全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

水の事故に備え着衣泳 児童54人が体験

ペットボトルを抱えて浮く練習をする子どもたち(串本町サンゴ台で)

 和歌山県串本町ふるさと振興公社は17日、管理運営する同町サンゴ台の町B&G海洋センターのプールで「体験から学ぶ水辺の安全教室・着衣泳」を開いた。串本、古座川、すさみの3町の小学1~5年生54人が、服を着たまま海や川へ落ちた時の対処法を学んだ。  児童は服を着たままプールに入って、歩いたり泳いだりして感覚を確かめた。スタッフから「服を着てどうですか」と質問されると「服が体に張り付いて重くなった」と口をそろえ、着衣泳の難しさを実感した。  空のペットボトルを使った浮き方も体験。あおむけで胸にペットボトルを抱えたり、服の中に入れたりする方法を教わった。ライフジャケットでの浮遊や服に空気を入れて浮力をつくる体験もした。  友達が溺れたら助けを呼ぶ前にペットボトルなど浮く物を投げることや、自分が水に落ちたら背浮きをして助けを待つこと、ライフジャケットには保温効果があり、落下時の衝撃を和らげ、助けを求める笛が付いていることなども教わった。

関連記事

長野日報社

壁に花を ハンギングバスケットづくり講習会

 長野県伊那市の伊那まちバラ咲く街角連絡協議会は19日、バラ以外の草花で壁掛け式の「ハンギングバスケット」をつくる講習会を同市荒井のセントラルパークで開いた。市内の生花店「サンスイ」から講師を...

国府小で大葉農家と給食

 豊川市立国府小学校(山本茂樹校長)で19日、JAひまわりの大葉農家らとの会食会が行われた。児童は豊川産の大葉が献立に入った給食を食べながら、地産地消について学んだ。  給食で出たのは、大葉が入っ...

荘内日報社

庄内沖震源 鶴岡で震度6弱

 18日午後10時22分ごろ、鶴岡市で震度6弱の地震があった。気象庁によると、震源地は庄内沖(酒田の南西50キロ付近)で、震源の深さは14キロ、地震の規模はマグニチュード(M)6・7。新潟県村上市で震度6強、鶴...

紀伊民報社

東京五輪で梅干し提供へ 「JGAP」認証取得

 和歌山県紀南の梅農家有志でつくる「JA紀南GAP・HACCP梅生産研究会」(石神泰会長)は、適切に管理する農場に与えられる「JGAP(ジェイギャップ)」認証を取得した。食の安全や環境保全への取...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク