕別・忠類快走

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

将来のまちづくり提案 児童生徒が意見交わす 石垣市民憲章推進協議会

 石垣市内の子どもたちが住みよい街づくりを考えるワークショップ(石垣市民憲章推進協議会主催)が16日午後、石垣市健康福祉センター視聴覚室で開かれ、平真小学校の児童と石垣第二中学校の生徒計33人が「...

長野日報社

「居酒屋公民館」を体感 伊那市横山で交流ツアー

 伊那市横山で16日、横山公民館での寄り合い「居酒屋公民館」を体感してもらう交流ツアーがあった。市内外からの参加者と横山区民、市職員ら約40人が、住民たちが用意した心づくしの料理を囲んで歓談。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク