全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ロケット再挑戦に期待 大樹に応援ムード再び

道の駅コスモール大樹に再び掲げられた懸垂幕

 高度100キロの宇宙空間を目指すインターステラテクノロジズ(大樹、IST、稲川貴大社長)の観測ロケットMOMO(モモ)2号機の再打ち上げが30日に決まったのを受け、地元でも応援ムードが再び高まっている。21日には町内にのぼりや懸垂幕が掲げられ、観覧などで訪れる人を出迎える体制を整えた。

 町内外の支援者ら200以上の個人・団体でつくる大樹インターステラ後援会(大庭滋理会長)は、今回も有料観覧席「SKY-HILLS(スカイヒルズ)」(町晩成)の運営をボランティアで支援する。打ち上げ日の発表前から、今夏の再挑戦を見据えてIST社員と打ち合わせを重ねており、前回の反省を踏まえ、案内看板を増設するなどの対応を取る。

 21日には会員が市街地の国道236号沿いに、4月も設置したISTのイメージカラー・オレンジ色を基調としたのぼりを立てた。「宇宙(そら)への挑戦 応援中!!」と書かれた旗が沿道にひらめき、応援ムードを高めた。

 町商工会(三浦祥嗣会長)も道の駅コスモール大樹に、ロケットが描かれた縦8メートル、横1.2メートルの垂れ幕を再設置した。

 製作・取り付けに当たったのは、ロケットの機体塗装も担った町内のサトウ塗装店(高橋秀昌社長)。高橋社長は「応援している。今度こそ宇宙に届いてほしい」とエールを送った。

 モモ2号機は4月の打ち上げを予定していたが、不具合で延期。再打ち上げは30日のほか、予備日として7月1日と4日も設定している。

のぼりを設置するIST後援会の会員

関連記事

国府小で大葉農家と給食

 豊川市立国府小学校(山本茂樹校長)で19日、JAひまわりの大葉農家らとの会食会が行われた。児童は豊川産の大葉が献立に入った給食を食べながら、地産地消について学んだ。  給食で出たのは、大葉が入っ...

荘内日報社

庄内沖震源 鶴岡で震度6弱

 18日午後10時22分ごろ、鶴岡市で震度6弱の地震があった。気象庁によると、震源地は庄内沖(酒田の南西50キロ付近)で、震源の深さは14キロ、地震の規模はマグニチュード(M)6・7。新潟県村上市で震度6強、鶴...

紀伊民報社

東京五輪で梅干し提供へ 「JGAP」認証取得

 和歌山県紀南の梅農家有志でつくる「JA紀南GAP・HACCP梅生産研究会」(石神泰会長)は、適切に管理する農場に与えられる「JGAP(ジェイギャップ)」認証を取得した。食の安全や環境保全への取...

宇部日報社

高千帆中で「平和のつどい」 山陽小野田

 戦争の悲惨さを知り平和の尊さを考える「平和のつどい」は18日、山陽小野田市の高千帆中(笹村正三校長、473人)であり、全生徒と地域住民ら約530人が被爆を語り継ぐ会(広島)の語り部の話に耳を傾...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク