全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

水の事故に備え着衣泳 児童54人が体験

ペットボトルを抱えて浮く練習をする子どもたち(串本町サンゴ台で)

 和歌山県串本町ふるさと振興公社は17日、管理運営する同町サンゴ台の町B&G海洋センターのプールで「体験から学ぶ水辺の安全教室・着衣泳」を開いた。串本、古座川、すさみの3町の小学1~5年生54人が、服を着たまま海や川へ落ちた時の対処法を学んだ。  児童は服を着たままプールに入って、歩いたり泳いだりして感覚を確かめた。スタッフから「服を着てどうですか」と質問されると「服が体に張り付いて重くなった」と口をそろえ、着衣泳の難しさを実感した。  空のペットボトルを使った浮き方も体験。あおむけで胸にペットボトルを抱えたり、服の中に入れたりする方法を教わった。ライフジャケットでの浮遊や服に空気を入れて浮力をつくる体験もした。  友達が溺れたら助けを呼ぶ前にペットボトルなど浮く物を投げることや、自分が水に落ちたら背浮きをして助けを待つこと、ライフジャケットには保温効果があり、落下時の衝撃を和らげ、助けを求める笛が付いていることなども教わった。

関連記事

長野日報社

能舞台で聴衆魅了 辰野で初の「音楽祭」多彩に

 長野県上伊那郡辰野町と住民が協働で展開する「日本のど真ん中」PRプロジェクトのイベント「能舞台de(で)音楽祭」は22日、同町川島のかやぶきの館の能舞台で開いた。プロの音楽家や地元中学生らが...

餃子づくりで日中親睦

 豊橋地区日中友好協会(鈴木道夫会長)は22日、「中国人留学生と餃子(ぎょうざ)を作る会」を豊橋市本郷地区市民館で開き、日中両国の友好を互いに深め合った。  同協会が毎年実施する恒例の友好事業...

紀伊民報社

集結!クジラ好き芸術家

 和歌山県太地町立くじらの博物館で21日、イルカやクジラを題材とした作品を手掛ける20組の「クジラ好きアーティスト」が全国各地から集まった作品展が始まった。「くじらまみれ」と題した催しで、アーテ...

十勝産トウモロコシと生クリームのスープ 明治が販売

 明治(東京)は、十勝産のトウモロコシと生クリームを使った新商品「十勝産黄金のとうもろこしと生クリームで仕立てたコーンスープ」の販売を始めた。明治グループの日本罐詰(芽室)が製造、全国のスーパー...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク