全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ロケット再挑戦に期待 大樹に応援ムード再び

道の駅コスモール大樹に再び掲げられた懸垂幕

 高度100キロの宇宙空間を目指すインターステラテクノロジズ(大樹、IST、稲川貴大社長)の観測ロケットMOMO(モモ)2号機の再打ち上げが30日に決まったのを受け、地元でも応援ムードが再び高まっている。21日には町内にのぼりや懸垂幕が掲げられ、観覧などで訪れる人を出迎える体制を整えた。

 町内外の支援者ら200以上の個人・団体でつくる大樹インターステラ後援会(大庭滋理会長)は、今回も有料観覧席「SKY-HILLS(スカイヒルズ)」(町晩成)の運営をボランティアで支援する。打ち上げ日の発表前から、今夏の再挑戦を見据えてIST社員と打ち合わせを重ねており、前回の反省を踏まえ、案内看板を増設するなどの対応を取る。

 21日には会員が市街地の国道236号沿いに、4月も設置したISTのイメージカラー・オレンジ色を基調としたのぼりを立てた。「宇宙(そら)への挑戦 応援中!!」と書かれた旗が沿道にひらめき、応援ムードを高めた。

 町商工会(三浦祥嗣会長)も道の駅コスモール大樹に、ロケットが描かれた縦8メートル、横1.2メートルの垂れ幕を再設置した。

 製作・取り付けに当たったのは、ロケットの機体塗装も担った町内のサトウ塗装店(高橋秀昌社長)。高橋社長は「応援している。今度こそ宇宙に届いてほしい」とエールを送った。

 モモ2号機は4月の打ち上げを予定していたが、不具合で延期。再打ち上げは30日のほか、予備日として7月1日と4日も設定している。

のぼりを設置するIST後援会の会員

関連記事

荘内日報社

酒田産日本酒が初めて中国・唐山市へ

 酒田市の友好都市である中国河北省唐山市に酒田産の日本酒が初めて輸出されることになり18日、輸出記念式典が輸出元である同市黒森の酒蔵「菊勇」(佐藤剛宏社長)で行われ、関係者がさらなる県産品の輸出拡大...

紀伊民報社

小規模修繕は自前で 南紀白浜エアポート

 南紀白浜エアポートは、運営する南紀白浜空港(和歌山県白浜町)内の滑走路や外周道路の小規模な損壊はできるだけ自分たちで修繕するようにしている。業者に頼むより費用を大幅に抑えられ、緊急時でも対応で...

被災地を笑顔に 「仮設の歌姫」奥野さんが復興応援ライブ-厚真

 全国の被災地で歌を届ける活動を展開し、「仮設の歌姫」として知られる大阪府出身の歌手・奥野ひかるさんが17日、厚真町表町公園仮設住宅で胆振東部地震で被災した町民を元気づける復興応援ライブを開いた...

出光道製油所構内、緑地整備に最高位 一般開放や地域交流も評価-都市緑化機..

 苫小牧市真砂町の出光興産北海道製油所は構内の緑地整備が評価され、公益財団法人都市緑化機構(東京)から全5段階の認定制度「社会・環境貢献緑地評価システム(シージェス)」で最高位を取得した。担当者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク