全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

千歳科技大・平井悠司講師 高分子研究奨励賞を受賞

高分子研究奨励賞を受賞した平井専任講師

 千歳科学技術大理工学部応用化学生物学科専任講師の平井悠司さん(35)=高分子科学=が、高分子学会の2017年度高分子研究奨励賞を受賞した。平井さんは「これまでお世話になった先生たちへの恩返しになる。学生たちへの手本にもなれれば」と喜んでいる。

 生物の特性を模倣した技術「バイオミメティクス」の研究を続けており、これまでの研究が評価された。受賞研究テーマは「バイオミメティック微細構造の作製と機能評価」。高い撥水(はっすい)性を持つハスの葉は、表面に凹凸がある。それを生かし半導体材料のシリコンに凹凸を設けて撥水部分と、水によくぬれる超親水部分を作ることで外部エネルギーを使わずに、重力に逆らって水を運べることなどを研究してきた。

 また、プラスチックなど撥水性の高い超撥水材料は硬く、触ると壊れやすい材料で作られることが多い。そのため、最新の研究でタイヤのゴムのように軟らかく、触れても壊れにくい超撥水材料を作ることも試みた。

 平井さんは最終的な目標として、バイオミメティクスを応用して「環境に優しく日常で当たり前のように使えて、役に立つさまざまな製品の素材を作っていきたい」と考えている。

 また、バイオミメティクスを究めることで「低エネルギー、低コストで物を形成できる技術を人工的に開発したい」とし、一層の学術的な飛躍を目指す。

 同賞は、高分子科学や工学の研究者で組織する高分子学会が、高分子科学の発展に貢献する人材を育成することを目的に制定している。若手会員を対象にしており、17年度は平井さんを含め15人が受賞した。

 平井さんは、北海道大4年時に当時北大で教えていた下村政嗣教授(現千歳科技大)の研究室に入り、現在は共同で研究を行っている。

関連記事

長野日報社

壁に花を ハンギングバスケットづくり講習会

 長野県伊那市の伊那まちバラ咲く街角連絡協議会は19日、バラ以外の草花で壁掛け式の「ハンギングバスケット」をつくる講習会を同市荒井のセントラルパークで開いた。市内の生花店「サンスイ」から講師を...

国府小で大葉農家と給食

 豊川市立国府小学校(山本茂樹校長)で19日、JAひまわりの大葉農家らとの会食会が行われた。児童は豊川産の大葉が献立に入った給食を食べながら、地産地消について学んだ。  給食で出たのは、大葉が入っ...

荘内日報社

庄内沖震源 鶴岡で震度6弱

 18日午後10時22分ごろ、鶴岡市で震度6弱の地震があった。気象庁によると、震源地は庄内沖(酒田の南西50キロ付近)で、震源の深さは14キロ、地震の規模はマグニチュード(M)6・7。新潟県村上市で震度6強、鶴...

紀伊民報社

東京五輪で梅干し提供へ 「JGAP」認証取得

 和歌山県紀南の梅農家有志でつくる「JA紀南GAP・HACCP梅生産研究会」(石神泰会長)は、適切に管理する農場に与えられる「JGAP(ジェイギャップ)」認証を取得した。食の安全や環境保全への取...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク