全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ロケット30日に再挑戦 IST 大樹

打ち上げ再挑戦の日程が決まったMOMO2号機と、最終リハーサルを行うIST社員(19日、浜大樹の実験場で)

 インターステラテクノロジズ(IST、大樹、稲川貴大社長)は21日、延期していた高度100キロの宇宙空間を目指す観測ロケットMOMO2号機の打ち上げを6月30日、7月1、4日の日程で行うと発表した。

 打ち上げ予定時刻は各日とも午前5時~同8時、午前11時~午後0時半、午後4時~同5時半。天候や機体、準備の状況によってこの範囲内で打ち上げ時刻が変動する場合もある。

 ISTは昨年7月にモモ1号機を町浜大樹の実験場から打ち上げ、高度20キロ手前で宇宙空間には届かなかった。再挑戦となる2号機は、今年4月28日~5月5日に打ち上げ予定だったが、不具合で延期していた。

 不具合の主な原因は、燃料を送り出すなど、機体内の各種バルブを動かす窒素ガスの圧力調整機。延期後、ISTではこの他の改善点も含め、改良試験を重ねてきた。

 19日に町浜大樹の実験場で打ち上げの最終リハーサルを終え、関係機関と調整して打ち上げ日を決めた。稲川社長は同日の実験後、「細かいトラブルを出し切るよう取り組んできた。お待たせしたのは心苦しかったが、現場も精いっぱい頑張っており、今度こそ大樹が宇宙に届く町であることを示したい」と話していた。

 ISTは前回同様、町晩成に発射点が見られる有料観覧席(大人1人4800円)を設ける。

 町、IST、十勝毎日新聞社でつくる「宇宙のまちづくり推進事業実行委員会」も、町多目的航空公園でのパブリックビューイングを実施する方向で検討している。

関連記事

溶けない「マジック・アイス」

 本格的な夏に向け、豊橋市御園町の「パティスリー モリ」がオープン5周年の20日、「マジック・アイス」を新たに発売した。洋菓子では珍しい葛粉を使い、時間が経ってもポタポタと溶けないアイスで、森貴正...

荘内日報社

酒田南高女子生徒が“舞娘修業”に入門

 いずれも酒田市の「舞娘(まいこ)茶屋 相馬樓」(樓主・新田嘉一平田牧場グループ会長)と、酒田南高校(中原浩子校長)が締結した日本舞踊を中心とした伝統文化伝承、起業家精神を持つ人材の育成に関する協...

紀伊民報社

津波碑ウェブ地図に掲載 過去の教訓伝える

 和歌山県田辺市の津波被害を伝える石碑16基が19日、国土地理院のウェブ地図に掲載された。過去の被災場所を知らせ、教訓を周知する。全国48市区町村の碑が掲載されたが、県内は田辺市のみ。  国土地...

宇部日報社

トラフグの稚魚4万匹放流

 県水産研究センター内海研究部と県栽培漁業公社は19日、山口市の秋穂湾にトラフグの稚魚4万匹を放流した。    放流したフグは体長7㌢ほど。秋穂東の内海栽培漁業センターで採卵・ふ化させ、秋穂西の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク