全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ロケット30日に再挑戦 IST 大樹

打ち上げ再挑戦の日程が決まったMOMO2号機と、最終リハーサルを行うIST社員(19日、浜大樹の実験場で)

 インターステラテクノロジズ(IST、大樹、稲川貴大社長)は21日、延期していた高度100キロの宇宙空間を目指す観測ロケットMOMO2号機の打ち上げを6月30日、7月1、4日の日程で行うと発表した。

 打ち上げ予定時刻は各日とも午前5時~同8時、午前11時~午後0時半、午後4時~同5時半。天候や機体、準備の状況によってこの範囲内で打ち上げ時刻が変動する場合もある。

 ISTは昨年7月にモモ1号機を町浜大樹の実験場から打ち上げ、高度20キロ手前で宇宙空間には届かなかった。再挑戦となる2号機は、今年4月28日~5月5日に打ち上げ予定だったが、不具合で延期していた。

 不具合の主な原因は、燃料を送り出すなど、機体内の各種バルブを動かす窒素ガスの圧力調整機。延期後、ISTではこの他の改善点も含め、改良試験を重ねてきた。

 19日に町浜大樹の実験場で打ち上げの最終リハーサルを終え、関係機関と調整して打ち上げ日を決めた。稲川社長は同日の実験後、「細かいトラブルを出し切るよう取り組んできた。お待たせしたのは心苦しかったが、現場も精いっぱい頑張っており、今度こそ大樹が宇宙に届く町であることを示したい」と話していた。

 ISTは前回同様、町晩成に発射点が見られる有料観覧席(大人1人4800円)を設ける。

 町、IST、十勝毎日新聞社でつくる「宇宙のまちづくり推進事業実行委員会」も、町多目的航空公園でのパブリックビューイングを実施する方向で検討している。

関連記事

紀伊民報社

ラグビーW杯 合宿のナミビア応援

 和歌山県上富田町朝来の上富田文化会館で22日、ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会に備えて同町で調整していたナミビア代表の1次リーグ初戦を応援するパブリックビューイング(PV)があった。試合...

荘内日報社

保育園児がせっけん作り  しな織の里・鶴岡市関川

 しな織の里・鶴岡市関川に隣接する木野俣の福栄保育園(五十嵐美智園長)で20日、シナノキの花を使用したせっけん作り体験が行われた。6月下旬にシナノキの花を摘み、乾燥などの作業を手伝った園児たちは、花を...

宇部日報社

山陽オート舞台裏探るツアーにファン歓喜【山陽小野田】

 産業観光バスツアー「山陽オートバックヤードを探る」は23日、山陽小野田市埴生の山陽オートレース場であり、全国から参加したオートファン22人がレースで使われる本物のバイクにまたがったり、走路内か...

秋の実り体感 幕別途別小の水田稲刈り

 幕別途別小学校(長尾全雅校長、児童27人)で24日、学校水田の稲刈りが行われた。秋晴れの下、児童は立派に実った稲を次々と刈り取り、収穫の喜びを味わった。  途別地区は十勝で最も早く稲作が始...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク